TOP > 競走馬 > 「カフジプリンス」体調はいい!成長を感じる【新潟記念】
競走馬

「カフジプリンス」体調はいい!成長を感じる【新潟記念】

今年のダイヤモンドステークスで3着と好走を見せたハーツクライ産駒のカフジプリンスが新潟記念に出走する。未勝利を勝ってからは一貫して2200m以上のレースを使ってきたが、前走の小倉記念からステイヤー路線からの転換で5着とまずまずの結果を残した。引き続き2000mのレースでどのような走りを見せてくれるのか、そんなカフジプリンスについてまとめてみた。
カフジプリンス

【メトロポリタンS】反応の鈍さを見せ4着に敗戦

このレースでは、鞍上の岩田騎手はスタートから押して気合をつけてレースに挑んだ。序盤はカフジプリンスもそれに応えて3番手につけてレースを進めたが、3、4コーナーでこれまでも見せていた反応の悪さを露呈し、直線では他馬よりも仕掛けに時間を要する。序盤の先行を活かし粘りを見せるが、最終的には外から来た馬に交わされ4着に敗れた。
動画を見る
inyofu 4着 カフジプリンス(岩田康誠騎手) 「今日は意識的に前へ行きましたが、ペースが速くなったときにワンテンポ遅れてしまいました。伸びてはいるのですが、少し時計が掛かるような馬場のほうが良いかもしれません」

【目黒記念】直線伸びきれず7着に

今回も岩田騎手がスタートから押していくが、前走のように前には行かずに中団につけて追走する形になる。3、4コーナーでも反応が悪く、徐々に位置取りが下がると、直線でも前の馬を捉えきることができずに7着に敗れた。
動画を見る
inyofu 岩田騎手(カフジプリンス=7着)「前が止まらない流れでペースも速かった」

【小倉記念】距離短縮で復調気配を見せる!

スタートから出ムチが入り、押して押してポジションを取りにいき、中団馬群の真後ろ辺りを進んでいく。勝負所では盛んに鞍上の手が動きながら直線コースへ。馬群の中からジリジリと伸びて5着。
動画を見る
inyofu 中谷騎手(カフジプリンス=5着)「出していってあの位置。3、4角でズブさを見せたが、短い直線で追い上げてくれた。ただ、時計の速い決着は厳しい」

【新潟記念】直前情報 左回りはスムーズ!

inyofu サマー2000シリーズは小倉、札幌の両記念を消化し新潟記念で最終戦。新潟は小倉や札幌とコース形態が違う。小回りから直線の長い舞台へ。小林はカフジプリンスに注目した。エンジンのかかりが遅いタイプでこのコースがいかにも向きそう。甲斐助手に話を聞いた。
inyofu 「レースがうまいタイプではないですからね。左回りは多少ズブくはなるけどスムーズ。左回りの2000メートルはいいと思う」
inyofu 「全体的に体がしっかりとしてきたし、日頃の歩きなんかも良くなっている。もう少し走れそうな感じはあります」

最近のレースではスタートから気合を付けられてポジションを取りに行っていたが、今回は末脚がモノを言う舞台で位置取りにはそこまでこだわることなく、末脚に懸けて直線勝負できれば重賞制覇の可能性はある。エンジンのかかりが遅さに新潟の長い長い直線が味方してくれることを願うのみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line