TOP > 予想/馬券 > 追い込み馬は絶望的!?【第67回毎日王冠】予想まとめ
予想/馬券

追い込み馬は絶望的!?【第67回毎日王冠】予想まとめ

2016年10月9日(日)東京競馬場で行われるGII【第67回毎日王冠】は秋のGI戦線を目指すトップクラスの馬たちが集まる前哨戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・毎日王冠/人気データ

1番人気 (3-2-1-4)
2番人気 (1-2-0-7)
3番人気 (1-0-0-9)
4番人気 (2-1-0-7)
5番人気 (0-1-3-6)
6番人気 (1-1-0-8)
7~9人 (2-1-4-23)
10人以下(0-2-2-39)
inyofu ・毎日王冠/馬齢データ

3歳 (2-3-0-9) 14.3% 35.7% 35.7%
4歳 (2-3-3-18) 7.7% 19.2% 30.8%
5歳 (4-3-1-35) 9.3% 16.3% 18.6%
6歳 (1-1-3-16) 4.8% 9.5% 23.8%
7歳上(1-0-3-25) 3.4% 3.4% 13.8%
inyofu ・毎日王冠/枠データ

1枠(1-0-2-10)
2枠(2-1-0-11)
3枠(0-1-2-12)
4枠(2-3-1-10)
5枠(1-2-2-11)
6枠(1-2-1-15)
7枠(1-0-1-18)
8枠(2-1-1-16)


・毎日王冠/馬番データ

1番 (0-0-2-8)
2番 (2-0-0-8)
3番 (0-2-1-7)
4番 (3-1-0-6)
5番 (0-0-1-9)
6番 (1-2-1-6)
7番 (1-2-1-6)
8番 (1-1-2-6)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-1-7)
11番(0-0-0-9)
12番(0-0-0-6)
13番(1-0-1-4)
14番(0-0-0-5)
15番(0-0-0-4)
16番(1-0-0-2)


・毎日王冠/脚質データ

逃げ(1-3-1-6)
先行(3-3-2-25)
差し(5-3-6-35)
追込(1-1-1-37)
inyofu ・毎日王冠/前走データ

宝塚記念 (2-0-3-11)
安田記念 (1-3-0-18)
エプソムC(2-0-1-8)
新潟記念 (0-0-1-7)
関屋記念 (0-2-0-4)
神戸新聞杯(0-0-0-0)
OP特別  (0-0-1-3)
1600万下 (1-0-0-3)
海外   (1-1-0-2)


・毎日王冠/前走着順別データ

1着  (4-5-3-18)
2着  (0-2-1-13)
3着  (1-0-0-9)
4着  (2-0-1-5)
5着  (1-0-2-3)
6~9着(1-2-2-29)
10以下(1-1-1-25)


・毎日王冠/前走人気別データ

1番人気 (4-2-3-6)
2番人気 (1-1-0-11)
3番人気 (0-0-1-13)
4番人気 (1-1-1-15)
5番人気 (1-1-1-11)
6~9人 (2-1-2-25)
10人以下(0-3-2-19)


・毎日王冠/間隔データ

連闘(0-0-0-1)
2週(0-0-1-4)
3週(0-0-0-2)
4週(1-0-2-12)
5週~9週(1-4-1-20)
10週~25週(8-6-5-59)
半年以上(0-0-1-5)
inyofu △関東馬で当日10番人気以下
(0-0-1-18)
△7歳以上で当日5番人気以下
(0-0-3-22)
×前走G1以外で10着以下
(0-0-0-13)
○前走1番人気且つ1着だった馬
(3-1-2-2)
inyofu 5走前までの成績をチェック

過去5年の毎日王冠では、5走前までに東京競馬場で行われたオープンクラスのレースを制していた馬が勝利を収めている。今年も、近走で東京競馬場のオープンクラスのレースを優勝していた馬には要注目だろう。

東京1800m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 北村宏司(31-21-19-119)16.3% 27.4% 37.4%
横山典弘(24-17-14-112)14.4% 24.6% 32.9%
戸崎圭太(19-15-18-95) 12.9% 23.1% 35.4%
武豊  (12-8-4-36)  20.0% 33.3% 40.0%
田辺裕信(10-13-10-125) 6.3% 14.6% 20.9%

柴田善臣(10-10-12-102) 7.5% 14.9% 23.9%
吉田豊 (10-6-8-144)  6.0% 9.5% 14.3%
ルメール(8-2-6-18)  23.5% 29.4% 47.1%
柴田大知(7-10-14-138) 4.1% 10.1% 18.3%
川田将雅(2-3-2-20)   7.4% 18.5% 25.9%

丹内祐次(0-1-1-25)   0.0% 3.7% 7.4%
小牧太 (0-0-0-6)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(52-38-42-217)14.9% 25.8% 37.8%
ステイゴールド  (16-13-21-184) 6.8% 12.4% 21.4%
シンボリクリスエス(15-14-18-122) 8.9% 17.2% 27.8%
マンハッタンカフェ(15-9-7-117) 10.1% 16.2% 20.9%
フジキセキ    (12-7-6-56)  14.8% 23.5% 30.9%

