TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【11月13日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【11月13日版】

抱きしめて!ミスターP
引き続き、覆面馬主・データの8号です。

まずは土曜東京で活躍したミスターPを振り返りましょう!

1R・2着プレシャスクイン(バトルプラン)
2R・3着フォーティプリンス(フォーティナイナーズサン)
5R・3着スペリオルシチー(ルーラーシップ)
6R・2着スギノエンプレス(エンパイアメーカー)
9R・2着シゲルベンガルトラ(プリサイスエンド)
11R・1着タガノトネール(ケイムホーム)
11R・3着カフジテイク(プリサイスエンド)
12R・3着ダウトレス(プリサイスエンド)

今日はなかなか勝ち馬が出なかった東京のミスターPですが、メインでタガノトネールがレコードの逃げ切り。田辺くんの巧みな騎乗でしたね!


ということで、日曜東京で気になるミスターPをご紹介します!


■ロードアルティマ産駒
東京1R・⑫グロースアルティヒ
このレースは15頭中12頭がサンデーサイレンス系。一方、ミスターPは1頭のみ。こういったレースですから特にグロースアルティヒに頑張ってほしいところです。ちなみにゲートが遅くいつも後ろからの競馬ですが、終いは伸びてきますし、馬も一戦毎に状態はよくなっているそうです。デビュー4戦目のここで、ようやく本領発揮かもしれません。穴っぽい意味でも期待している一頭です。


■ミッドナイトルート産駒
東京2R・⑩オルファリオン
父ミッドナイトルートは日本では馴染み薄いですが、07年と08年のBCスプリントを連覇。ファピアノ系のミスターPです。父はバリバリの北米血統でしょう。オルファリオンも米国生まれですね。そして、そのオルファリオンは初戦の芝で10着。二戦目の前走はダートで14着。常識で考えれば今回も狙えそうにありません。ただ、何でも前走までは馬体が緩かったそうですし、デキ自体も今一歩だったとか。それが今回は状態も上向き傾向。そもそもこのクラスは勝ち負けできるだけの力はあるようですし、状態さえまともなら好勝負になるはずです。ブリンカー着用の今回は、穴馬としての期待も含めて変り身を見込みます。

ということで、東京は以上!


抱きしめて!ミスターP~京都編~
抱きしめて!ミスターP~福島編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line