TOP > エンタメ・雑学 > 2016年9月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年9月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年9月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
レッドファルクスがスプリンターズSを制した先週の競馬界。大盛り上がりの凱旋門賞の結果は!?田辺騎手は600勝達成!1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】ミスエルテが快勝!

inyofu 10月1日、阪神競馬場で開催された第5R・メイクデビュー阪神(新馬、芝2000m)は、福永騎手鞍上の3番人気スズカフロンティア(牡2、栗東・橋田)と、圧倒的1番人気に推された川田騎手鞍上のサトノアーサー(牡2、栗東・池江)がともに中団からレースを進め、直線半ばから激しい叩き合いを展開。先に抜け出した前者を、後者が一完歩ごとに追い詰め、馬体が併さったところでゴールする形となった。結果は長い写真判定に持ち込まれ、同着という結果になっている。勝ちタイムは2分4秒8(稍重)。なお、5馬身差の3着は、先団でレースを進めた2番人気グラットシエルが入った。
動画を見る
新馬での1着同着は史上8度目であった。2頭の決着は次回以降に持ち越しとなった。

マカヒキ惨敗!凱旋門賞はファウンドが優勝!

inyofu 現地時間10月2日、フランスのシャンティイ競馬場で行われた第95回凱旋門賞(GI、芝2400m)は中団に構えていた3番人気ファウンド(牝4、愛・A.オブライエン)が直線に入って先行馬を巧みに交わし、ラチ沿いに進路を取って抜け出すと後続の追撃を振り切って勝利した。鞍上はライアン・ムーア騎手で、勝ちタイムは2分23秒61(良)。2着は中団から直線で渋太く脚を伸ばした9番人気ハイランドリール、3着は道中先行集団で進んだ8番人気オーダーオブセントジョージ。なお日本から参戦した1番人気マカヒキ(牡3、栗東・友道)は道中で5~6番手の外めを追走していたが直線での伸びを欠き14着に終わっている。また、2番人気だったポストポンドは好位の外めを追走し、直線で先頭を窺う勢いを見せたが、上位入線勢にわずかに切れ負けし5着に終わった(人気はJRA独自のオッズによる)。
JRAで初めて凱旋門賞が買えるとなって注目を集めた今回の凱旋門賞。1番人気のマカヒキは無念の14着で日本馬の凱旋門賞初勝利はまたお預けとなってしまった。

売り上げが41億円!

inyofu 凱旋門賞の馬券売上総額は41億8599万5100円。JRAは海外馬券発売を発表した際の想定売り上げを4億〜5億円としており、予想を大きく上回る結果となった。
inyofu 最終オッズは現地の馬券発売の最大シェアを誇るPMUに比べ、各式別においてJRAの方が軒並み上回る結果となった。発売単位やレートが異なるため払戻金の単純比較はできないが、やはり国内ではマカヒキ絡みの馬券が売れておりアイルランド勢の上位独占の影響が大きかった。
inyofu 次の発売はカレンミロティックが出走を予定している豪州G1メルボルンC(11月1日、フレミントン)が濃厚。
JRAのインターネットを介してのみ、海外レースの馬券が国内でも買えるようになった。JRAが想定していた以上の売り上げがあり、JRAが発売予定の指定24競走以外にも11月5日(土)にヌーヴォレコルトが遠征予定の米G1・BCフィリー&メアターフの発売も検討しているとのこと。

田辺騎手600勝達成

inyofu ■10月1日、中山競馬第11R・秋風Sでマルターズアポジー(牡4)が1着となり、騎乗していた田辺裕信騎手(32、美浦・フリー)は史上70人目、現役では28人目となるJRA通算600勝を達成した。初騎乗となった2002年3月2日から約14年7カ月、8331戦目での記録となっている。同騎手は「今日2つ勝って、足踏みせず一気に決められたので良かったです。最初はあまり勝てない時期もありましたが、周りの方々のバックアップのおかげでここまで来ることができました。この先何があるか分からない世界ですので、ひとつひとつ丁寧に騎乗していきたいです。秋競馬も始まり、大きなレースも続きます。我々ジョッキーみんなで盛り上げていきますので、競馬場まで是非お越し下さい」と、JRAを通じてコメントしている。
史上70人目の快挙に喜びのコメントと感謝を述べた田辺騎手。今後もますますの活躍を期待したい。

今週も重賞制す! 戸崎騎手リーディング首位を依然キープ

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【145.102.81.66.62.280】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週0勝)【128.77.79.63.49.178】(→)
3位 M.デムーロ騎手(今週3勝)【110.73.64.57.44.240】(→)
4位 川田将雅騎手 (今週2勝)【97.73.68.49.46.217】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週3勝)【87.79.56.54.44.221】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週0勝)【71.55.45.56.49.402】(→)
7位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【58.65.57.57.52.286】(→)
8位 武豊騎手   (今週4勝)【56.60.56.33.41.242】(↑)※前週11位以下
9位 蛯名正義騎手 (今週0勝)【56.42.47.41.50.331】(↓)※前週8位
10位 岩田康誠騎手 (今週0勝)【55.73.70.63.60.349】(↓)※前週9位

今週も上位陣に大きな順位変動がありませんでしたが、4勝を挙げた武豊騎手が8位にランクイン! 日本競馬を語る上で欠かせない希代の天才ジョッキーが存在感を発揮しました。また、同騎手に負けず劣らずの活躍を見せたのはM.デムーロ騎手。秋のGI開幕戦スプリンターズSでレッドファルクスに騎乗し、鮮やかな差し切り勝ちを収めました。これで今年制したGIレースは3つ目。今後も多くの馬をビッグタイトルへ導くことが期待されています。
今週は4勝をあげた武豊騎手が8位に急浮上!リーディングがより一層盛り上がってきた。上位陣は他には変化はなしだったが戸崎騎手、デムーロ騎手、福永騎手など3勝を挙げており好調をキープしている。

2016年9月第5週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
凱旋門賞、G1シーズン開始で大盛り上がりだった今週の競馬界。戸崎騎手は変わらずリーディングトップをキープしているなか武豊騎手が8着に!田辺騎手は600勝達成!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line