TOP > コラム > 全力一点少年=素イチスイッチ【10月23日版】
コラム

全力一点少年=素イチスイッチ【10月23日版】

全力一点少年=素イチスイッチ
こんばんは、2号です。

土曜は3鞍全て、◎か○のどちらかが連対しているのに、もう片方が大敗という不的中。
ちょっと穴っぽいところを狙った自覚があった新潟メインはともかく(まぁ逆連対、つまり下から2位の大惨敗とは流石に思いませんでしたが)、新潟3Rは狙いの2頭が1着と逆1着、京都6Rは2着と逆3着。すがすがしいほどの外れっぷりでした!

新潟3Rは狙いの片方が2番人気で勝ったものの、単勝1.3倍だったもう片方は心房細動を発症し最下位・・・・・という内容でしたが、3着が15頭中10番人気、2着が何と最低人気馬。複勝1万3620円というなかなかお目に掛かれない配当で、歴代4位の高額複勝記録だったそうです。

富士Sも◎ロードクエストで華麗に撃沈しましたし(詳細は馬券のカリスマにて!)、菊花賞の本命は大丈夫なんでしょうか。結構自信はあるものの、同じぐらいの自信度だった新潟3Rやロードクエストの件があるので心配です。
これは日曜の1点勝負で的中を収めるしかないですね!


というわけでまずは

京都5レース
◎8ライオネルカズマ
○7ベストアプローチ

『菊花賞当日の京都芝の新馬戦』は、かつてアンライバルド・リーチザクラウン・ブエナビスタ・スリーロールスが揃ってデビューしたり、ローズキングダムとヴィクトワールピサがワンツーを決めたりして『伝説の新馬戦』と呼ばれました。当時は1800m、今年は2000mですが、これらの伝説を意識したかのようにトゥザヴィクトリーの産駒・トゥザクラウンが出陣・・・・・するものの調教がサッパリ。
とはいえ多分1番人気になると思うので、純粋に『調教が良かった2頭』を狙ってみようと思います!

ワイド7-8の1点勝負!


続いて

京都10レース
◎12クードラパン
○4ドラゴンストリート

ハンデ戦だった前走からは2キロ禁猟が増えますが、内容的に大きな前進が見えた◎クードラパンと、距離短縮で安定感が出てきた○ドラゴンストリート。ちなみに◎クードラパンは『尻尾が短い馬』としても有名なので、パドックなどでぜひチェックしてみてください!
(たまに付け毛で増毛していることもあるそうなので、今回絶対に短いとは限りませんが)

ワイド4-12の1点勝負!


最後に

東京11レース
◎8アポロケンタッキー
○4ドコフクカゼ

8枠にまるで海外から遠征してきたかのような戦績の馬がいますが、3歳馬の長期遠征明け初戦で55キロは流石にどうなんでしょう。今回は人気で飛ぶんじゃないかと見ています(逆に勝ったら物凄い馬です)。
ただし実力馬が比較的順当に来るレースではあるので、東京ダ2100mで抜群の安定感を誇る◎アポロケンタッキーと、昨年の覇者○ドコフクカゼはハンデが重めでも狙います!

ワイド4-8の1点勝負!

日曜日の素イチ勝負は以上です!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line