TOP > 予想/馬券 > 【第21回秋華賞】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第21回秋華賞】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ

2016年10月16日(日)京都競馬場で行われるGI【第21回秋華賞】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 エンジェルフェイス

inyofu エンジェルフェイスは開門直後のCWコースに登場した。単走で6F83秒5~1F12秒3。素軽いフットワークが目についた。 騎乗した浜中は「休み明けを一度使って状態は上がっている。先行力があるし、京都の2000メートルも向いていると思います」

1枠2番 ジュエラー

inyofu 栗東ポリトラックコースでクルークハイト(2歳未勝利)を4馬身先行させてスタート。3~4角で一気に差を詰め、直線入り口で内に馬体を併せた。鞍上が手綱を押し込むと、500キロの巨体をグッと収縮させて反応。外で必死に抵抗するパートナーを尻目に、最後は2馬身突き放してゴール。その姿は、まさに獲物を射抜いた弾丸だった。 「動きは良かったね。上がりも相当速いと思う」。満足そうに愛馬を出迎えた藤岡師。計時タイムは5F62秒2~3F35秒2~1F11秒2。

2枠3番 パールコード

inyofu パールコードは川田を背に芝コース単走で最終調整。軽く気合をつけられる程度で5F65秒4~1F11秒6と、軽快なフットワークで駆け抜けた。 川田は「雰囲気が良くて、いい頃の動きだった」と好感触。中内田師は「休み明けを一度使って中身が変わってきた。体も回復しているし春に比べて出来は上向いている」

2枠4番 パーシーズベスト

inyofu 抽選を突破したパーシーズベストは2戦目以来のコンビとなるルメールを背に坂路で追い切られた。サンライズワールド(6歳1000万)との併せ馬で1馬身先着。4F53秒8~1F13秒2の時計を出した。 ルメールは「状態の良さは感じた。反応が良かったし、乗りやすかったですね」

3枠5番 レッドアヴァンセ

inyofu  レッドアヴァンセが坂路で抜群の動きを見せた。アードラー(2歳500万下)との併せ馬。相手に合わせる形で直線に向くと、ラスト1ハロンで余裕十分にパス。最後は3馬身の先着を果たした。今の時計がかかる馬場で、4ハロン53秒4-12秒6のタイムは上々だ。「素晴らしいのひと言です。体を維持できているので、予定通りにしっかりとやれました。本当にいい状態です」。しびれるような手応えに、調整役を務めた松若騎手

3枠6番 ゲッカコウ

inyofu 紫苑S15着からの巻き返しを狙うゲッカコウは軽めの最終調整。Wコースを単走でサッと流した。 高橋博師は「今日は15~15よりも少し速い程度(5F74秒5)。予定通りのメニューです」と順調さをアピール

4枠7番 ヴィブロス

inyofu 福永騎手を背に栗東坂路。先週ビッシリ追われているだけに、けさは余裕を残した。14秒3-13秒9-12秒8とじんわりペースを上げ、ラスト1Fも13秒0。もともと派手な動きをしないだけに、時計、動きとも平凡だが、順調さはうかがえた。「予定より速くなったが、息の入りも良く落ち着いている。もう少し鋭い反応を見せてほしかったが、前半が少し速くなったからだろう。追い切りでパッとしないのは非力だからで、芝の走りはいい」と福永騎手。

4枠8番 デンコウアンジュ

inyofu デンコウアンジュが好調をアピールした。最終追いはポリトラックコースで単走。5F64秒9~1F11秒4と切れ味を披露した。 佐藤助手は「ゴール前だけ追いました。上々の反応で、思った通り。雰囲気は前走と変わらないけど、力が付いてきてます」と成長を感じ取っていた。

5枠9番 クロコスミア

inyofu 最終追いは坂路単走。調教開始から3時間以上たち、見た目にもモコモコとした馬場だったが、意に介することなく力強いフットワークで駆け上がった。軽く気合をつけられる程度だったため、時計はいかにも地味な4F56秒3~1F13秒2。それでも西浦師は納得の笑みを浮かべた。「今日は調整程度。先週併せ馬でやっているし、下が悪いから無理をしたくなかったんで。とはいえ、動きは良かった。時計うんぬんじゃなくて、はじける感じがありましたから」

5枠10番 ビッシュ

inyofu ビッシュ(牝、鹿戸)は静かに最終調整を終えた。12日、戸崎騎手を背に美浦ウッドチップで5ハロン68秒3-13秒4の時計をマーク。 アンテレクテュエル(3歳500万)を4馬身先行させ、直線は馬体を並べて集中力を高めた。「順調にきています。反応を見る程度でいいという指示で感触を確かめましたが、手応えは十分でした」と鞍上はうなずいた。

6枠11番 フロンテアクイーン

inyofu フロンテアクイーンはCWコース併走で最終追い。先行するアドマイヤプリヴ(2歳新馬)を楽々とかわすと、追ってきたアドマイヤキズナ(3歳1000万)をしのいでフィニッシュ。終始馬なりで6F83秒3~1F12秒8を刻んだ。椎本助手は「時計は予定より速くなったけど、楽に動けていた。状態いいですね」

