TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【10月9日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【10月9日版】

抱きしめて!ミスターP
引き続き、覆面馬主・データの8号です。

では、土曜の東京で好走したミスターPを振り返りましょう!

2R・2着サノサマー(サマーバード)
6R・1着リキサンタイガー(キングカメハメハ)
6R・2着ノワールギャルソン(アドマイヤムーン)
8R・2着サンタナブルー(ソングオブウインド)
10R・2着サブライムカイザー(キングカメハメハ)
11R・1着ブレスジャーニー(バトルプラン)
11R・2着ダンビュライト(ルーラーシップ)

土曜日の東京で活躍したミスターPは6頭ほどですが、11Rのワンツーのほか、8Rは藤田菜七子騎手のサンタナブルーや2Rのサノサマーと紹介していた2頭が好走。しかも、7番人気のサノサマー以外にも人気薄のミスターPが快走した1日!頭数以上に印象深い日でした。


それでは、日曜東京で気になるミスターPをご紹介します!

■スウェプトオーヴァーボード産駒
東京1R・⑧ノットオンリー
初勝利は目前ではないでしょうか。初戦6着、前走4着。状態が良くなっているのもあるでしょうし、それに、少し課題だった気性も確実に良くなっているそうです。動ける態勢は整っており広々とした東京コースで力を発揮しそうですよ。

■エンパイアメーカー産駒
東京2R・⑰トミケンタルモ
ちょっと色々と難しい面も残しているそうでゲートが上手でないなどはありますが、能力的に未勝利は勝ち負けのはずで末脚も堅実。開幕週ですので前有利はあると思いますが、それでも力があれば差し切ってくれるはず。妙味を含めて楽しみな一頭と見込んでいます。

■ストーミングホーム産駒
東京3R・③ルックアットミー
デビューから過去3戦の全てで速い上がり脚を使っており、いずれも4着。ちょい足らずの競馬が続いていますが、陣営が過去3走の全てで直線の長いコースを使っているように、この馬の特徴を活かそうとしているのは間違いないはずです。前走の後も中山を使わずに東京のここまで待っていたようですし、具合が良くなっていることを前提に考えれば、陣営のこだわりが好結果に結び付きそうです。

ということで、東京は以上!


抱きしめて!ミスターP~京都編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line