TOP > 予想/馬券 > 前走1秒以上負けは確実に消し!?【第33回マイルチャンピオンシップ】予想まとめ
予想/馬券

前走1秒以上負けは確実に消し!?【第33回マイルチャンピオンシップ】予想まとめ

2016年11月20日(日)京都競馬場で行われるGI【第33回マイルチャンピオンシップ】は3歳馬~古馬まで集結する秋のマイル王決定戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・マイルCS/人気データ
1番人気 (3-3-2-2)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (0-3-0-7)
4番人気 (3-1-1-5)
5番人気 (1-0-2-7)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(1-2-1-85)

・マイルCS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2006年/ 650円・ 5440円(1-3-8)
2007年/ 1870円・ 5000円(1-4-5)
2008年/ 990円・11700円(4-1-10)
2009年/ 6690円・20730円(1-14-2)
2010年/14240円・53970円(13-1-6)
2011年/12800円・38920円(5-11-4)
2012年/ 2520円・ 9230円(4-1-5)
2013年/ 1930円・ 2090円(2-3-1)
2014年/ 3890円・25760円(8-3-9)
2015年/ 1780円・ 2000円(4-2-1)

・マイルCS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-0-0-0)
2.0~2.9倍 (2-1-0-0)
3.0~3.9倍 (1-1-2-0)
4.0~4.9台 (1-1-0-5)
5.0~6.9倍 (1-3-0-9)
7.0~9.9倍 (1-2-3-4)
10.0~14.9倍(2-0-2-15)
15.0~19.9倍(1-0-1-21)
20.0~29.9倍(0-0-1-21)
30.0~49.9倍(0-2-1-27)
50.0~99.9倍(1-0-0-35)
100倍以上  (0-0-0-12)
inyofu ・マイルCS/馬齢データ
3歳 (0-0-1-35) 0.0% 0.0% 2.8%
4歳 (3-5-4-25) 8.1% 21.6% 32.4%
5歳 (4-4-4-42) 7.4% 14.8% 22.2%
6歳 (2-1-1-31) 5.7% 8.6% 11.4%
7歳上(1-0-0-16) 5.9% 5.9% 5.9%
inyofu ・マイルCS/枠データ
1枠(1-1-1-17)
2枠(1-1-1-17)
3枠(2-0-1-17)
4枠(2-5-0-13)
5枠(1-1-0-18)
6枠(1-0-1-18)
7枠(1-1-4-23)
8枠(1-1-2-26)

・マイルCS/馬番データ
1番 (1-1-0-8)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-1-0-8)
5番 (2-0-1-7)
6番 (0-0-0-10)
7番 (1-3-0-6)
8番 (1-2-0-7)
9番 (0-0-0-10)
10番(1-1-0-8)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-2-6)
14番(0-0-0-10)
15番(0-0-2-8)
16番(1-0-1-8)
17番(0-1-1-8)
18番(0-0-0-9)

・マイルCS/脚質データ
逃げ(0-1-0-9)
先行(3-2-1-31)
差し(6-5-6-63)
追込(1-2-3-46)
inyofu ・マイルCS/前走データ
天皇賞秋(4-1-1-14)
富士S(2-2-1-45)
スワンS(1-5-2-33)
スプリンターズS(0-1-1-5)
京都大賞典(1-0-0-1)
安田記念(1-0-0-4)
府中牝馬S(1-0-0-3)
毎日王冠(0-1-1-11)
秋華賞(0-0-0-6)
札幌記念(0-0-0-0)
新潟記念(0-0-0-0)
OP特別/1600万下(0-0-1-6)

・マイルCS/前走着順別データ
1着  (5-4-4-19)
2着  (0-2-1-14)
3着  (1-1-2-15)
4着  (0-0-0-15)
5着  (0-0-2-10)
6~9着(4-3-1-37)
10以下(0-0-0-39)

・マイルCS/前走着差データ
負け1.0秒以上(0-0-0-29)

・マイルCS/前走人気別データ
1番人気 (4-1-3-15)
2番人気 (1-3-2-16)
3番人気 (1-2-0-18)
4番人気 (2-1-0-16)
5番人気 (1-2-0-10)
6~9人 (0-1-3-32)
10人以下(1-0-0-36)
inyofu 前走・着順着差・前走人気
ローテ別では、前走天皇賞秋、富士S、スワンSが多い。

天皇賞秋だった馬は当日人気になった馬が良い成績。
人気薄はイマイチ…

×前走天皇賞秋だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-9)

穴馬の好走は富士S、スワンS組。

☆前走富士S
2014年1着ダノンシャーク (8番人気)
2013年3着ダノンシャーク (1番人気)
2011年1着エイシンアポロン(5番人気)
2010年2着ダノンヨーヨー (1番人気)
2009年2着マイネルファルケ(14番人気)

