TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【11月27日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」岩田康誠【11月27日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

土曜日にピックアップした戸崎騎手は、この日6勝の固め打ちに成功!
リーディングを争うライバル・ルメール騎手に8勝差をつけました。

ただ、8勝のリードを作ったとはいえ、相手は1日に8勝を挙げたことのある名ジョッキー。
最後まで気を抜かずに、何とか3年連続で全国リーディングの座に輝いて欲しいですね。

さて。地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
日曜日にピックアップしたいのは、木曜日(日本時間金曜早朝)にヌーヴォレコルトとのコンビで米国重賞を制した岩田康誠騎手。
これで岩田騎手の海外重賞勝利は2013年のロードカナロア(香港スプリント)以来、通算4勝目。
今年は中央でこそ重賞勝ちがありませんが、秋には地方と海外でそれぞれ重賞1勝ずつをマークしており、徐々に復調気配を感じさせます。
帰国後の日曜日に、エイシンスパルタンとのコンビで挑む京阪杯はメンバー的にもチャンスは十分。さらに、当日の京都はジャパンカップのウラ開催になるので、リーディング上位騎手も揃って不在。ここは是非とも勝利を飾って"日米重賞連勝"の偉業!?を達成して欲しいですね。


それでは、さっそく日曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう!
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

----
■京都9R・◎ディアドラ

前走は初めての右回りで多少モタれたが、それでも勝ったミスエルテと同じ最速の上がりをマーク。僅差で敗れたとはいえ、素質の高さを垣間見ることができた。
今回は2度目の右回りで慣れが見込めるだけに、モタれる面も解消されるはず。
"ここを勝って阪神JF"が陣営の青写真だけに、ここは通過点にしたいところだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■京都5R・〇アルマレー

十分に稽古を積んでおり、初戦から期待が持てる。
ただ、追ってから物足りない面があり、先々はダートの方が良いタイプかも。

----
■京都6R・▲メイショウハクラク

ここにきて体質が強化されており、調子はかなり良いという話。
ただ、小回りコースで押し切れないように、中央場所ではチョット足りない印象だ。

----
■京都7R・△サイモンゼーレ

芝では完全に頭打ちの成績で、今回初めてダートに挑戦。
ダート替わりで新味が出れば。

----
■京都10R・△トーキングドラム

調子が良かった年初の出来には、まだ戻り切っていないという話。
徐々に復調気配にあるが、完全に良くなるまでは、もう少し時間が掛かりそうだ。

----
■京都11R・◎エイシンバッケン

OP2着の実績があり、今回の昇級はカタチだけ。
ここ一連の安定したレース振りから、即通用しても不思議はない。

----
■京都12R・〇エイシンスパルタン

前走はデキがひと息だったうえ、スムーズに先手が取れなかったことが最後に響いた。
この中間は順調に調整されており、体調は前走以上。
同型との兼ね合い次第だが、スンナリマイペースなら好勝負になる。


----
それでは、秋競馬の後半戦も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line