TOP > コラム > 極貧夫婦の崖っぷち馬券術【11月19日版】
コラム

極貧夫婦の崖っぷち馬券術【11月19日版】

極貧夫婦の崖っぷち馬券術
1号「おいおい、おまえら、一体どこ行ってたんだよ!行方不明じゃないかってみんなで心配してたんだぞ。」

「あ、1号さん、すみません。携帯つながらない海の上に行ってました。」

1号「は?は?はぁ~~?海?どういうことだよ。」

洋子「だからね、1号さん、全部あなたのせいなんですよ。」

1号「え?オレ?なんで?」

洋子「だ、か、ら、あなたが、この間ご馳走してくれた凄い魚あるでしょ。ナポレオンフィッシュ!」

1号「ああ、おまえらみたいな連中にご馳走してしまい、いまだに後悔してるよ、ま、でもそのあたりが、オレの心の広いとこだよな。ん?で、ナポレオンフィッシュと何か関係あんのか?」

洋子「ありもあり、大ありくいだよ。」

「ぷふっ!面白いこと言うね、洋子は。」

洋子「ありもあり、大ありくい、のどこが面白いんだよ。」

1号「で、一体なんなんだよ。」

洋子「あのナポレオンフィッシュを食べたときね、1号さんが電話かなんかで外出てたときに、店主の人と7号さんが話しててね、ナポレオンフィッシュは幻の魚だから、持ってきてくれたら、一匹数万で買いますよ、って。だから、私と守ちゃんは、南の海に釣りに行ったんだって。」

「こいつと7号さんが、行けば何とか5匹くらいは釣れるだろ、みたいな事言い出しまして・・。僕は反対したんですが・・。」

1号「は?バカか!で?」

洋子「丸々三日、海に出たけど、全然釣れないし、船酔いで気持ち悪いし、飛行機代丸損だし、もう、踏んだり蹴ったり殴ったり、なのよ。」

「すいませんでした・・。」

1号「開いた口がふさがらないよ、本格的にアホなんだな、君たちは。」

洋子「今週は、守がきっちり馬券の予想も書きますし、当てますからね。」


そんな訳で、勝手にブッチしながら、釣り行ってました、と平然と言うあたり、やはりこの二人完全に社会不適合な感じである。

読者諸兄のために書いておくが、ナポレオンフィッシュとは、フカヒレやアワビ以上に、中華では最高級の食材と言われ、その肉質は、ふわふわとろ~りで一度口にしたら忘れられない味だそうな。
食い道楽の1号が、知り合いの店に入荷したと聞きつけ、7号とこのバカ夫婦を誘って食べに行ったのだった。

ま、そんな訳で、極貧夫婦は、沖縄の海まで行ってその旅費や交通費、滞在費など、20万以上使ってしまったらしい。

守は、今週は何がなんでも当てねばならない。


そんな守の勝負は・・・


福島10レース!

馬連で、2-12の1点に2万、2-12のワイドを3万、馬単の裏表を5000円ずつ。
それと、2,12の二頭軸の三連複、3,4,5,6、8,10,11,14,15の10点を2000円ずつ。

これで、勝負!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line