TOP > 競走馬 > 「ヒルノマテーラ」末脚生かして大舞台に挑む!【エリザベス女王杯】
競走馬

「ヒルノマテーラ」末脚生かして大舞台に挑む!【エリザベス女王杯】

今年1000万クラスに昇級してからは、3着・1着・4着・2着・1着と重賞でも崩れることなく堅実に結果を残してきたヒルノマテーラ。3歳の秋のローズステークスではオークス馬ヌーヴォレコルトと差のない5着があるようにもともと高い能力を秘めていた馬がようやく本格化してきた印象だ。そんなヒルノマテーラについてまとめてみた。
ヒルノマテーラ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【パールS】直線追い込むも展開向かず

昇級初戦で臨んだパールステークス直線では後方から末脚を使って追い込んでくるも前残りの競馬で4着と人気どおりの競馬になってしまった。
動画を見る
以下はレース後の太宰騎手のコメント
inyofu 4着 ヒルノマテーラ(太宰啓介騎手) 「もう少しいい位置を取りたかったですが、思ったほど行けませんでした。それでも直線は長くいい脚を使ってくれましたし、このクラスでも十分通用します」

【マーメイドS】重賞でも2着に健闘!

3歳秋のローズステークス以来の重賞挑戦となったマーメイドステークス。3コーナーから外を勢いよく回ってくると直線では大外から一頭違う脚を使って追い込んで2着に食い込んできた。
動画を見る
以下はレース後の四位騎手のコメント
inyofu 2着 ヒルノマテーラ(四位騎手) 「元々、道悪はあまり良くないところがあるので、パンパンの馬場ならもっとやれたかもしれないという気持ちはあります。馬の状態もギリギリのところでした」

【カシオペアS】直線突き抜ける!

これまでに距離短縮で臨んだ5戦ではすべて4着以下に敗れていて、前走はマーメイドSて2着だったが、5番人気に甘んじた。しかし、1番人気のベルーフに次ぐ33.8の上がりを使って見事に差し切り、前走が斤量に恵まれたフロックではないことを証明した。
動画を見る
以下はレース後の四位騎手のコメント
inyofu 1着 ヒルノマテーラ(四位騎手) 「休み明けでしたが、いいレースをしてくれました。返し馬では大人しかったので、休み明けという感じがありましたが、ゲートが開いたらいい感じでした。4コーナーで、前は大丈夫だと思っていました。後ろに藤岡騎手の馬(ベルーフ)がいましたが、よく頑張って凌いでくれました。いい走りをしてくれました」

【エリザベス女王杯】追い切り後のコメント!

inyofu ヒルノマテーラは、坂路で4ハロン54秒1-12秒8。 昆師は「強くやるつもりはなかったので、予定通りの追い切り。前走は、あの仕上げで勝つとは思わなかった。トモの弱いところがあったけど、解消されてきたね。鞍上(四位騎手)もずっと乗ってくれているし、プラスアルファはありそう」と話した。

近走では重賞でも崩れない安定感が出てきていて、前走のカシオペアステークスではメンバーが揃ったがきっちりと牡馬相手に勝利をして本格化してきた印象を受ける。初のGI挑戦になるが、展開や乗り方次第ではチャンスは十分にありそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line