TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【10月10日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【10月10日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
3日間開催の最終日にピックアップしたいのは『今年の中央重賞1勝目』をはやく達成したい岩田康誠騎手。
昨年は重賞を13勝もマークしていただけに、今年のこれまでの成績は本当に意外ですよね。

最近も勝ち数を思うように増やせず、9月22日に大井競馬場で行われた交流重賞・東京盃をドリームバレンチノで今年初重賞制覇を飾りましたが、何と!岩田騎手が中央で最後に勝利を挙げたのは、8月27日の札幌開催まで遡ります。

秋のGI連戦が本格的にスタートする前に、何とか再浮上のキッカケを掴んで欲しいですね。


それでは、さっそく祝・月曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう!
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

----
■京都11R・◎アドマイヤデウス

勝ち負けという意味では、9R・ショコラブランの方が堅いだろうが、配当を求める人にはこちらのレースをオススメしたい。
前走の天皇賞では、直線で一瞬良い脚をみせたが、途中で脚取りが悪くなったらしく、最後は無理をさせずに入線している。
伸びかけた時の勢いをキープできていれば、おそらく勝負圏内までは来られただろう。同じ京都で行われるレースだけに、前走で一瞬見せた脚を最後まで使えれば、今度こそ勝負になるはず。前走9着という着順から人気を落とす今回が、絶好の狙い目だ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■京都3R・△アグネスリュウメ

ワークフォース産駒だけに、開幕週の馬場克服がカギ

----
■京都5R・○アヴァント

ゆったりとした距離が合いそうな気性で、初戦から好勝負になりそう

----
■京都6R・▲キングルアウ

気難しい馬だが、手ごろな頭数でスムーズに先行できれば。

----
■京都9R・◎ショコラブラン

休み明けだった前走は息遣いがもうひとつで、中団からの競馬となった分の負け。
ひと叩きした効果は大きく、ここは巻き返しが期待できる。

----
■京都10R・△タマモネイヴィー

近走の成績が冴えず、頭打ちの印象。

----
それでは、秋競馬も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line