TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太【10月16日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太【10月16日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

日曜日は牝馬三冠戦の最終戦・秋華賞が京都競馬場で行われますね。
今年は、当コラムを代表する“勇者”4人が、それぞれチャンスのありそうな馬とコンビを組んでGI獲りを狙います!

さて、地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
秋華賞当日にピックアップしたいのは、当コラムのエース・戸崎圭太騎手。
それでは、さっそく日曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう・・・と思いましたが、何と!この日は騎乗数が2鞍のみという少数精鋭ではありませんか。。
※この日の京都競馬は比較的頭数の少ないレースが多いため

これでは、せっかく記事を読みに来た人に申し訳ない?ということで、今回は特別に同じく秋華賞にデンコウアンジュとのコンビで挑む内田博幸騎手の騎乗馬についても、一緒にジャッジしていくことに致しましょう!


----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■京都11R・◎ビッシュ、戸崎騎手

前走の紫苑Sでは、休み明けプラス4キロで中身、息ともにひと息だったが、3コーナーからひとマクりで完勝。
それほど強い相手がいなかったとはいえ、オークス3着馬がひと夏を越して着実に力をつけてきた印象だ。
今回はGIとはいえオークス1、2着馬が揃って不在。さらには桜花賞馬も精彩を欠いているとあれば、実績的に見てもこの馬が堂々と主役を張れていい。
初の長距離輸送だけが最大の難関だが、これを克服できれば晴れてGI馬の仲間入りが出来そうだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■京都8R・▲メイプルレインボー、内田騎手

ピリっとした脚のない馬だが、動かせる内田騎手とは手が合いそうだ。

----
■京都9R・△ロジセンス、内田騎手

父がアメリカのダート血統なだけに、新馬戦を勝ったとはいえ芝で巻き返せるかは微妙なところだ。

----
■京都11R・▲デンコウアンジュ、内田騎手

クラシックではいつも不利を受けているイメージで、スムーズな競馬が出来ていない。
難しいコースだが位置取りさえ間違えなければ、チャンスは十分にありそうだ。

----
■京都12R・○ウィッシュハピネ、戸崎騎手

スマートアヴァロン、エイシンバッケンといった有力馬に差しタイプが多く、先行粘り込みが期待できる。

----
それでは、秋競馬も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line