TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2016年10/31(月)~11/6(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2016年10/31(月)~11/6(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2016年10/31(月)~11/6(日)版。
先週はこちらの9ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、門別(火〜木)、盛岡(月、土日)、川崎(月〜金)、金沢(火、日)、名古屋(月〜水、金)園田(火〜木)、高知(土日)、佐賀(土日)
馬キュレ

2016年10/31(月)~11/6(日)の3連単最高払戻金額は?

先週は高知競馬場での1,001,980円が最高配当であった。
2016年11月5日(土)、高知競馬場で行われた『中平ダイヤモンド特別C2-3』で、1~3着が3、9、2番人気馬で決着し、3連単の払戻金が101万1980円となった。

怪物コスモスが初戦を圧勝!

inyofu 夢の英国ダービー挑戦へ、評判通りのパフォーマンスで勝ち上がった。ビッグレッドファーム代表の岡田繁幸氏が所有するコスモス(牡2歳、父フリオーソ、川崎・河津裕)が4日の川崎競馬2Rでデビュー。圧倒的な強さを披露した。

 単勝1.5倍の1番人気。1番枠から先手を奪い、3角過ぎから後続との差を広げにかかると、直線では独走状態。2着馬に9馬身差をつけ、ダート1400メートル=1分31秒6のタイムで初陣を飾った。
怪物と名高いコスモスが圧勝で初戦を飾った。英国ダービーを目指すとのことで期待は高まる一方である。

1日あたりの売得金額 地方競馬歴代1位の記録を更新!

inyofu 第16回JBCが行われた3日の川崎競馬場全体の売得金額は、48億7402万2850円となり、地方競馬史上歴代1位となった。また、JBCクラシック、JBCレディスクラシックの売得金額はそれぞれ、去年の大井開催時を上回り、レース史上最高記録を更新した。

JBCレディスクラシック 連覇!ホワイトフーガ

inyofu 好位でレースを進めた蛯名正義騎手騎乗の1番人気ホワイトフーガ(牝4、美浦・高木登厩舎)が、直線入り口で先頭に立って、今回初ダートで4番人気の芝GI馬レッツゴードンキ(牝4、栗東・梅田智之厩舎)を1.1/2馬身振り切り優勝した。勝ちタイムは1分41秒3(重)。
inyofu 【蛯名正義騎手のコメント】
枠順もスタートも良かったので、いい位置につけられました。(3~4コーナーで)外に出せたので、ここだったらいつでも大丈夫だなと思って直線に向きました。今日は非常に落ち着いていて、返し馬からも状態の良さが感じ取れたので、心強かったです。
動画を見る

JBCスプリント G1初勝利!ダノンレジェンド

inyofu 押して先手を取ったM.デムーロ騎手騎乗の3番人気ダノンレジェンド(牡6、栗東・村山明厩舎)が、そのまま後続を寄せつけずに逃げ切り、2着の1番人気ベストウォーリア(牡6、栗東・石坂正厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分27秒2(重)。
inyofu 【M.デムーロ騎手のコメント】
 とても嬉しいです。本当に強い馬です。前走はコーリンベリーからかなりプレッシャーを受けて馬が嫌がっていましたが、今日は内枠で、隣枠もテンが早いタイプではなかったので、自分のペースで走れました。おかげで最後まで伸びてくれました。
動画を見る

JBCクラシック 次は中京でアウォーディー!

inyofu  ダート界に新たなチャンピオンの誕生だ。ダートに転向してから怒濤の6連勝。アウォーディーが文句なしの内容で新旧交代を宣言した。

 3コーナー手前で2番手から先頭に立った3年前の覇者ホッコータルマエに、3連覇を狙うコパノリッキーが続く。さらにその外から上昇を開始。4角手前で“3強”が後続を離して競り合うシーンに2万8000人を超える大観衆がドッと沸いたが、そこからアウォーディーだけが脚色が違っていた。

 勝利の瞬間、武豊は右手で小さくガッツポーズ。「強い2頭に離されないように乗った。なかなか先頭に立ちたがらないので、そのタイミングだけ気をつけていた。一戦ごとに強くなっているね」と笑顔で振り返った。
動画を見る
ダートに転向してとにかく勝ちまくっているアウォーディー。新王者の誕生に競馬界が湧いている。

親子対決実現!

inyofu 1日の川崎11Rに、坂井英光騎手(大井所属)、坂井瑠星騎手(JRA所属)が騎乗。普段は地方と中央で所属が異なるため、対戦する機会はないが、瑠星騎手の地方参戦にあたり、初の親子対決が実現する。

 父の英光騎手は1995年に南関東でデビュー。通算1919勝(10月31日現在)を挙げるほか、2000年代後半にはJRAにも積極的に参戦するなど、大井の主力ジョッキーとして活躍。一方の瑠星騎手は2013年にJRAの競馬学校に入学。卒業後の今年3月に騎手デビューを果たすと、1年目から20勝(10月31日現在)を挙げるなど、健闘を見せている。

今週は今後が楽しみな怪物コスモスと、新ダート王者として開花したアウォーディーのニュースが特に目立った。また坂井英光・瑠星騎手の夢の親子対決が実現した川崎競馬場は大いに盛り上がったようである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line