TOP > 競走馬 > 「ヴィブロス」筋肉がついて体も大きくなっている【エリザベス女王杯】
競走馬

「ヴィブロス」筋肉がついて体も大きくなっている【エリザベス女王杯】

国内外のGⅠを制しているヴィブロスがエリザベス女王杯に出走する。春のクラシックには縁が無かったが、GⅠ初挑戦となった秋華賞を鮮やかな末脚で制すると、今年のドバイターフではモレイラ騎手を背に馬群を鮮やかに捌いて差し切り海外GⅠ初制覇を飾った。前走の府中牝馬Sではスローペースに泣き2着に敗れたが、世界を制した能力は確かなものだった。今年オークスとダービーを制したルメール騎手を背にGⅠ3勝目を目指す。そんなヴィブロスについてまとめてみた。
ヴィブロス

【秋華賞】末脚発揮でタイトル奪取!

比較的好スタートを切ると、控えて中団からレースを運び、道中はややかかりながら進む。4コーナーからいつでも外に持ち出せる態勢をとると、先に抜け出したパールコード、カイザーバルを差し切り悲願のGIタイトルを手にした。
動画を見る
以下はレース後の福永祐一騎手と友道調教師コメント
inyofu 1着 ヴィブロス(福永騎手) 「一番欲しいポジションを取れました。道中はいいリズムで、これで負けたら仕方ないと思いながら追っていました。ある程度前が飛ばしていて、ちょうど馬群のポケットにはまってくれました。斜め後方にビッシュがいるのを確認していましたが、自分のリズムで追い出せたのが何よりです。姉のヴィルシーナには新馬と晩年に乗せてもらいましたが、それとはまったくタイプの違う馬です。この馬はいい瞬発力を持っています。初のGI挑戦で強い相手に勝てたのは能力の高い証です。まだまだ良くなる途中です。チャレンジャーの立場でしたが、馬が期待に応えて勝ってくれました。今後、立場は変わってきますが、大きな舞台にチャレンジしていけたらいいですね」
inyofu (友道康夫調教師) 「今日はいい位置が取れて、これならと思って見ていました。最後は勝負根性を見せてくれました。ヴィルシーナで悔しい思いをしましたが、リベンジを果たせました。次走は未定ですが、来年以降も頑張ってくれると思います」

【ドバイターフ】モレイラマジック!鮮やかな差し切り勝ち!

9番枠からスッと控えて中団よりやや後ろにつける。道中は内でじっくり脚を溜め、直線ではモレイラ騎手の手綱さばきで最内から徐々に外に出して鮮やかに馬群をさばくと、末脚が弾けてエシェムに半馬身差をつけて勝利を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ヴィブロス(モレイラ騎手) 「大変うれしく、興奮しています。向正面では風がとても強く、他の馬の後ろにつけることを心がけました。直線は内側から上がろうとしたら、馬が内ラチを嫌がったので、外に出しました。最後はすごくよく伸びてくれました」
inyofu (友道康夫調教師) 「ドバイに来てからすごく落ち着いていました。1回後ろに下がってヒヤッとしましたが、そこから伸びてくれました。雨がずっと降っていましたが、日本馬向きの硬めの馬場だったと思います」

【府中牝馬S】前が止まらず2着

最内枠から好スタートを切ると、スッと中団に控えて末脚を溜める。最後の直線では33秒2の末脚で追い上げたが、前半1000m1分01秒9の超スローペースで逃げたクロコスミアを捕らえられず2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ヴィブロス(C.ルメール騎手) 「長い休み明けでしたが、いい状態でした。ペースが遅くて勝った馬が止まりませんでした。でも、いい瞬発力は使っていましたし、次は変わってくると思います」

【エリザベス女王杯】直前情報!筋肉量アップで国内GⅠ2勝目へ!

inyofu ルメール騎手が騎乗して、ジュンヴァルロ(2歳500万)と併せ馬。楽な手応えのままラストで引き離して、52秒0―12秒9の時計で3馬身先着した。鞍上は「筋肉がついて大きくなり、息もとても良かった。追い切り後も、すぐに息が入っていました。休み明けを使って良くなっているし、日曜日にはトップコンディションになるでしょう」と態勢万全をアピールした。
inyofu 友道調教師は「去年と比べても足が長くなり、何より筋肉量が増えました。今現在も増えて、馬体の成長を感じます。休み明けを使って体に張りが出て、筋肉の量が増えたのが見た目に分かるくらい上積みを感じます。いい状態でレースに向かえるし、日本でも強いヴィブロスをお披露目できると思います」と昨年の秋華賞に続く、国内G1・2勝目奪取に自信をのぞかせた。

エリザベス女王杯の傾向!若い馬の活躍が目立つ

inyofu 過去10年の出走馬の成績を年齢別に分類してみると、3歳馬の連対率が最も高く、4歳馬がそれに続いており、5歳以上の馬は苦戦傾向にある。ちなみに、5歳で優勝した2頭は、2009年のクィーンスプマンテ(単勝11番人気)と、2012年のレインボーダリア(単勝7番人気)で、共に関東馬だった。

前走はやや脚を余した印象もあったが、今回はコンビ2戦目となるルメール騎手が華麗なエスコートをしてくれるはず。GⅠ3勝目へ向けて、態勢は万全だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line