TOP > 予想/馬券 > アウォーディーに死角なし!?【第17回チャンピオンズカップ】予想まとめ
予想/馬券

アウォーディーに死角なし!?【第17回チャンピオンズカップ】予想まとめ

2016年12月4日(日)中京競馬場で行われるGI【第17回チャンピオンズカップ】はダート戦線における王者を決める一戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(JCDも含む)

inyofu ・チャンピオンズC/人気データ
1番人気 (4-1-2-3)
2番人気 (1-0-1-8)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (1-0-0-9)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (1-2-0-7)
7~9人 (1-3-3-23)
10人以下(1-0-2-65)

・チャンピオンズC/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2006年/ 1550円・ 5590円(7-1-8)
2007年/ 1350円・ 4400円(1-6-7)
2008年/11710円・ 7090円(4-7-1)
2009年/ 1940円・32660円(1-5-12)
2010年/ 4350円・20840円(1-8-11)
2011年/ 1750円・ 920円(1-5-2)
2012年/ 4290円・30010円(6-3-9)
2013年/ 4850円・ 2160円(3-6-1)
2014年/ 5470円・11730円(2-8-3)
2015年/11040円・27320円(12-3-5)

・チャンピオンズC/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-0-1-0)
2.0~2.9倍 (2-1-2-1)
3.0~3.9倍 (2-1-0-4)
4.0~4.9台 (0-0-0-2)
5.0~6.9倍 (1-1-0-6)
7.0~9.9倍 (2-0-1-10)
10.0~14.9倍(0-1-1-9)
15.0~19.9倍(2-3-2-7)
20.0~29.9倍(0-3-0-25)
30.0~49.9倍(0-0-3-18)
50.0~99.9倍(1-0-0-25)
100倍以上  (0-0-0-21)
inyofu ・チャンピオンズC/馬齢データ
3歳 (1-2-2-19) 4.2% 12.5% 20.8%
4歳 (2-1-2-26) 6.5% 9.7% 16.1%
5歳 (5-4-2-32)11.6% 20.9% 25.6%
6歳 (2-2-3-25) 6.3% 12.5% 21.9%
7歳上(0-1-1-26) 0.0% 3.6% 7.1%
inyofu ・チャンピオンズC/所属データ
美浦(0-1-1-20) 0.0% 4.5% 9.1%
栗東(10-9-9-96) 8.1% 15.3% 22.6%
地方(0-0-0-3)  0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-9)  0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・チャンピオンズC/前走データ
JBCクラシック(3-4-5-27)
武蔵野S   (2-3-1-24)
みやこS   (2-2-2-23)
OP特別    (0-1-1-6)
1600万下   (1-0-0-1)

・チャンピオンズC/前走着順別データ
1着  (5-4-4-28)
2着  (3-2-2-19)
3着  (0-2-4-17)
4着  (1-2-0-11)
5着  (0-0-0-12)
6~9着(1-0-0-23)
10以下(0-0-0-17)

・チャンピオンズC/前走着差データ
負け1.0秒~1.9秒(1-0-1-21)
負け2.0秒以上(0-0-0-14)
inyofu ・チャンピオンズC/前走人気別データ
1番人気 (3-1-3-31)
2番人気 (5-3-1-16)
3番人気 (1-1-1-16)
4番人気 (1-2-2-11)
5番人気 (0-1-1-13)
6~9人 (0-2-2-19)
10人以下(0-0-0-12)
inyofu 連闘(0-0-0-2)
2週(0-1-0-3)
3週(2-3-1-20)
4週(4-5-5-51)
5週~9週(4-1-3-44)
10週~25週(0-0-1-6)
半年以上(0-0-0-2)
inyofu ○1番人気
(4-1-2-3)
×単勝100倍以上
(0-0-0-21)
△7歳以上
(0-1-1-26)
△関東馬
(0-1-1-20)
×地方・外国馬
(0-0-0-12)
△前走5着~9着
(1-0-0-35)
△前走負け1.0秒以上
(1-0-1-21)
×前走10着以下
(0-0-0-17)
×前走2.0秒以上負け
(0-0-0-14)
△前走5番人気以下
(0-3-3-44)
inyofu 実績や前走の内容を重視したい

