TOP > 競走馬 > 「ヴゼットジョリー」牝馬っぽくないパワー!動きの質もいい感じ【桜花賞】
競走馬

「ヴゼットジョリー」牝馬っぽくないパワー!動きの質もいい感じ【桜花賞】

昨年の新潟2歳ステークスを制したローエングリン産駒のヴゼットジョリーが桜花賞に出走する。デビュー時は完成度の高い走りで連勝を飾ったが、その後は阪神ジュベナイルフィリーズでは5着、アーリントンカップ4着と精彩を欠いている。しかし、大きく離されて負けている訳ではなく、巻き返しの可能性が大いに期待されるそんなヴゼットジョリーについてまとめてみた。
ヴゼットジョリー

【新潟2歳S】安定したレース運びで重賞V!

レースでは終始中団で脚を溜める。直線半ばで馬群の中から抜け出すと、初戦同様最後までしっかり伸びてゴールイン。管理する中内田充正調教師に重賞初勝利をプレゼントした。
動画を見る
inyofu 1着 ヴゼットジョリー(福永騎手) 「初めて乗りましたが、とても躾けの行き届いた馬で、返し馬から心配なくレースに臨めました。自信を持って乗れましたし、思い描いたレースが出来ました。スタートは良かったのですが、少し馬が力みはじめたので、馬を前に置いて落ち着かせて運びました。直線もいいタイミングで外へ出せましたね。スピードもあってコントロールもしやすい馬です。今後はさらに距離が延びた時にどうかでしょう」

【阪神JF】末脚に懸けるも展開向かず...

2強ムード漂う中、6番人気と一発を期待される。前半は焦らず後方で、前に壁を作り折り合いに専念する。勝負が動き始めた4コーナーで鞍上のアクションが激しくなり、直線ではインを突くも5着までが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 5着 ヴゼットジョリー(和田竜二騎手) 「馬群の中に入ると折り合いがついてスムーズでした。直線で弾けなかったのは、前の馬向きの流れになったからで、これが実力ではありません」

【アーリントンC】牡馬と混じって善戦!

2ヶ月半ぶりの実戦となったアーリントンC。スタートから二の脚がつかず少し遅れる感じになったが、立て直して中団までポジションを上げる。手応えよく直線に向かうが、ペルシアンナイトの勢いにはついていくことが出来ず、4着でゴールイン。
動画を見る
inyofu 4着 ヴゼットジョリー(川田将雅騎手) 「4コーナーまでスムーズなレースをしてくれました。休み明けですからこれで変わってくれればいいですね」

【桜花賞】追い切り 見た目も中身も文句なし!

inyofu 新潟2歳Sの覇者のヴゼットジョリー(中内田)は福永騎手を背に最終リハ。
inyofu 坂路で持ったまま4ハロン54秒0-12秒3を計時した。「時計も内容も動きの質もいい感じ」と同騎手は好調をアピール。

ここ2戦は歯がゆい結果になっているが、デビューからの2連勝時の勢いは本物である。牝馬が豊作と言われている今年は例年に比べて超ハイレベル決戦である。その中でも立ち回りの上手さ、そして前走で牡馬と戦った経験が糧になれば、力が上位であると考えられている馬とも遜色ない走りを見せてくれることであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line