TOP > 競走馬 > 【2015年安田記念】遠征行って完全復活! 思い出の地でGI3勝目を!! リアルインパクト
競走馬

【2015年安田記念】遠征行って完全復活! 思い出の地でGI3勝目を!! リアルインパクト

2011年の当レースで初重賞制覇&初GⅠ制覇を達成した本馬。その後不振に喘いでいた時代もあったが、昨年12月に行われた阪神カップで1年ぶりの重賞制覇を飾ってからは海外GⅠに挑戦し、ジョージライダーステークスで優勝。ドンカスターマイルでも2着に入り完全復活したといえよう。そんなリアルインパクトの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

【2015年安田記念】昨年とは違う!

以下は橋本助手へのインタビューでのコメント
inyofu 「(オーストラリアから帰国して)着地検疫後はすぐに時計を出している。気持ちが途切れずに状態は良好。体に張りがあるし、競馬ぶりも安定してきた。13着に敗れた昨年とは臨戦過程が全然違う」
先週ドゥラメンテで牡馬クラッシック2冠を達成した関東の名門・堀厩舎だが、今週もこのリアルインパクトをGⅠの舞台へ送り出す。コメントにもあるように、昨年は高松宮記念からの直行ローテで力を出し切れなかったということだろう。コメントからも陣営の自信が伝わってくる。オーストラリア遠征で一皮剥けた本馬が再び安田記念のタイトルを手にすることも十分考えられるだろう。

【2011年安田記念】早め先頭から押し切り、3歳馬初の安田記念制覇を達成!!

1勝の3歳馬という立場で臨んだ当レースであったが、好位から早めに先頭に立つと最後は後方から脚を伸ばしたストロングリターン、スマイルジャックなどの追撃を凌ぎ切り、初GⅠ制覇を達成。公営所属の鞍上戸崎騎手にとってもこれが初中央GⅠ勝利。また、グレード制導入後では初めての3歳馬での安田記念制覇となった。
以下はレース後の鞍上戸崎圭太騎手のコメント
inyofu 「道中もいいリズムで走れたし、馬の邪魔をしないように心掛けました。ラストで後続の足音が聞こえてきても、手応えがあったので辛抱してくれると思いましたよ。古馬との4キロ差も大きかったですね」

【2014年安田記念】展開、馬場にも泣かされ...13着に大敗

いつも通りの先行策でミッキーアイルの2番手を追走。しかし極悪馬場に脚を取られる。直線に向くと前は総崩れ。本馬も例外ではなくズルズルと下がってしまい13着に大敗。見せ場を作れなかった。
http://www.youtube.com/watch?v=Ok27Kx6Bu2Q
以下はレース後の鞍上戸崎圭太騎手のコメント
inyofu 「4コーナーでノメり始めました。馬の感じは悪くなかったです」

【2014年阪神カップ】変幻自在!今回は差す形で連覇達成!!

いつもは2番手、3番手のイメージのリアルインパクトだがこの日はハクサンムーン、ミッキーアイル、コパノリチャードなど快速馬を行かせて先行勢の後ろで待機。直線に向くと前を行ったコパノリチャードが粘ったがジリジリと差を詰めて最後に捉え切り、当レース連覇を達成した。
http://www.youtube.com/watch?v=Tm8ZDqR6iy0
以下はレース後の鞍上ウィリアム・ビュイック騎手のコメント
inyofu 「昨年勝ったこのレースをDVDで見て、しぶとい馬だなという印象でした。先週(この馬に昨年乗っていた)ムーア騎手からこの馬のことをいろいろと聞いて勉強できたので、悩まず思い切って乗れました。昨年より相手は強そうでしたし、ペースにどう対応するかがカギだと思いましたが、好位の外目で辛抱強く走ってくれて、最後も諦めずよく伸びてくれました」

【ジョージライダーS】海外でG12勝目!ハナ差の接戦を制す!

初の海外でのレースに出走したリアルインパクトだが、この地で快挙を成し遂げた。先手を奪ったリアルインパクトは直線で内から迫ったクライテリオンと壮絶な叩き合いに。一度は前に出られたが、最後は差し返してハナ差で制した。優勝タイムは1分28秒29。マクドナルド騎手とのコンビで約4年ぶりのG1勝利を挙げた。
inyofu 「休み明けだった分、最後グンと伸びることはなかったけど、よくしのいでくれた。力のある馬ですね」と語ったのは騎乗したマクドナルド騎手。
inyofu また、ノーザンファーム関係者は「八分くらいの仕上がりのつもりだったけど勝てた。叩かれてさらに良くなる次走が楽しみになりました」と笑顔で語った。

今回2013年の中山記念以来に内田博幸騎手とのコンビが再結成される訳だが、先行して粘り込む競馬が板についてきた今なら、腕っ節の強い内田騎手以上に合っている騎手はいないだろう。今週も堀厩舎の勢いは止まらない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line