TOP > コラム > 極貧夫婦の崖っぷち馬券術【10月2日版】
コラム

極貧夫婦の崖っぷち馬券術【10月2日版】

極貧夫婦の崖っぷち馬券術
洋子「あ~あ、だから言ったじゃないかよ、そんな不吉な馬買うな!って。しかも、着順も13着って・・。」

「ほんとだ、呪われてるのかな、オレ達・・。」

土曜日の極貧夫婦の崖っぷち馬券

洋子「つーかさ、おまえさ、下手過ぎないか、馬券。どうすんだよ?え?」

「・・・・す、すみません、明日は、馬券お願いします。バイトに行くので、じゃ。」

洋子「おい!もう私は、馬券やらないって言ったじゃん。おい、ちょっと・・。」

守は、あまりに重苦しいこの状況から一刻も早く逃れたくて、タンタン麺屋のバイトとウソをつき、家を出たのだった。
残された洋子、金は、あと5万しかない。

洋子「もしもし、あ、1号さん、お元気ですか?」

1号「あ、オレは元気だけど、おまえら大丈夫か?」

洋子「それがその・・、うえ~ん(ウソ泣き)全然大丈夫じゃないんです・・。」

1号「おいおい、ちょっと泣くなって・・。」

洋子「あの、1号さん、明日って、何か自信ある馬券ありませんか?」

1号「え?明日?う~ん、スプリンターズステークスのダンスディレクターかな。」

洋子「え?それ、来ます?」

1号「ま、競馬だからなにがあるか分からんけどさ。ビッグアーサーってのが人気だけど、今回は、ダンスが勝つんじゃないかな。」

とまあ、こんな会話をして、次に7号に電話。

7号も、スプリンターズのミッキーアイルがいいんじゃないか、って言ったらしく、洋子は、この2頭で馬券を買うことにしたのだった。

こんな買い方で当たったら、誰も苦労しない。

で、買い目は・・・

11ー15の馬連、ワイド、1万ずつ。
それと、11の単勝1万、11から馬連総流し、1000円ずつ。

全部で4万5千円。
これがなくなったら、もう本当に後がない・・。

頼む、当たってくれ!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line