☆前走スワンS
2015年2着フィエロ     (2番人気)
2014年2着フィエロ     (3番人気)
2013年2着ダイワマッジョーレ(3番人気)
2012年2着グランプリボス  (1番人気)
2010年1着エーシンフォワード(13番人気)
2008年3着ファイングレイン (10番人気)
2007年2着スーパーホーネット(4番人気)
2006年3着シンボリグラン  (8番人気)

前走着順、前走着差データを見ると、
前走10着以下および前走着差1.0秒以上負けは
馬券絡みがなく割り引き。

×前走10着以下
(0-0-0-39)
×前走着差1.0秒以上負け
(0-0-0-29)

前走人気では…
前走10番人気以下は(1-0-0-36)で割り引き。
3着以内に来た1頭は…

2012年1着サダムパテック  (4番人気)

当日人気になれば…

×前走10番人気以下且つ当日5番人気以下
(0-0-0-34)
inyofu (マイルチャンピオンシップデータまとめ)
○単勝オッズ3.9倍以内
(3-2-2-0)
×単勝100倍以上
(0-0-0-12)
△3歳馬
(0-0-1-35)
△7歳以上
(1-0-0-16)
×牝馬で当日6番人気以下
(0-0-0-23)
×前走天皇賞秋だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-9)
×前走10着以下
(0-0-0-39)
×前走着差1.0秒以上負け
(0-0-0-29)
×前走10番人気以下且つ当日5番人気以下
(0-0-0-34)
inyofu 5走前までのGIII での単勝人気に注目

過去5年のマイルチャンピオンシップでは、「5走前までにGIII で単勝1番人気に支持されていた」という経験がある馬が優勝している。GI、GII 路線を歩んできた馬たちが注目を集めるケースが多いが、GIII に出走した際の単勝人気にも注目してみたい。

京都外1600m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 浜中俊 (14-8-4-57)  16.9% 26.5% 31.3%
川田将雅(12-6-7-57)  14.6% 22.0% 30.5%
池添謙一(11-9-3-49)  15.3% 27.8% 31.9%
岩田康誠(10-11-11-53) 11.8% 24.7% 37.6%
武豊  (9-8-5-47)  13.0% 24.6% 31.9%

福永祐一(8-13-11-44) 10.5% 27.6% 42.1%
小牧太 (7-4-8-57)   9.2% 14.5% 25.0%
ルメール(5-8-4-21)  13.2% 34.2% 44.7%
四位洋文(4-6-6-41)   7.0% 17.5% 28.1%
幸英明 (3-8-5-85)   3.0% 10.9% 15.8%

M.デム(3-6-1-17)  11.1% 33.3% 37.0%
松山弘平(2-3-3-42)   4.0% 10.0% 16.0%
戸崎圭太(2-0-2-8)   16.7% 16.7% 33.3%
ムーア (2-0-0-3)   40.0% 40.0% 40.0%
シュタル(1-0-1-6)   12.5% 12.5% 25.0%

アッゼニ(1-0-0-4)   20.0% 20.0% 20.0%
バルザロ(0-1-1-8)   0.0% 10.0% 20.0%
大野拓弥(0-0-1-2)   0.0% 0.0% 33.3%
inyofu ディープインパクト(25-23-22-140)11.9% 22.9% 33.3%
ダイワメジャー  (7-10-3-69)  7.9% 19.1% 22.5%
ダンスインザダーク(5-2-3-52)   8.1% 11.3% 16.1%
フジキセキ    (5-1-5-54)   7.7% 9.2% 16.9%
ネオユニヴァース (4-5-6-59)   5.4% 12.2% 20.3%

ステイゴールド  (4-4-3-34)   8.9% 17.8% 24.4%
ハーツクライ   (4-2-3-46)   7.3% 10.9% 16.4%
ニューイングランド(0-1-0-3)   0.0% 25.0% 25.0%
マツリダゴッホ  (0-0-0-12)   0.0% 0.0% 0.0%
アドマイヤコジーン(0-0-0-7)   0.0% 0.0% 0.0%

スニッツェル   (0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%

脂の乗った今なら サトノアラジン

inyofu 前走のスワンSでは上がり最速でフィエロを負かし重賞2勝目と勢いに乗る。 また、G1では2015年のマイルCSが上がり3位で勝ち馬モーリスに0.2秒差の4着、 そして、今年の安田記念は上がり2位の脚を使い勝ち馬ロゴタイプに0.2秒差の4着と、 どうもクラスが上がった1600mだと勝ちきれないところもあるが、 5歳と脂の乗った今ならG1制覇にチャンスでは!?

