TOP > エンタメ・雑学 > 2016年10月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年10月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年10月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ルージュバックが毎日王冠を制し、キタサンブラックが京都大賞典を制した先週の競馬界。一方内田博幸騎手は1000勝、藤田菜七子騎手は久々の勝利と嬉しいニュースも盛り沢山。1週間の競馬ニュース丸わかり!
馬キュレ

【新馬戦】レイデオロが快勝!

inyofu 10月9日、東京競馬場で開催された第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝2000m)は、好位のインでレースを進めた1番人気レイデオロ(牡2、美浦・藤沢和)が、直線で押し切りを図る2着馬を残り100m付近で力強くねじ伏せ勝利した。勝ちタイムは2分4秒3(重)で、鞍上はC.ルメール騎手。1馬身1/4差の2着は2番手追走からいったんは先頭に立つ場面もあった3番人気ポールヴァンドル、2着に2馬身半差の3着は後方から脚を伸ばした13番人気ストレヌアが入っている。なお、2番人気に支持されたハートリッチは直線で伸びを欠き8着に終わった。
動画を見る
近親にディープインパクトを持つレイデオロが名手ルメールを鞍上に乗せて見事新馬戦を勝利した。

ジョッキーベイビーズ開催!

inyofu ■10日9日、東京競馬場で全レース終了後に第8回ジョッキーベイビーズが開催され、各地方の予選を勝ち上がった8人がポニーに騎乗のもと、東京芝400mでしのぎを削った。なお、結果はハショウボーイ(セ6)に騎乗した九州地区代表の上薄龍旺(かみすきりお)くんが優勝。上薄くんは「優勝できてすごくうれしいです。馬がまっすぐ走ってくれて良かったです。家族には『優勝したよ』と伝えたいです。将来の夢は、騎手か牛飼いになるかで迷っています」とJRAを通してコメントしている。また、敢闘賞には東海地区代表の西村悠希(にしむらゆうき)くんが選ばれた。西村くんは「レース前にお父さんからスタートしたらまっすぐ走っていくように指示をされました。スタートは良くありませんでしたがゴールまで諦めずに追えました。将来の夢は騎手になることです」とJRAを通してコメントしている。
全国で予選を勝ち抜いたジョッキーベイビーたちが東京競馬場に集結し、最終レーズ後に第8回ジョッキーベイビーズを戦った。優勝は上薄龍旺くん、レーズ後の騎手たちも彼らの健闘をあたたかく見守っていた。

藤田菜七子、久々の嬉しい勝利!

inyofu 「ずっと乗せていただいて、感謝しかありません」。4戦連続騎乗の“お手馬”で後方を進み、直線は大外へ。土曜の東京8Rではサンタナブルーでいったん抜け出したところを、柴山騎手のララパルーザにクビ差かわされたが、この日は逆に柴山騎手のペルルクロシュをハナ差で競り落として勝利をもぎ取った。

 「(勝ったのか)全然分かりませんでした」と振り返る微妙な差だったが、場内には大歓声が上がり、口取り撮影でも拍手が菜七子を包んだ。「ずっと勝つことができなくて苦しかったので、勝てて良かったです」と感極まった様子だった。
東京6Rで4番人気ラミアカーサに騎乗し勝利した藤田菜七子騎手。JRAでは5月28日以来、約4カ月半ぶりとなる5勝目をあげた。

内田博幸騎手1000勝達成!

inyofu 10月8日、東京競馬第10R・本栖湖特別でトレジャーマップ(牡5)が1着となり、騎乗していた内田博幸騎手(46、美浦・フリー)は中央競馬の現役では15人目となるJRA通算1000勝を達成した。初騎乗となった1993年7月から約23年3カ月、4193戦目での記録となっている。1000勝のうち重賞は42勝、うちGIタイトルは2010年日本ダービー(エイシンフラッシュ)など11勝。
現役で15人目となる1000勝をあげた内田博幸騎手。今後もますます勝利を重ねていってもらいたい。

今週も重賞制す! 戸崎騎手リーディング首位を依然キープ

inyofu 1位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【148.106.83.69.63.286】(→)
2位 C.ルメール騎手 (今週6勝)【134.81.81.64.52.188】(→)
3位 M.デムーロ騎手 (今週2勝)【112.74.67.60.44.245】(→)
4位 川田将雅騎手 (今週4勝)【101.75.72.52.48.222】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週2勝)【89.83.59.58.47.235】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週2勝)【73.56.46.56.53.420】(→)
7位 田辺裕信騎手 (今週2勝)【60.66.57.58.52.296】(→)
8位 武豊騎手 (今週3勝)【59.64.60.34.43.253】(→)
9位 蛯名正義騎手 (今週1勝)【57.43.49.41.52.341】(→)
10位 岩田康誠騎手 (今週1勝)【56.75.70.66.63.356】(→)


3日間開催だった今週、トップ10のランキングに順位変動はありませんでした。トップを走る戸崎騎手はルージュバックで勝った毎日王冠などで3勝を挙げ磐石の態勢ですが、2位のC.ルメール騎手が6勝の固め打ちで猛追の構えを見せております。同騎手は凱旋門賞での騎乗があり先週は不在だったのですが、その分を取り返さんと猛チャージ。この勢いを持続し、先頭を走る戸崎騎手をキャッチアップすることができるか、否か、注目ですね。
今週6勝と絶好調だったルメール騎手が1着の戸崎騎手にさらに迫る勢いだった今週。まだまだリーディングから目を離せない。

2016年10月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ルージュバック、キタサンブラックの活躍に秋競馬が大盛り上がりの今週の競馬界。内田博幸騎手、藤田菜七子異種の嬉しいニュースなどもあり、またジョッキーベイビーズ開催でさらに次世代の騎手への期待も高まった。秋競馬はまだまだこれからが本番。ますます盛り上がることに期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line