TOP > 競走馬 > 「ゴールドドリーム」能力は高い!東京マイルは相性がいい【フェブラリーS】
競走馬

「ゴールドドリーム」能力は高い!東京マイルは相性がいい【フェブラリーS】

2016年は3歳ダート界の主役の1頭として、春にはユニコーンステークスを制したゴールドドリーム。秋に入り、古馬との初対戦となった武蔵野Sでは2着と善戦。続くチャンピオンズカップでは勢いを買われ2番人気に支持されるも痛恨の出遅れが響いてしまい、12着と大敗してしまった。ここからの巻き返しを狙うゴールドドリームについてまとめてみた。
ゴールドドリーム

【JDD】伸びを欠き3着に敗れる……

前走ユニコーンSを評価され、一番人気に支持される。しかし、スタートで後手を踏んでしまうと、位置取りのロスを余儀なくされてしまう。3コーナーから押して前を捉えにかかるが、前走のような伸びは見れずに3着に敗れた。
動画を見る
inyofu 平田調教師(ゴールドドリーム3着) 「状態は良かったし、距離も長いとは思わないが、地方の砂が合わなかったのか…」

【武蔵野S】不利をものともせず初の古馬相手に2着!

初の古馬相手との一戦。前走に続き課題のスタートの悪さを見せると、無茶をせずに中団待機に。そのままの位置で直線に向くと、抜け出しを図り外へ持ち出そうとする。一瞬横の馬からタックルを受ける不利を被るが、体勢を立て直すと、メンバー中上り3ハロン2位の脚を使い2着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 2着 ゴールドドリーム(M・デムーロ騎手) 「すごく頑張りました。モーニンをマークしていましたが、悪いところへ行ってしまいました。狭くて前の馬に離されてしまいました。走る馬で力があります。今後が楽しみです」

【チャンピオンズカップ】痛恨の出遅れが響き...

2番人気に支持されて迎えたチャンピオンズカップ。スタートで出遅れてしまい、その分を取り戻そうと5,6番手に押し上げる。直線コースでは一瞬良い脚を使ったかに見えたが、そこからズルズルと下がり12着。
動画を見る
inyofu 12着 ゴールドドリーム(M.デムーロ騎手) 「テンションが高いです。ゲートを出ていいところにいきましたが、ペースが速かったですね。直線アウォーディーのところで止まってしまいました。まだ3歳ですから、これからです」

【フェブラリーS】追い切り 坂路を軽めで調整!

inyofu 12着に終わったチャンピオンズCからの巻き返しを図るゴールドドリームは坂路を軽く1本(4ハロン63・2―15・0秒)。
inyofu 堀部助手「前走は出遅れがすべて。流れに乗れず、力を出し切れなかった。この馬は特に力が強いので、スタートがダートだと滑ってしまうことがある。芝スタートに替わるのはプラスだし、東京マイルは一番合っている舞台だからね」

同じ4歳世代のグレンツェントが東海Sを制し、ダートでも評価が急上昇している4歳世代。その代表格がここで結果を残さないわけがない。前走は出遅れがすべて感があったが、今回は3戦2勝2着1回と連対パーフェクトの東京ダート1600m。古豪が立ちはだかる壁はとても厚いものではあるが、若さと適性でその壁ぶち破ることが出来るのか気になるところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line