TOP > 予想/馬券 > 【マイルCS】主役不在の大混戦!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【マイルCS】主役不在の大混戦!?高配当の使者はこの馬だ!

近5年は1番人気の勝利がなく、リアルインパクト,ミッキーアイルの2頭は着外に敗れている。モーリス不在の今年は主役不在の大混戦だが、果たして結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

前走3着以内の馬を狙え!

2012年以降、前走の着順が3着以内だった馬は(2,4,3,15)で複勝率38%と好成績。好調をキープしてくる馬を狙いたい。
スワンSで2着に入ったサトノルパン。距離延長に課題は残るが、鞍上に絶好調のデムーロ騎手を確保できたのは心強い。この距離でも上手く脚を溜めることができれば、面白い存在だ。

中距離での実績に注目!

過去5年、馬券に絡んだ日本馬14頭中11頭は1800m以上の芝の重賞で3着以内の実績のある馬だった。マイルよりも長い距離で結果を残している馬を狙っていきたい。
前走の府中牝馬Sは、先週のエリザベス女王杯を制したクイーンズリングの2着だったマジックタイム。今年4月のダービー卿チャレンジトロフィーでは、安田記念を勝ったロゴタイプを負かしている。前走から距離短縮のローテでは(1,2,0,0)と連対率100%の成績。今回は牡馬相手だが全5勝を挙げている得意の距離なら、十分太刀打ち可能だろう。

4,5歳馬が強い!

過去10年の年齢別成績を見ると、馬券に絡んだ30頭中22頭は4,5歳馬だった。10年連続で連対し続けており、今年も4,5歳馬が中心となりそうだ、。
2走前の中京記念で重賞初制覇を飾ったガリバルディ。前走の富士Sは5着に敗れたが、超スローで先行馬有利な流れのなか、上がり最速をマークしている。今回はミッキーアイルの逃げでペースが流れるのは間違いなさそうで、差し馬向きの展開になればこの馬の出番があっても驚けない。

サトノアラジンが1番人気に支持されそうだが、2番人気以下はどうなるか分からないほど大混戦な今年のマイルCS。適度に人気が割れそうなため、意外な高配当を手にできるチャンスだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line