TOP > JRA競馬場/WINS > 予想まとめ【第21回秋華賞】京都阪神の実績が必要か!?
JRA競馬場/WINS

予想まとめ【第21回秋華賞】京都阪神の実績が必要か!?

2016年10月16日(日)京都競馬場で行われるGI【第21回秋華賞】は3歳牝馬クラシック最終戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・秋華賞/枠データ

1枠(0-4-1-15)
2枠(2-1-2-15)
3枠(2-0-2-16)
4枠(0-0-0-20)
5枠(0-2-0-18)
6枠(1-1-2-16)
7枠(3-0-2-24)
8枠(2-2-1-25)


・秋華賞/馬番データ

1番 (0-4-0-6)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (2-1-1-6)
5番 (1-0-1-8)
6番 (1-0-1-8)
7番 (0-0-0-10)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-1-0-9)
10番(0-1-0-9)
11番(0-0-0-10)
12番(1-1-2-6)
13番(1-0-1-7)
14番(1-0-0-9)
15番(1-0-1-8)
16番(1-1-1-7)
17番(0-1-0-9)
18番(1-0-0-9)


・秋華賞/脚質データ

逃げ(0-1-1-9)
先行(2-3-2-28)
差し(8-3-7-64)
追込(0-3-0-47)
マクリ(0-0-0-1)
inyofu ・秋華賞/前走データ

重賞(9-9-8-86)
├ローズS(7-8-4-61)
├クイーンS(1-0-1-6)
└オークス(1-0-0-12)

OP特別(1-0-0-38)
└紫苑S(1-0-0-38)

1600万下(0-0-1-1)
1000万下(0-1-0-19)
500万下(0-0-1-3)
inyofu ・秋華賞/前走着順別データ

前走ローズS
1着  (2-3-1-4)
2着  (2-2-1-5)
3着  (0-2-1-7)
4着  (2-0-0-7)
5着  (0-1-0-3)
6~9着(0-0-0-19)
10以下(1-0-1-15)

前走重賞(ローズS以外)※海外地方除く
1着  (2-0-1-3)
2着  (0-0-1-0)
3着  (0-0-0-1)
4着  (0-0-0-0)
5着  (0-0-0-3)
6~9着(0-0-1-8)
10以下(0-0-1-8)

前走OP特別
1着  (0-0-0-8)
2着  (1-0-0-8)
3着  (0-0-0-3)
4着  (0-0-0-1)
5着  (0-0-0-2)
6~9着(0-0-0-8)
10以下(0-0-0-8)

前走条件戦
1着  (0-1-1-21)
2着  (0-0-0-0)
3着  (0-0-1-1)
4着  (0-0-0-0)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-0-1)
10以下(0-0-0-0)


・秋華賞/前走人気別データ

前走ローズS
1番人気 (5-0-1-4)
2番人気 (0-2-1-7)
3番人気 (0-1-0-8)
4番人気 (2-1-0-5)
5番人気 (0-2-0-5)
6~9人 (0-2-0-18)
10人以下(0-0-2-13)

前走重賞(ローズS以外)※海外地方除く
1番人気 (1-0-2-3)
2番人気 (0-0-1-0)
3番人気 (1-0-0-3)
4番人気 (0-0-0-3)
5番人気 (0-0-0-5)
6~9人 (0-0-0-5)
10人以下(0-0-1-5)

前走OP特別
1番人気 (1-0-0-7)
2番人気 (0-0-0-7)
3番人気 (0-0-0-4)
4番人気 (0-0-0-5)
5番人気 (0-0-0-3)
6~9人 (0-0-0-9)
10人以下(0-0-0-3)

前走条件戦
1番人気 (0-1-2-7)
2番人気 (0-0-0-5)
3番人気 (0-0-0-2)
4番人気 (0-0-0-3)
5番人気 (0-0-0-0)
6~9人 (0-0-0-6)
10人以下(0-0-0-0)
inyofu ・秋華賞/間隔データ

連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-1-5)
3週(0-1-1-6)
4週(7-8-5-63)
5週~9週(2-0-2-51)
10週~25週(1-1-1-23)
半年以上(0-0-0-1)
inyofu △単勝50倍以上
(0-0-2-77)
△前走6着以下だった関西馬
(0-0-2-39)
×前走紫苑Sだった馬で当日4番人気以下
(0-0-0-38)
△前走ローズS以外の重賞で3着以下
(0-0-2-20)
△ローズS以外の重賞で4番人気以下
(0-0-1-18)
×前走紫苑Sで3着以下
(0-0-0-22)
×前走紫苑Sで2番人気以下
(0-0-0-31)
×前走条件戦で2番人気以下
(0-0-0-16)
×間隔10週以上で当日6番人気以下
(0-0-0-20)
inyofu 関西圏の主要なレースでの実績が重要

