TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイムまとめ【第3回京都2歳ステークス】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイムまとめ【第3回京都2歳ステークス】

2016年11月26日(土)に行われる京都競馬場のメーンレース【第3回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステーク】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 2枠2番 ダノンディスタンス

inyofu ルメールを背にウッドでクリデュクール(2歳未勝利)を追走して併入。並んでからしっかりと伸びて上積みは確か(6ハロン83・0―38・4―11・6秒)。 佐々木調教師「一度使えばもっと良くなるタイプとみていたけど、やはり馬の雰囲気は良くなったね。いきなりの重賞挑戦となるが、どれだけ通用するか楽しみ」

3枠3番 カデナ

inyofu カデナは坂路で単走追い。上がりを重点に乗られ、期待通りにシャープな末脚を見せた(4ハロン55・1―12・2秒)。 中竹調教師「前走(百日草特別=2着)は勝負どころで前が開かず、勝った馬に先に抜け出されただけ。稽古の動きもよかったし、引き続き体調はよさそう。ここはいい結果を」

7枠7番 アダムバローズ

inyofu この日は坂路で追われ、ラスト1ハロンで仕掛けられると俊敏に反応。力強いフットワークで急坂を駆け上がった(4ハロン54・5―12・3秒)。  角田調教師「今朝は整える程度。緩かった体もしっかりしてきたし、筋肉量も増えてきた。前走はハナに行ったが、どんなレースもできる馬だから」

7枠8番 プラチナヴォイス

inyofu プラチナヴォイス(牡=鮫島)は和田を背にCWコースで3頭併せ。僚馬2頭を前に置く形で追走すると、直線を向いて点火。6F84秒8~1F11秒9で最先着。「腰周りが緩くて、デビュー当初は心肺機能の高さだけで走っていた。それが使いつつ体がしっかりしてきて、今朝の動きも良かった」と鮫島師。

8枠9番 ヴァナヘイム

inyofu ヴァナヘイム(牡=角居)はコンビを組むシュタルケを背に坂路で新馬と併せ馬。上がり重点に4F53秒8~1F12秒5。余力十分に僚馬を1馬身差突き放した。「追い切りに乗ったジョッキーは“いい動き”と言っていた。調整は順調です」と岸本助手。

8枠10番 ベストアプローチ

inyofu ベストアプローチ(牡、藤原英)は好センスの持ち主だ。23日、Cウッドの3頭併せで馬なりのまま6ハロン83秒9-11秒8。コーカス(2歳500万)と併入して、オーサムレジェンド(古馬1000万)には1馬身半先着した。藤原英師は「初戦を使った感じで上積みがあれば使おうと思っていた。順調。競馬が上手でセンスがある。そんなに崩れる馬ではない」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆エーティーラッセン・木原助手 「動きはいい。いろいろな面で粗削りだが、いいものは持っている」

◆ソーグリッタリング・池江師 「追い切りは、気持ちよく馬に合わせて伸ばした。よかったですね。距離は大丈夫だと思う」

◆マイネルザウバア・小笠師「動きはよく、順調にきている。まだ非力な面を残しているが、使われながら良化してきた」

◆ワンダープチュック・河内師 「けいこはまずまずやね。前走はイライラしていたが、落ち着きが出てきたし、よくなっている」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アダムバローズ 牡2 55 藤岡康太 23日栗坂重:54.5-39.3-12.3:馬也

ヴァナヘイム 牡2 55 *シュタル 23日栗坂重:53.8-39.0-12.5:馬也

エーティーラッセン 牡2 55 四位洋文 23日栗C重:87.2-70.3-54.7-39.5-11.6:馬也

カデナ 牡2 55 福永祐一 23日栗坂重:55.1-38.7-12.2:強め

ソーグリッタリング 牡2 55 *M.デム 23日栗坂重:52.2-37.4-12.1:一杯

ダノンディスタンス 牡2 55 *ルメール 23日栗C重:83.4-67.2-52.5-38.3-12.2:馬也

プラチナヴォイス 牡2 55 和田竜二 23日栗C重:84.8-68.3-53.4-39.3-11.9:馬也

ベストアプローチ 牡2 55 川田将雅 23日栗C重:83.9-68.3-52.6-38.0-11.8:馬也

マイネルザウバア 牡2 55 *アッゼニ 23日南w重:70.2-54.7-39.5-12.8:強め

ワンダープチュック 牡2 55 *武豊 23日栗坂重:54.7-39.5-13.4:強め

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎プラチナヴォイス
 アダムバローズ
 ヴァナヘイム
 ソーグリッタリング
 ベストアプローチ

特にプラチナヴォイスは、3頭併せ。時計は全体時計は平凡ながら、軽く仕掛けただけで並走馬を置き去りにした反応の良さが際立った。1週前にもキレのある動きを見せており、3連勝してもおかしくない内容だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line