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも国内のGI・JpnI での最高着順が5着以内、かつ同年の国内のダート重賞で優勝経験がある馬だった。ビッグレースで上位を争った経験があり、同年のダート重賞を制している馬が勝ち馬の有力候補だ。また、この5頭は前走の着順が4着以内だった点、前走の単勝人気が4番人気以内だった点、前走の4コーナーを2~5番手で通過していた点も共通している。

中京1800m騎手&種牡馬別成績(2012年以降)

inyofu 武豊  (14-5-3-34)25.0% 33.9% 39.3%
松若風馬(7-9-5-51) 9.7% 22.2% 29.2%
古川吉洋(6-7-5-38) 10.7% 23.2% 32.1%
幸英明 (6-6-8-87) 5.6% 11.2% 18.7%
和田竜二(5-7-8-60) 6.3% 15.0% 25.0%

ルメール(5-4-0-15) 20.8% 37.5% 37.5%
丸山元気(5-3-4-60) 6.9% 11.1% 16.7%
戸崎圭太(4-1-2-11) 22.2% 27.8% 38.9%
大野拓弥(3-1-4-32) 7.5% 10.0% 20.0%
ムーア (3-1-1-4) 33.3% 44.4% 55.6%

M.デム(2-5-5-19) 6.5% 22.6% 38.7%
津村明秀(1-1-1-8)  9.1% 18.2% 27.3%
内田博幸(1-1-1-12) 6.7% 13.3% 20.0%
横山典弘(1-0-0-6) 14.3% 14.3% 14.3%
田辺裕信(0-2-2-7)  0.0% 18.2% 36.4%
inyofu キングカメハメハ (13-15-14-145) 7.0% 15.0% 22.5%
ゴールドアリュール(12-9-10-95)  9.5% 16.7% 24.6%
フジキセキ    (7-7-4-54)   9.7% 19.4% 25.0%
アグネスデジタル (5-9-6-44)   7.8% 21.9% 31.3%
Jungle Pocket   (2-5-4-53)   3.1% 10.9% 17.2%

フレンチデピュティ(1-1-6-35)   2.3% 4.7% 18.6%
プリサイスエンド (1-1-3-27)   3.1% 6.3% 15.6%
トワイニング   (0-1-0-13)   0.0% 7.1% 7.1%
Tapit       (0-0-0-3)   0.0% 0.0% 0.0%
Henny Hughes   (0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%

Langfuhr     (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

逆らうことはない アウォーディー

inyofu ダート6戦無敗、あとは中央のG1だけとなりますので、ここまでくれば突き抜けてもらいたいところがありますね。鞍上は、先週ジャパンカップをキタサンブラックと共に制した武豊騎手となりますので、2週連続G1制覇なんてことも期待できるかもしれないですね。当日1番人気は濃厚でしょうが、ここ逆らうことはないと現時点では考えています。

ペースは流れてほしい ノンコノユメ

inyofu ノンコノユメは、相性の良いコースのトータル成績が【1 2 0 1】で、掲示板を外したことは一度もない。唯一の馬券圏外は、昨年の伏竜S(中山ダ1800m)5着だけ。ただ、時計勝負に強いタイプなので、なるべく時計は速くなってほしい。先行勢に有利なコースなので、脚質的に合っているとは言えないが、去勢手術明けの前走・JBCクラシック(川崎ダ2100m)で、7-4-4と位置取りを上げられたのは成長の証だろう。それでも出脚がつかないので、なるべくペースは流れてほしい。

スピードに乗れるタイプ ゴールドドリーム

inyofu こちらは良く知る馬で評価の高い馬
こちらはいかにもダートのそれという筋肉ではなく
トモの振りと前の出のベクトルが絶妙なバランスでスピードに乗れるタイプで、形の良さで走るタイプ
だけに軽い馬場が合う。
中京のダート戦を何戦かチェックしたけどスローなら速い上がりも出てるし
特別重い馬場ではなさそうなので大きなマイナス要素にはならなそう。
前走はイマイチの仕上げで、一叩きで追切も良くなり買いの材料は多い。

