TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【12月4日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【12月4日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

土曜日に注目したリーディング1位戸崎騎手と2位ルメール騎手の直接対決ですが、この日はルメール騎手が3勝、戸崎騎手が1勝という結果でした。。
これで、戸崎騎手とルメール騎手の勝利差は僅か3勝。
日曜は舞台を中京競馬場に移しての直接対決となりますが、引き続きこの二人からは目が離せませんね。

さて。地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
日曜日にピックアップしたいのは、重賞のウラ開催となる中山に残って騎乗をする柴山雄一騎手。
リーディング上位騎手が不在の分、良い馬が回ってきた印象で、日曜日は活躍が期待できそうですよ。

それでは、さっそく日曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう!
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中山11R・◎センチュリオン

今回はトップハンデを課せられたが、このクラスは春にリッカルド(今年のエルムS優勝馬)を下して一度は卒業している実績上位馬。
全4勝をマークしている中山コースに替わるのは大歓迎で、叩き3戦目と走りごろの今回は、キッチリと結果を出したいところだ。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中山2R・△トウキョウコール

フリオーソ産駒だけにダート替わりで前進がありそうだが、近走の成績からいきなり勝ち負けまでは厳しいか。

----
■中山3R・◎ラッシュハート

今回は2ハロンの距離短縮となるが、気性の勝ったタイプだけに、この距離短縮はプラスに出そう。
前走をひと叩きされた上積みも見込めるだけに、前走以上が期待できそうだ。

----
■中山4R・◎ベッキー

初戦は勝ち馬には離されたが逃げ粘って2着を確保。前々で渋太さを活かすタイプなので、今回の中山替わりは歓迎だろう。
初戦はそこそこの仕上げだっただけに、一度使われての上積みも大きく、ここは一気の逃げ切りが期待できそうだ。

----
■中山6R・△ケイツールピー

乗り込み量は豊富だが、まだ目立つ動きを見せておらず、まずは1度使われてからだろう。

----
■中山7R・△セイプレジール

近走の成績から、もう少しクラス慣れが必要だ。

----
■中山8R・▲スワーヴラーシド

ダート替わり初戦で結果を出したように適性は高いが、今回は休み明けの分割り引きが必要。

----
■中山9R・×マルマロス

2桁着順が続いているだけに、まずは再浮上のキッカケを摘みたいところだ。

----
■中山12R・〇タケルラムセス

再昇級戦だった前走で好走したように、力はここでも十分通用する。
前走後はここを目標にジックリと仕上げられており、ここは狙いすました一戦。
捌きやすい少頭数も向きそうで、ここは前走以上の結果を期待したい。

----
それでは、師走競馬も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line