TOP > 競走馬 > 「キョウエイギア」叩いて上昇!抜群の先行力が最大の武器!【みやこS】
競走馬

「キョウエイギア」叩いて上昇!抜群の先行力が最大の武器!【みやこS】

今年の3歳ダート世代では上位に位置するキョウエイギア。ジャパンダートダービーでは、ケイティブレイブやユニコーンS勝ちのゴールドドリームなどを相手に完勝して見せ、一躍この馬の名を広めた。前走シリウスSでは8着と敗れたが、そこからの上積みはあるのか。そんなキョウエイギアについてまとめてみた。
キョウエイギア

【鳳雛S】直線でクビ差凌ぎ切り勝利!

前走青竜Sからの連闘となったキョウエイギア。スタートはまずまずながらも、一気に上がっていき好位につける。道中3番手で最終コーナーを回り直線に入ると、前を行く馬をきっちり捉え、内から伸びてきたマイネルバサラをクビ差退けた。連闘ではあったが疲れを感じさせない鮮やかな勝利だった。
動画を見る
inyofu 1着 キョウエイギア(松若風馬騎手) 「1コーナーから2コーナーにかけてペースが遅く、手綱を引っ張るような形になりましたが、ペースが流れてからは折り合って走りました。直線では手応えよりもしぶとく伸びてくれました」

【ジャパンダートダービー】強敵相手に4馬身差の完勝!

前述のように、ゴールドドリームを筆頭にダート3歳世代の有力馬が揃って出走することになったレース。スタート良くゲートを出ると、好位につけてレースを進める。逃げるケイティブレイブが坦々としたペースでレースを作り、直線迎えるとキョウエイギアは外に持ち出した。あっさりとケイティブレイブを差し切ると、あとは後続を突き放して4馬身差をつけての完勝。強敵相手にかなりの力があることを見せつけた。
動画を見る
inyofu 1着 キョウエイギア 戸崎圭太騎手 「勝ててよかったです。この馬のレースは見ていましたし、どこからでもレースができると思っていたので、自信を持っていました。行く馬もいたので、その後ろからというつもりで乗りました。終始、手応えもよかったです。最後も反応良く伸びてくれました。大井コースも難なくこなしてくれましたし、この相手でも強いレースを見せてくれました。今後が楽しみです。矢作調教師にも、オーナーにも大井でお世話になっているので、勝てて嬉しく思います」

【シリウスS】直線伸びを欠き8着に敗れる……

秋初戦であり、古馬と初対戦することになったレース。この日もスタート良く先行すると、道中は2番手あたりでレースを進める。4コーナーから押して行くが、直線を迎えると失速。後続に次々と差され8着と、悔しい敗戦となった。
動画を見る
inyofu 8着 キョウエイギア(M.デムーロ騎手) 「久々ですからね。いいスタートを切ってくれましたが、スローな流れで前に壁を作れませんでした。次は問題ありません」

【みやこS】直前情報!叩き2戦目で気配上々!

キョウエイギアは2日、栗東坂路で追い切りを行った。
inyofu キョウエイギアは坂路で単走。4ハロン52・2―12・3秒の好時計をマークした。久々を叩いたことで素軽さが出て好調時の動きが戻ってきた
inyofu 武村助手「前回(シリウスS=8着)は息の入らない流れだった。背丈が伸びて馬は成長している。叩き良化型で今回はもっと動けるはず」

【みやこSの傾向】先行馬の絶対有利!

ほとんどのレースでスタート良く好位につけて競馬するキョウエイギア。そんなキョウエイギアにとってみやこSはかなりの好条件だ。過去6年では、2、3番手につけた馬が(4-1-2-12)と3着以内に36.8パーセントも来ている。キョウエイギアの先行力ならば今回もそのあたりでの競馬は間違いなく、前走よりも良い走りに期待ができそうである。
inyofu 過去6年の出走馬の成績を、前走の4コーナーの位置別に調べると(前走が地方競馬場のレースだった馬を除く)、「2、3番手」組が好走率でトップの数値をマークしている。

ジャパンダートダービーの走りを思えば、前走の敗退のままで終わっていいはずも、終わるはずもなく、今回が試金石の一戦となるだろう。春も叩いて良くなってきただけに、今回も前走と比べればかなり期待できる。抜群の先行力で、今では珍しくなった青森産馬の重賞制覇となるか。注目してみたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line