過去4年の優勝馬4頭は、いずれも“京都または阪神競馬場で行われたオープンクラスのレース”で連対経験がある馬だった。また、この4頭は通算出走回数が8回以下だった点、前走の上がり3ハロンタイム(推定)が3位以内だった点、前走の単勝人気が4番人気以内だった点も共通している。

京都2000m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 川田将雅(24-14-15-72) 19.2% 30.4% 42.4%
福永祐一(19-12-10-59) 19.0% 31.0% 41.0%
岩田康誠(19-11-15-89) 14.2% 22.4% 33.6%
武豊  (17-12-10-66) 16.2% 27.6% 37.1%
ルメール(16-13-10-25) 25.0% 45.3% 60.9%

浜中俊 (14-11-16-82) 11.4% 20.3% 33.3%
和田竜二(8-11-11-116) 5.5% 13.0% 20.5%
四位洋文(8-9-5-36)  13.8% 29.3% 37.9%
小牧太 (7-8-13-59)  8.0% 17.2% 32.2%
M.デム(6-8-3-26)  14.0% 32.6% 39.5%

松山弘平(5-8-2-70)   5.9% 15.3% 17.6%
川須栄彦(3-3-3-35)   6.8% 13.6% 20.5%
内田博幸(2-2-2-12)  11.1% 22.2% 33.3%
戸崎圭太(0-3-0-11)   0.0% 21.4% 21.4%
蛯名正義(0-1-0-8)   0.0% 11.1% 11.1%

川島信二(0-1-0-13)   0.0% 7.1% 7.1%
松若風馬(0-0-3-18)   0.0% 0.0% 14.3%
松岡正海(0-0-0-5)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(43-34-30-135) 17.8% 31.8% 44.2%
キングカメハメハ (26-12-15-115) 15.5% 22.6% 31.5%
ステイゴールド  (17-11-10-102) 12.1% 20.0% 27.1%
ネオユニヴァース (6-10-6-86)   5.6% 14.8% 20.4%
メイショウサムソン(4-1-3-33)   9.8% 12.2% 19.5%

ヴィクトワールピサ(1-3-1-10)   6.7% 26.7% 33.3%
エンパイアメーカー(0-2-0-11)   0.0% 15.4% 15.4%
ロージズインメイ (0-1-1-15)   0.0% 5.9% 11.8%
Temple City    (0-0-0-0)    0.0% 0.0% 0.0%

圧勝まであるかも ジュエラー

inyofu 前走はこの馬にとって最悪のケースが重なっての凡走だった。
骨瘤放牧開け、かつこの馬にとってマイナスとなる重馬場でのレース。
元々京都の新馬戦でも強烈な末脚を繰り出して勝利した馬だし、
パンパンの良馬場、かつ切れ味を活かせる舞台設定の方が良いに決まっている。
今回は前回とは一転してこの馬にとって最高の状態で競馬できそうですし
本来の力を出せるのではないでしょうか?そうなれば圧勝まであるかも。
骨折による5か月余りの休養を経て、復帰初戦となった前走のローズSでは11着と大敗。実戦を1度使われた上積みが見込めるだけに巻き返せるか。

当然上位争い ビッシュ

inyofu フローラSではやや差し遅れ、外を回しての5着、オークスではキッチリ巻き返し3着、そして秋初戦での紫苑Sは外から力強く抜けて勝利と、期待以上に近走は成長を見せている。オークス3着馬ながら上位2頭が不在、それでいて秋初戦をキッチリ勝っての参戦だから当然上位争いだろう。
オークス3着から前走の紫苑Sは3角手前から怒涛の追い込みで1着。ロングスパート快勝で中距離以上で競えるスタミナがあることを示した。

逆転も十分可能 ヴィブロス

inyofu ディープインパクト産駒。母の父マキアヴェリアン。 フラワーCでは406キロまで馬体が減っていたが、休養を挟み414キロまで増えて500万下を古馬牝馬相手に勝利。紫苑Sは3角で不利を受け、スパートが遅れた。直線は外から伸びたがてきたが、スパートが遅れた分が2馬身半差の2着が精一杯だった。馬体が増えていればシンハライト不在の秋華賞で逆転も十分可能だろう。
前走の紫苑Sは、勝ったビッシュから2馬身1/2差の2着。全姉にヴィルシーナがいる良血馬。今回、大舞台での強さを発揮するかもしれない。

