TOP > 競走馬 > 「リスグラシュー」馬体も良くなった!一瞬のキレで勝負する【秋華賞】
競走馬

「リスグラシュー」馬体も良くなった!一瞬のキレで勝負する【秋華賞】

春の牝馬クラシック戦線を賑わせたリスグラシューが秋華賞に出走する。アルテミスステークス勝利後に挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは大外から良く伸びて2着と力のあるところは見せた。チューリップ賞3着を挟み、桜花賞ではしぶとく伸びてソウルスターリングに先着するも2着。オークスでは5着、休み明けのローズSでも3着とトップクラスの能力である事は証明できた。何としてもラスト1冠は欲しいリスグラシューについてまとめてみた。
リスグラシュー

【桜花賞】ライバルに先着するも...

道中はレーヌミノル、ソウルスターリングを前に見るような位置取りでレースを進め、4コーナー手前から鞍上が手綱をしごいて直線に向かうと、じりじりと伸び始め、最後は勝ち馬を半馬身差まで追い詰めた。
動画を見る
inyofu 2着 リスグラシュー(武豊騎手) 「それほどスタートは良くありませんでしたが、意識的に位置を取りに行きました。直線を向いたところで勝ち馬に離されてしまいました。ラストは差を詰めていますが......。分かっていたことで注意して乗ったのですが、やはりエンジンの掛かりが遅いですからね。惜しかったです」

【オークス】期待に応えることはできず...

3番人気で迎えたオークス。前半は中団馬群のど真ん中にポジションを取り、直線では馬群を捌くように前を追っていく。しかし、残り300m辺りで進路が狭くなるシーンがあり、それが影響したか、5着までが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 5着 リスグラシュー(武豊騎手) 「狭いところで両サイドからぶつけられ、きついレースになりました」

【ローズS】実力のあるところは見せた3着

いつも通り後方からの競馬に徹し、3,4コーナーからじわっと上がっていき、大外に持ち出して直線勝負。ラビットランの真後ろからスパートも、なかなか差は詰まらず、坂を上ってゴール前で鋭く伸びて3着に突っ込んだ。
動画を見る
inyofu 3着 リスグラシュー(武豊騎手) 「レース前のイレ込みも以前よりマシで、ゲートもこの馬としては珍しく五分に出てくれました。道中も力まず、いい感じで走っていたのですが、今日も直線で反応するのが遅かったですね。勝った馬とはその差でしょう」

【秋華賞】追い切り 前走よりも調子を上げている!

inyofu 「前走の仕上げには苦労したところもあったが、一度使って馬の雰囲気は良くなっている」と北口厩務員。本番へ向けての上積みに自信をのぞかせる。
inyofu この日は坂井(レースは武豊)を背に坂路単走で行われ4ハロン52・4―11・9秒と切れのある動きを披露した。
inyofu 坂井騎手「春と比べても落ち着きがありますし、間違いなく前走より調子を上げています」

通算連対数4回以上の馬が目下8連勝中

inyofu 2009年以降の過去8年間の優勝馬8頭は、いずれもJRAのレースでの通算連対数が「4回以上」だった。秋の3歳女王を決する一戦だけに、JRAのレースである程度実績を重ねている馬を重視したい。

昨年のアルテミスS以来、勝利から遠ざかっているが、鞍上の武豊騎手がレース後コメントで挙げているようにエンジンのかかりの遅さが課題である。いつも最後は良い脚で追い込んでくるが、なかなか勝利には届かずという内容である。京都2000mは直線も短く、仕掛けのタイミングが重要となるが、そこは京都の芝を1本1本知り尽くした武豊騎手に期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line