ここでも当然通用する サウンドトゥルー

inyofu 毎回人気しない同馬ではありますが、昨年から安定して走っている。
前走でも差し馬にはかなり厳しい馬場コンディションだったのだが
それでもしっかり好走して力は出しているしここでも当然通用する馬。
そもそも昨年のこのチャンピオンズカップでもそうだったのですが、
絶対に届かないような位置取りから最後に差を詰めてきていましたよね。
前走でも軸にしましたが、今回も予想では上位に推すかもしれない。

外枠を引けた事はプラス モーニン

inyofu 前走は揉まれ通しで何もできずに終了で度外視可能。ただ、もともとマイルが距離的に限界な馬で、アウォーディーと接戦を繰り広げた日本テレビ杯は中盤ラップが極端にかかったおかげでスタミナが問われないレースになったことが好走要因。まず今回はそんな事にはならないでしょうし、普通に考えればスタミナ切れ必至か。 まぁそれでも外枠を引けた事はプラスですし、砂を被らずにスムーズに進めれば3着ぐらいはあっていい感じもします。天下の戸崎がどんな競馬をするか注目です。

距離適性は抜群に高い アポロケンタッキー

inyofu Langfuhr産駒。母の父Gone West。 みやこSは中団を追走から後半、早めに動いて上がっていき好位につける。4角で外目から抜け出し後続を抑えて優勝。中2週・中1週・中3週でのG1参戦、疲労が蓄積されていないか心配されるとこだ。全7勝をすべて1800m以上で挙げており距離適性は抜群に高いことが推測される。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回のジャパンカップは前日から徹夜で場所取りに
17時に西門着いたけど前には100人以上並んでました
で、開門が翌日の朝7時50分。2年ぶりくらいに開門ダッシュに参加しましたが
ゴール通過前の席は既に先約がいて結局通過した後の奥の席しか確保できませんでした
ですのでイイ席取りたい方はもっと早くから並んだ方がいいかもです

で肝心の馬券の方ですが本命のディーマジェスティは
スタートからゴールまで何も見せ場なく不的中・・・
前回取り上げたサイン馬券のキタサンブラックが頭できちゃいましたね
もう前半1000mのタイム見て決まったなと思いました
単勝少ししか買ってなかったので的中もマイナス
今回はしっかりプラスで終わりたいところですね

さぁチャンピオンズカップですが

前走の武蔵野Sを1.33.8という芝並みのタイムでレコード勝ちしたタガノトネールが、
調教中に右第3中手骨開放骨折を発症し予後不良となってしまいました。
レコードの反動は絶対あると思ってましたが、まさかの放馬して予後不良…
残念ではありますが、同じことを繰り返さないよう、騎手を含め陣営には今後も頑張ってもらいたいです。

今回の有力馬不安要素多いです
主な不安点

ノンコノユメ・・・後ろからの競馬 前走去勢明け、馬体も大幅に減少どこまで立て直せるか

コパノリッキー・・・ベストはマイル 同レースでは12着、7着と相性良くない

ゴールドドリーム・・・後ろからの競馬 出遅れ&デムーロ

モーニン・・・距離&前走大敗 鞍上の仕掛けに反応せず

もうそうなるとアウォーディー本命にせざるを得ない

実績はまだまだ薄いが、ダート転向で6戦6勝 馬券圏外なるまで買い続けたい

当初は後方からの競馬だったが、最近は前で競馬ができるようになったのが強み。

展開も両サイドのメンバーは後ろから行くと予想されるので、道中はすんなりポジション取れそう


対抗はサウンドトゥルー

いつも人気しないが、どんな相手距離コースでも崩れない。末脚は堅実なものの追い込んで届かない馬。

激流になれば差し切りもありうる。追い切りも良かったので評価を上げました


単穴はゴールドドリーム

出遅れなければもしかしたら頭まであるんじゃないかと思ってます

ただマイルがベスト条件な可能性があるため、やや長いような気もするのでこの評価


☆コパノリッキー・・・ホッコータルマエ、タガノトネール不在で単騎で逃げれる可能性ある

印は

◎アウォーディー
〇サウンドトゥルー
▲ゴールドドリーム
☆コパノリッキー

△モーニン
△ノンコノユメ
△ラニ
△アポロケンタッキー
△ロワジャルダン

馬券は◎→〇▲☆から馬単3点

◎→〇▲☆→〇▲☆△△△△△の3連複フォーメーション

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line