ダンスインザダーク(9-3-6-65)  10.8% 14.5% 21.7%
ローエングリン  (3-3-0-14)  15.0% 30.0% 30.0%
スペシャルウィーク(0-9-3-62)   0.0% 12.2% 16.2%

牡馬相手にも好走できる力 ルージュバック

inyofu この馬のベスト条件は左回りの1600m~2000mではないかと思っております。
つまり今回の舞台はこの馬の適性をフルに活かすことができるレースです。
究極の上がり勝負に強いタイプの馬であり、上がり3ハロンで33秒台が出るような馬場状態ならば好走率は高いと思います。
唯一の牝馬ではありますが、牡馬相手にも好走できる力はあると思います。
圧巻の末脚でデビュー3連勝を飾った素質馬が、前走のエプソムCで約1年4か月ぶりの勝利を挙げ完全復活。

巻き返してくる可能性は十分 アンビシャス

inyofu 前走は初めての2000m以上の距離ということもあったでしょうが、前半から行きっぷりがよく、前につけたことで、展開が噛み合わなかったことが大きかったですね。今回は経験ある距離に戻りますし、3-1-0-0と好相性のルメール騎手に乗り替わりとなりますので、巻き返してくる可能性は十分にありそうですね。
前走の宝塚記念では16着と大敗を喫したが、2桁着順はこの一戦だけ。GIでも十分に通用する能力の持ち主だ。

このメンバーなら1番強い ステファノス

inyofu ディープインパクト産駒。母の父クロフネ。
昨年は毎日王冠7着から天皇賞(秋)では10番人気で2着に激走、33秒4の末脚は強豪相手にメンバー中で最速だった。鳴尾記念を約半年の休み明けで2着しており、休み明けの初戦から力は出せる。末脚を生かせる展開になったときはステファノスは、このメンバーなら1番強い。
重賞勝ちは3歳時の富士Sの1つだけながら、昨年GIで2度の2着がある。芝のマイル~中距離路線でさらなる飛躍が期待される一頭だ。

条件はベストに近い ディサイファ

inyofu 常に一定のパフォーマンスを出し続けることができる稀有なタイプで、あとは相手関係や条件によって着順が上下するタイプ。G1だとやや足りず、中距離のG2習い安定して走る。ここは持ち場とも言える府中千八のG2で、条件はベストに近い。あとは7歳秋の休み明けということで衰えがなければ。
7歳を迎えた今年もAJCCを快勝。衰えどころか、今こそが充実期というムードを漂わせている。

重賞戦線でやれる力はある ダノンシャーク

inyofu 安田記念では一瞬見せ場も作りまずまず内容のある7着だった。既に8歳ということで全盛期は過ぎているかもしれないが、それでもまだ重賞戦線でやれる力はある。近走を見る限りマイルよりも千八の方が良さそうなので、この距離のG2ならやれて良い。
14年のマイルチャンピオンC王者。昨年の毎日王冠は4着もここは次走への叩き台か。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回のスプリンターズステークス
予想時に書いた通り、崩れるなら守りの競馬をした時
福永騎手やってくれましたね。。。
好スタートでそのまま前つければいいのに下げてしまってどん詰まり
結果的にハナに立ったミッキーアイルが2着なんだから(溜息)
福永騎手だけでなく陣営も最低な判断をしてしまったようだ。
そして本命にした自分も反省。。。
救いは最終追い切りまとめで一番良いと思ったソルヴェイグが好走した事

今回は毎日王冠!
リアルスティールが回避で配当に妙味はなさそうだが
覆面馬主の個人予想が引っ越しした今、なんとか盛り上げる為にも当てに行きたい!
印は

◎ルージュバック
〇ディサイファ
▲アンビシャス
△ステファノス
☆ダノンシャーク
☆ロゴタイプ
☆マイネルミラノ

本命はルージュバック

前走エプソムカップは大外18番から豪快に差し切っての復活V
【3-1-0-0】と示すように1800mは本馬にとって
最も力を発揮しやすい舞台なので飛ぶまで買い続けたい。
また前走エプソムカップ組は、【2-0-1-8】好走馬した3頭は、前走1着馬なのも好材料
開幕週なのでポジションが後ろ過ぎると取りこぼす可能性はあるが
デビュー戦から乗っている戸崎騎手はうまく導いてくれるだろう。

対抗はディサイファ

昨年は本馬を本命にして馬券的中
GIだと全レース掲示板以下だが、GII、GIIIだと5着以下は未だに一度もない
こちらも1800m戦がベストだと思っているので、
コース替わりでの上積みが最も期待できるのはこの馬ではないだろうか。

単穴はアンビシャス

宝塚記念は16着と惨敗だが中山記念、大阪杯の激走の疲れからと思えば度外視できる
昨年度の本レースでは6着。後方一気が裏目に出た割にはよく頑張った方なので
好位からの競馬を身につけた今なら雪辱を果たす事は十分可能だろう。

馬券は◎→〇▲の馬連2点が本線

あとは少額で3連単1頭軸マルチ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line