重い印を打ったほうが賢明 パールコード

inyofu 前走の紫苑Sは5着だったが、休み明けで馬体が仕上がっていなかった(馬体重+16kg)と考えれば悲観する内容ではないだろう。それを除けば複勝率100%と戦績は安定しており、その内容も前々走フローラSはオークス2着馬チェッキーノに次ぐ2着でビッシュ(5着)に先着、三走前の500万下条件戦ではオークス4着馬ジェラシーに0.2秒差つけての勝利と、レースレベルの高さが伺える。 京都コースは500万下条件戦で後の神戸新聞杯2着馬ミッキーロケットと差のない競馬をした舞台であるわけなので、コース替わりでの上積みは期待できるのではなかろうか。オークスを回避してここに照準を絞ってきた陣営の本気度を加味すると、重い印を打ったほうが賢明かもしれない。
前走の紫苑ステークス5着は、直線詰まっての結果。能力的にはこのメンバーに入っても遜色なく、上位争いが期待できそうだ。

大崩れはしないタイプ カイザーバル

inyofu 前走のローズステークス、重馬場できっちり3着に持ってきましたね!!さすが四位騎手。G1でもきっちり仕事してくれると思いますよ!! 戦ってきている馬を見ても、ここで勝っても良いくらいの馬!!予想オッズでは10.0倍以上つくんですが、シンハライトと際どい勝負もできる馬なので、人気になってしまいそうな・・・(^-^; ただ、京都よりも阪神のほうが合っているような気がします↓ しかし、大崩れはしないタイプなので人気がなければ穴で、人気が出たら軸の1頭にすることもあると思います!!
前走のローズSで3着に入り本レースへの優先出走権を獲得。勝ち馬のシンハライトとは0秒1差で、内容的にも価値が高い。

上がり馬 ミエノサクシード

inyofu 秋になって二連勝中の上がり馬。前々走の500万下条件戦は0.6秒ちぎっての圧勝だったし、タイムもその日の古馬1600万下条件戦より0.6秒も早い好タイムだった。前走の1000万下条件戦は大外を回して直線では鋭く伸び他を圧倒。斤量52kgと恵まれていたとは言え強い勝ち方だったように思える。3kgの負担増&一線級のメンバー相手となってどこまでやれるかは未知だが、上がり馬の中では一番期待できるのではなかろうか。
前走の夕月特別を制して3勝目をマーク。持ったままで直線を向き、楽々と抜け出してきた内容は圧巻だった。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回の毎日王冠は一応馬連的中はしたものの、3連単マルチが不的中
いやはや前が総崩れになるとは全くの想定外だった
コラムのタイトルが恥ずかしいくらい追い込み馬のレースでした。
一応的中という事で連敗はストップ!

今回は3歳牝馬最後の一冠秋華賞!
思い出に残っているレースは第14回のブエナビスタとレッドディザイアの一騎打ち
桜花賞の着差が0.1秒とオークスはハナ差 女傑ブエナビスタの前に惜敗続きだったレッドディザイアが
このレースで3冠目前のブエナビスタをハナ差破っての優勝には本当に痺れた

今年はジュエラーとシンハライトが桜花賞の接戦から3歳クラシックを盛り上げてくれると思ったら
オークスでジュエラーが骨折、秋華賞でシンハライトが屈腱炎と残念な形で最終戦を迎える

そんなうまキュレ班の印は

◎ミエノサクシード
〇ビッシュ
▲ジュエラー
☆カイザーバル
△パールコード
△ヴィブロス
△デンコウアンジュ
△クロコスミア
△パーシーズベスト

本命はミエノサクシード

夏に距離を短縮して結果は出なかったが、1800mに伸ばすと、すっと直線抜け出して連勝
2戦ともに阪神で上り33秒台を連発。特に前走は速い上りの中での抜け出しは圧巻
いい脚を長く使え、距離延長が持ち味を引き出している可能性は高いだろう。
今のトコ人気が全くないが6~8番人気が上がってくるハズ
混戦ムード漂う中から勝負付けがまだハッキリしていない別路線組をあえて◎に選んだ。
4年以上重賞に縁がない鞍上だが、この2連勝は軽視できない。

対抗はビッシュ

前走は後方から徐々にポジションを上げて4コーナー2番手から後続を引き離して勝ち切った。
前走紫苑S組は、(1-0-0-36)と絶望的なデータも鞍上が、リーディングジョッキーなのは心強い
ジュエラーは強敵だが、自在性で言えばこちらの方が上だし十分戦える。

単穴はジュエラー

ローズSの内容が休み明けで負けたと言えるような内容でもなく、
折り合いを欠いたとかそういったケチのつけられる敗戦ではなかった。
おそらくあの負け方だと敗因は距離か骨折の影響での能力低下か。
単なる重馬場が苦手だったのであれば、巻き返しは可能だが
キャリアの中でも最内の枠を引いた今回、ある程度前につける必要がある
どちらにせよ今回は評価を落とすのが妥当に思える。

馬券は◎→〇▲の馬連が本線

あとは3連複◎一頭軸

これは当たればそれなりに配当はつきそうだ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line