TOP > 競走馬 > 「リスグラシュー」状態はいい!適性に近い距離【オークス】
競走馬

「リスグラシュー」状態はいい!適性に近い距離【オークス】

新馬戦2着と取りこぼすも、2戦目の未勝利では好タイムで圧勝。続くアルテミスステークス1着後に挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは大外から良く伸びて2着と力のあるところは見せた。チューリップ賞3着を挟み、桜花賞ではしぶとく伸びてソウルスターリングに先着するも2着。距離延長は大歓迎のリスグラシューについてまとめてみた。
リスグラシュー

【阪神JF】大外から良く伸びて2着!

武豊騎手が香港遠征のため戸崎圭太騎手に乗り替わって挑んだ阪神JF。スタートで痛恨の出遅れをしてしまい、後方からの競馬を余儀なくされる。4コーナーから外に持ち出して追い出されると前を行く馬を次々に交わしていき、最後はソウルスターリングを追い詰めるところまで伸びて2着。
動画を見る
inyofu 2着 リスグラシュー(戸崎圭太騎手) 「ゲートの中で待たされてしまい、出遅れてしまいました。しかし、厳しい競馬でも伸びてるので、走る馬の競馬はしてくれました。ゲートが残念でした」

【チューリップ賞】まさかの3着...

2強対決ムードが濃かったチューリップ賞。スタートで少し押していって中団後方というポジション。3,4コーナーの中間地点で外に出して直線コース。ソウルスターリングを追っていくかと思われたが、外からミスパンテールに差されてしまい2着。
動画を見る
inyofu 3着 リスグラシュー(武豊騎手) 「ラストはもう少し伸びるかなと思いましたが、本来の脚を使えていません。3コーナーで外から引っ掛かった馬がいたので、余計なところで脚を使わされました。次ですね」
inyofu (矢作芳人調教師) 「少なくとも2着はとらなければいけませんでした。申し訳ありません。ただ、本番は次ですから、次でしっかりと負かせられるように頑張ります」

【桜花賞】ライバルに先着するも...

道中はレーヌミノル、ソウルスターリングを前に見るような位置取りでレースを進め、4コーナー手前から鞍上が手綱をしごいて直線に向かうと、じりじりと伸び始め、最後は勝ち馬を半馬身差まで追い詰めた。
動画を見る
inyofu 2着 リスグラシュー(武豊騎手) 「それほどスタートは良くありませんでしたが、意識的に位置を取りに行きました。直線を向いたところで勝ち馬に離されてしまいました。ラストは差を詰めていますが......。分かっていたことで注意して乗ったのですが、やはりエンジンの掛かりが遅いですからね。惜しかったです」

【オークス】追い切り 軽快な脚さばき!

inyofu 逆転女王へ態勢は整った。桜花賞2着のリスグラシューは開門直後の栗東・CWコースで坂井(レースは武豊)を背に、向こう正面からスタート。軽快な脚さばきでスピードに乗り、4ハロン52秒3―12秒4をマークした。見届けた矢作調教師は「動きはよく見えたね。前走からの上積みは微妙だけど、より適性に近いレースになるので、現状維持ができていれば大丈夫だと思う」と力強くうなずいた。
inyofu これまでの最終追い切りは全て坂路だったが、コース追いに変更。トレーナーは「(中間は)体重とか気配を見ながら、コースと坂路で強弱をつけている。今朝はフィーリングとオークスということを踏まえて、CWコースで半マイル追い」と意図を説明。長距離輸送のある大一番へ万全の出来に持っていくための決断だ。

年明け以降の重賞における実績が重要

inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、“同年のJRA重賞”において連対経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率が5.6%にとどまっている上、2012年以降は連対例がない。重賞で優勝争いに絡んだ経験がない馬はもちろん、2歳時の重賞でしか好走経験がない馬も評価を下げるべきだろう。
inyofu ちなみに、過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、“同年のJRA重賞”において単勝4番人気以内となった経験がある馬だった。該当馬は3着内率31.0%と好走率も優秀だ。年明け以降の重賞での実績をチェックする際は、着順だけでなく当時の単勝人気にも注目してみたい。

騎乗予定の武豊騎手はこの春GI絶好調で、キタサンブラックで大阪杯と天皇賞(春)を、コパノリッキーでかしわ記念を制す大活躍。クラシックも桜花賞2着、皐月賞3着と本人にとっては物足りない結果であると思うが、上位に持ってきている。キャロットファームは2年連続、武豊騎手は1996年エアグルーヴ以来21年ぶりの制覇となるのか注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line