TOP > 予想/馬券 > 【京阪杯】人気薄の台頭に警戒!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【京阪杯】人気薄の台頭に警戒!買える穴馬の条件はこれだ!

過去10年で3連単30万超えが5回、二ケタ人気馬が7頭馬券に絡むなど波乱の起きることが多い京阪杯。フルゲートの今年も激戦必至だが、果たして結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

内枠が買い!

過去5年、1~4枠だった馬は複勝率29%・複勝回収率151%と好成績。内目をロスなく回ってこれる馬から穴馬を探し当てたい。
4枠8番を引き当てたホッコーサラスター。2連勝後に勢い十分で挑んだ前走のキーンランドカップは7着だったが、上がり3Fはメンバー最速のタイムを記録した。内目をロスなく追走し、直線で馬群をうまくさばければ、上位進出が期待できる。

近走内容を重視!

2010年以降、馬券に絡んだ18頭中15頭は同年の10月以降にJRAのレースで5着以内に入った経験のある馬だった。近走内容のいい馬を狙っていきたい。
前走は今回と同じ京都芝1200mの桂川Sを快勝したフミノムーン。ラスト3Fはメンバー最速で、大外を回りながら見事な直線一気を決めて見せた。上手く脚を溜めることができれば、重賞のここでも能力はひけをとらないはずだ。

先行馬を狙え!

過去10年、4角5番手以内だった馬は(9,3,3,43)であるのに対し、4角6番手以下だった馬は(1,7,6,98)と苦戦を強いられている。基本的には先行馬有利なレースなため、前でレースを運べる馬に注目だ。
安定した先行力が持ち味のセカンドテーブル。京都芝1200mは(1,1,1,1)の成績で、唯一の馬券圏外も今年のシルクロードSの4着とコース適性は抜群。今回もスムーズに先行できれば、上位進出は可能だろう。

荒れる年はとことん荒れるため、思い切った穴狙いで特大の万馬券を狙ってみても良いだろう。ジャパンカップが終わっても、このレースで高配当を手にしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line