TOP > 競走馬 > 「ラニ」行きっぷりよし!体調も上向き【チャンピオンズC】
競走馬

「ラニ」行きっぷりよし!体調も上向き【チャンピオンズC】

今春ドバイで行われたUAEダービーを制し、アメリカの3冠レースに出走したラニ。アメリカの3冠レースでも、9着、5着、3着と叩き良化型を示した。切れる脚はそこまでないもののばてない末脚が持ち味のラニ。前回は13着に大敗してしまったが、今回は叩き3戦目でさらなる良化が見込める。そんなラニについてまとめてみた。
ラニ

【ベルモントS】スタミナ生かして3着に健闘!

アメリア3冠レースの最後のひとつベルモントステークス。ラニは最後方からレースを進めると向正面から徐々に捲り上げ直線コースへ。最後までしぶとく脚を使うも3着となった。
動画を見る
以下はレース後の武豊騎手のコメント
inyofu 3着 ラニ(武豊騎手) 「馬のコンディションも非常に良く、いいレースでした。直線を向いて勝利を意識する瞬間があった程で、悔しい気持ちも感じています。アメリカのタフな3冠レース全てに参加し、しかも3つのレースの中で、進歩しながら3冠レースを盛り上げたラニは素晴らしいと思います。このような貴重な経験をさせていただき、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝しています」

【ブラジルC】持ち味生かして3着!

横山典弘騎手がミツバで大逃げを決めたブラジルカップ。最後までばてないしぶとさを発揮して3着に差し込んできた。
動画を見る
以下はレース後の内田騎手のコメント
inyofu 3着 ラニ(内田博幸騎手) 「追い切りもそれほどやっておらず、今日は砂をびっしり被せる競馬をして、それで3着まで来るのですから、やはり力があります」

【みやこS】見せ場作れず

好スタートを切るも行き足がつかずいつものように後方からレースを進める。3コーナーから勢いをつけてまくろうとするもエンジンがかかりきらず、13着に敗れてしまった。
動画を見る
以下はレース後の内田騎手のコメント
inyofu 13着 ラニ(内田博幸騎手) 「いつもそんな感じですが、スタートで出て行きませんでした。今日は久しぶりの右回りで東京コースよりもカーブがきつく最後までエンジンが掛からないまま終わってしまいました」

【チャンピオンズC】関係者も巻き返しに期待!

inyofu ラニ(牡3)はいつも通り、馬影の少ないEコースでキャンター。「順調。前走(みやこS13着)は右回りというのを分かっていなかった感じ。今度は左回りなので」と兄弟ともに担当する同助手は巻き返しを期待する。
inyofu 相手も強くなりますし、とくにアウォーディーは連勝していますし。もちろん、アウォーディーには連勝して欲しいんですけれど。なんとか、兄貴のアウォーディーを負かして欲しいですね。
inyofu 時計は6F72.1~5F59.0~4F46.9~3F35.5~1F12.0秒。いくら水分を含んで、時計の出やすいダート馬場だとはいえ、レース並みの数字には驚くばかり。

前走のみやこステークスでは大敗をしてしまったが、良績の集まる左回りで叩き3戦目と好材料は揃っている。巻き返し必須の一頭だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line