TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太【10月30日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太【10月30日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
秋競馬前半戦のクライマックス・天皇賞(秋)当日にピックアップしたいのは、当コラムのエース・戸崎圭太騎手。
ルージュバックは、デビュー以来ほぼ全レース(全11戦中10鞍)で手綱を取っているお手馬中のお手馬。
これまでGIはコンビで4度挑戦して、昨年のオークス2着があるものの、すべてで人気を下回る結果に終わっているだけに、戸崎騎手としても何とか結果を出したいところでしょう。

『人気先行』からの脱却!
牡馬混合の最高峰レースを制すことが出来れば、これまでの人気先行のイメージは払拭できるでしょうね。

そして!戸崎騎手自身には、来週の木曜日に行われる地方競馬の祭典・JBCへと弾みをつけてもらいましょう。


それでは、さっそく日曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います!
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

----
■東京11R・◎ルージュバック

今年の宝塚記念を制したのが牝馬マリアライトだったように、古馬の中距離TOP層は牡馬がそれほど強力ではない。
スイープトウショウが宝塚記念を制した2005年も、天皇賞(秋)は牝馬のヘヴンリーロマンスが優勝しているように、今年も牝馬の天皇賞制覇は十分にありえそうだ。
ルージュバックは前走の毎日王冠を快勝してはいるものの、その時の状態は休養前のエプソムCよりもいまひとつだったという話。
ここに来ての状態アップは間違いなく、連勝の勢いを持ってすれば牡馬14頭を従えての先頭ゴールも可能なはずだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■東京1R・◎ラユロット

少し間隔が空いたが、これまでの成績からは上位の存在。

----
■東京5R・▲スカイノーヴァ

素軽さのあるキビキビした走りをする馬だが、もう少し乗り込んでからか。

----
■東京6R・〇リヴィエール

休み明けのほうがいいタイプで、2走前だけ走ればチャンスがありそうだ。

----
■東京7R△・ポルトドレーヴ

前走を見る限りクラス慣れをした感があるが、ここは人気馬2頭が強い。

----
■東京8R・▲プリンセスロック

前走1000万下組はワンミリオンス以外は低調なメンバーで、ここは昇級組にもチャンスはありそう。
ただ、距離1600mはが1ハロン長い印象で、勝ち切るまでは厳しいか。

----
■東京12R・〇クインズサターン

3歳の素質馬が揃ったレースだが、実績上位の4歳馬オールマンリバーを含めて上位拮抗ムード。
ここを勝てるようだと、今後が楽しみになる一戦だ。

----
それでは、秋競馬も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line