TOP > 競走馬 > 「ソウルスターリング」完全復活までもう一息!良い頃の雰囲気を取り戻したい!【クイーンS】
競走馬

「ソウルスターリング」完全復活までもう一息!良い頃の雰囲気を取り戻したい!【クイーンS】

2017年のオークス馬でフランケル産駒のソウルスターリングがクイーンSに出走する。オークス制覇後は、毎日王冠から天皇賞(秋)、ジャパンCという3歳牝馬離れしたローテーションに挑むも、掲示板内には入れず秋シーズンを終えた。久しぶりの牝馬重賞となった阪神牝馬Sでも10着に敗れたが、前走のヴィクトリアマイルでは復活の予兆を感じさせる走りであった。北の大地で復活の狼煙を挙げられるか。そんなソウルスターリングについてまとめてみた。
ソウルスターリング

【ジャパンC】3歳牝馬には厚い壁だったか...

スタートから先行集団を前に見るような位置でレースを進めるも、少しエキサイトして掛かり気味。向正面で少し落ち着いたが、最終コーナーをやや追っ付け気味で回ると、直線では馬群を捌いて3番手集団まで浮上する。しかし、そこから力尽きてしまい7着に終わった。
動画を見る
inyofu 7着 ソウルスターリング(C・デムーロ騎手) 「コントロールは利きましたが、かなり力んで走っていました。直線では手応えがありませんでした」
inyofu 7着 ソウルスターリング(藤沢和雄調教師) 「いくらか掛かり気味でした。男馬相手はつらかったかもしれません。来年はエリザベス女王杯などを視野に考えたいと思います」

【阪神牝馬S】スローペースに泣かされ大敗...

隣の馬の影響を受けたのか少し出遅れてしまうが、3コーナーで前にポジションを上げていって3番手まで浮上する。前半800mは49秒1とかなりのスローペースでレースは流れていき、直線コースに向かうと坂下で手応えが悪くなりズルズルと後退し、10着でゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 10着 ソウルスターリング(C.ルメール騎手) 「ペースが遅かったのでポジションを上げて行きました。直線も反応したのですが、ラスト200mで疲れてしまいました」

【ヴィクトリアマイル】7着も復活の予兆アリ!

9番枠からまずまずのスタートを切り、道中は中団でじっくりと脚を溜めていく。直線では外にうまく持ち出していくと、右にもたれてしまったが、勝ち馬から0秒4差の7着とまずまずの走りを見せた。
動画を見る
inyofu 7着 ソウルスターリング(C・ルメール騎手) 「精一杯走ってくれて、良いレースでした。ただ、直線で右にもたれてしまったので、そこが残念でした」

【クイーンS】追い切り 余力のある追い切り!

inyofu 復活を目指すソウルスターリングは、札幌芝コースで追い切られた。単走で3ハロン39秒6-12秒0。スタートが遅かったため、時計を出したのは短かったが、ゴール後もしっかりと追われていた。
inyofu 騎乗した北村宏騎手は「入りが遅かったし、余力もあったのでゴール後も追った」と説明する。
inyofu 藤沢和師は「先週もしっかりとやっているし、こんな感じ。前走よりもよくなっている」と手応えを口にした。

クイーンSの傾向!前走ヴィクトリアマイル組が上位

inyofu 過去10年の出走馬の前走別成績を調べると、前走でGⅠに出走していた馬の好走が多く、その中でも「ヴィクトリアマイル」組が9頭3着以内に入り、3着内率は47.4%という高い数値になっている。また、「オークス」や「NHKマイルC」という3歳GⅠから臨んでくる3歳馬の成績も悪くない。その他では、「1600万下」組が2勝を挙げるなど3着以内に7頭入っている点も見逃せない。ただし、ここ4年で前走「1600万下」組は8頭出走して、いずれも5着以下に敗れている。今年の出走馬がどのような臨戦過程で出走してくるかにも注目したい。

前走のヴィクトリアマイルではレース直前の大雨で苦手としている道悪馬場になってしまった。そんな不利な状況下でも0秒4差の7着に食い込んでいるので、完全復活もそう遠くはない。秋のGI制覇に向けてもここを勝って勢いづけていきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line