勝ち負けを期待したい イスラボニータ

inyofu 昨年は中距離路線を進める中での出走となりましたが、今年はゆったりとしたローテーションの中で、マイル戦に絞ってきているところは非常に印象が良いですね。この馬自身、2年以上勝てていないので、勝利には一番遠いようにも感じますが、実績馬としてはそろそろがあってもおかしくはないと思いますので、ここでの勝ち負けを期待したいところがありますね。

マイル延長はプラス フィエロ

inyofu 2年連続2着と最も合う舞台で、あとは前走の敗戦をどう見るか。出遅れてやや掛かって伸び切れずと見るからにトライアルっぽい仕方ない負けにも見えるし、既に7歳ということでやや衰えが? という声も。ただ今年は比較的相手関係が楽で、春時点でもG1で通用していたので極端な衰えはないのでは。もともと芝1400mは決して合うタイプではなくマイル延長はプラス、2走目走る厩舎でもあるし状態面の上積みがあれば好勝負になっても良いはず。

マイルのスペシャリスト ヤングマンパワー

inyofu スニッツェル産駒。母の父サンデーサイレンス。 多摩川S、関屋記念、富士Sと3連勝中の今夏1番の昇り馬。全5勝(内重賞3勝)をすべて芝1600mで挙げているマイルレースのスペシャリスト。今回はM.バルザローナ騎手に乗り変わり新たな潜在能力を引き出せるか注目される。

スムーズな競馬が出来るなら ミッキーアイル

inyofu 1200mで結果を残してきているのでスプリンターなのか?と思いがちですが そもそもこの馬はマイル前後で結果を残してきていた馬だったんですよね。 頭の高い走法で揉まれたりすると全く良い所を出せないタイプではありますが 逆に自分のリズムで競馬してマイペースに持ち込んだらかなり強い。 普通に2016年のメンツ相手なら勝利してもおかしくないしこの人気は美味しい。 問題は極端な内枠を引き当ててしまうかどうか?それだけだろうと思う。 外枠を引いてスムーズな競馬が出来るならここでも軸候補の1頭ではある。

京都コースはベストに近いはず ロードクエスト

inyofu 左回りコースでの好走が多いので直線長いコースでこそと思われている馬ですが、ギアチェンジ力に秀でた(ここまで速いのはトウショウドラフタかこの馬ぐらい)馬で、勝負どころでスッと上がっていけるのが強み。後方から競馬をするタイプですが、この適性のおかげで不発は少ないタイプ。適性を活かすためにもスローペースの一団競馬はベストでしょうし、直線平坦の京都コースはベストに近いはず。有力な本命候補です。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回エリザベス女王杯本命のマリアライトは1コーナーまさかの不利
その後リズムを取り戻せず6着(同着)馬場ももう少し渋った方が良かったかな・・・

対抗のクイーンズリングはスタート出遅れての1着
デムーロ騎手の大舞台での強さが存分に発揮したレースだった
例のトランプのサイン馬券もまさか実現するとは・・・・
にしても2着のシングウィズジョイは全くもって買えなかったです

3連勝ならず気を取り直してGI7連戦第2弾
マイルチャンピオンシップの予想を

◎イスラボニータ
○サトノアラジン
▲フィエロ
☆ヤングマンパワー

△ミッキーアイル
△ディサイファ
△ロードクエスト
△マジックタイム
△ガリバルディ

上記の過去データで前走1秒以上負け&10着以下を消してから考えた結果

本命はイスラボニータ

中距離をメインで使っていたが、マイル適性も高くてここまで、
①②③⑤②着とGIでも好走しており適性は高い。
昨年の同レースでは出遅れて後方から、それでも勝ち馬に0.2秒差まで迫っているし
前走富士Sで58kg背負っての2着は、勝ちに等しい評価ができそうだ。

対抗はサトノアラジン

前走のスワンSは、本番を想定して後方からの競馬。
直線で大外から追い込み、33秒6の最速の脚を使って差し切り。
個人的に1400mが一番適正高いと思っている
なのでマイルは守備範囲ではあるが、2着までかなと。。。
成長面で今年は期待できるが頭固定では買えない

単穴はフィエロ

水曜日のレースまとめの最後にも取り上げたが、昨年のマイルCSで最先着の2着も
あんまり人気してない理由は7歳という年齢といまだ重賞未勝利な点だろう。
昨年を境にピークも落ち目に向かいつつある本馬にとってここがラストチャンス
陣営もこの1戦に全てを賭けて仕上げてくると思うし
ヤングマンパワーで3連勝中の戸崎騎手がこちらに乗ってきたのも本気度が伺えます。

馬券は◎→○▲☆の馬連3点が本線

少額で◎→○▲☆→△△△△△15点で勝負

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line