6枠12番 ウインファビラス

inyofu ウインファビラス(牝、畠山)は12日、美浦ウッドを5ハロン69秒0-12秒9で駆け抜けた。 新馬2頭を3馬身追走し、直線で松岡騎手が促すと内からジワジワと伸びて、中のエアラコメットと併入し、外のディスカバーには2馬身先着した。松岡騎手は「しまいは伸ばした。体もしっかりして成長を感じる。一発狙うよ」

7枠13番 ワンダーピルエット

inyofu 追い切りは小牧が騎乗、坂路で4F53秒8~1F12秒5。「いつも通りの調整。芝コースに入れたけど“感触は悪くない”と言ってました」と話した。

7枠14番 ミエノサクシード

inyofu ミエノサクシードは詰まった間隔を考慮して軽めの調整。最終追いは川島を背にCWコースで上がり重点に6F87秒1。全体時計こそ目立たなかったが、それでもラスト1Fは馬なりで12秒1と非凡な瞬発力を見せた。 「落ち着きがあって出来も変わらず。いい状態を維持できています」と川島。

8枠15番 カイザーバル

inyofu カイザーバル(角居)はCウッドで単走追い。馬なりで4ハロン52秒4-12秒2を計時し、素軽い動きを披露した。 「今日はサラッと体調を整える程度。順調にきていると思います」と岸本助手。2000メートルは初めてだが、成長した今ならクリアできないか。「今回は京都の内回りで流れるだろうし、折り合いの心配もいらないはず。いい勝負してくれるのでは」

8枠16番 ダイワドレッサー

inyofu ダイワドレッサー(牝、鹿戸)は12日、僚馬ビッシュの直前に調整を行った。 川須騎手を背に美浦ウッドでマーベラスワン(新馬)を2馬身追走し、内から併入した。時計は4ハロン55秒3-13秒3と抑えめだが、手応えは終始楽なまま。鹿戸師も「最後だけやる気を出させてほしい、という指示。言うことないね」と好感触

8枠17番 ネオヴェルザンディ

inyofu ネオヴェルザンディは坂路でポンテファブリチオ(500万下)を相手に4ハロン52秒6-12秒4で馬なり併入。後半の時間帯にもかかわらず、しっかりとした脚取りで雰囲気も上々だ。「けいこは予定通りで動きも良かった。先行力と立ち回りのうまさを生かしたい」と鹿戸調教師。

8枠18番 キンショーユキヒメ

inyofu オークスでは5分の1の外れを引いて除外となっただけに、中村師は「ようやく出られるよ。もう勝ったような気分だね」と破顔一笑だ。 CWコースでの最終追いは、全くの馬なりで4F54秒6~1F12秒0。「オークスの時は攻め過ぎたかな。今回はあえてあまりやらなかったけど、前走を使って上積みはあるからね」

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu ヴィブロス 牝3 55 福永祐一 13日栗坂良:54.0-39.7-13.0:馬也

ウインファビラス 牝3 55 松岡正海 12日南w良:   69.0-53.3-38.7-12.9:馬也

エンジェルフェイス 牝3 55 浜中俊 13日栗C良:83.5-68.1-53.5-39.3-12.3:強め

カイザーバル 牝3 55 四位洋文 13日栗C良:52.4-38.6-12.2:馬也

キンショーユキヒメ 牝3 55 *松若風馬 13日栗C良:54.6-38.8-12.0:馬也

クロコスミア 牝3 55 岩田康誠 13日栗坂良:56.3-40.8-13.2:馬也め

ゲッカコウ 牝3 55 *和田竜二 12日南w良:74.5-58.2-42.7-14.4:馬也

ジュエラー 牝3 55 M.デム 12日栗ポ良:62.2-48.1-35.2-11.2:一杯

ダイワドレッサー 牝3 55 *川須栄彦 12日南w良:55.3-40.9-13.3:馬也

デンコウアンジュ 牝3 55 内田博幸 13日栗ポ良: 64.9-50.3-37.0-11.4:強め

ネオヴェルザンディ 牝3 55 *松山弘平 12日美坂良:52.6-38.2-12.4:馬也

パーシーズベスト 牝3 55 *ルメール 13日栗坂良:53.8-39.8-13.2:強め

パールコード 牝3 55 川田将雅 13日栗芝良:65.4-50.6-36.3-11.6:馬也

ビッシュ 牝3 55 戸崎圭太 12日南w良:68.3-52.9-39.3-13.4:馬也

フロンテアクイーン 牝3 55 蛯名正義 13日栗C良:99.8-67.8-52.9-38.8-12.8:馬也

ミエノサクシード 牝3 55 川島信二 13日栗C良:87.1-70.2-54.4-39.9-12.1:馬也

レッドアヴァンセ 牝3 55 武豊 13日栗坂良:53.4-39.5-12.6:一杯

ワンダーピルエット 牝3 55 小牧太 13日栗坂良:53.8-38.6-12.5:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬

◎パールコード
 ジュエラー
 デンコウアンジュ
 ミエノサクシード
 ビッシュ

特にパールコードは、前走は休み明けでピリっとした追い切りではなかったが、今回は月曜、一週前と好タイム。脚の回転が速くなって躍動感が増した印象だ。明らかに上積みが見込めるので、前走とは別馬として見た方がよさそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line