TOP > 競走馬 > 「リスグラシュー」非常にいい動き!どんな場合でも対応できる自在性【桜花賞】
競走馬

「リスグラシュー」非常にいい動き!どんな場合でも対応できる自在性【桜花賞】

新馬戦2着と取りこぼすも、次走の未勝利では好タイムで圧勝。続くアルテミスステークスを横綱相撲の競馬で制し、勢い十分に挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは大外から良く伸びて2着と力のあるところは見せた。前走のチューリップ賞では2強対決かと思われたが3着に敗れてしまった。末脚では世代上位であることは間違いないリスグラシューについてまとめてみた。
リスグラシュー

【アルテミスS】良血馬を抑えての勝利!

このレースでは、サトノアラジンなどを全兄に持つフローレスマジックと人気を分け合う。外枠からスタートを切ると道中は中団待機。直線に入り、馬なりのまま前に迫ると、フローレスマジックも同様に上がってくる。その後は完全に抜け出した2頭の一騎打ちになり、リスグラシューは1/2馬身差フローレスマジックを抑えて勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 リスグラシュー(武豊騎手) 「レースには初めて乗りましたが、理想的なレースでした。向正面でペースが落ちたので、つき合う必要はないと思って行きました。まだ右に左に行くところはありますが、抜け出す時の脚は良かったです。現時点でも素質はあふれていますが、これから楽しみな馬です」
inyofu (矢作芳人調教師) 「栗東を出る時はプラス体重でしたが、フタを開けてみればマイナス4キロだったので、その点だけが気になっていました。よく勝ってくれました。偉い馬です。能力あります。騎手は、まだフラフラしていると言っていましたし、体の小さな馬で、まだ伸びしろがあると思います。1度放牧に出して、阪神JFに向かいます。武豊ジョッキーがいないので、鞍上は未定です。将来的には2000m以上のタイプでオークス向きだと思います。だからこそ、今日はマイルで勝てて嬉しいです」

【阪神JF】大外から良く伸びて2着!

武豊騎手が香港遠征のため戸崎圭太騎手に乗り替わって挑んだ阪神JF。スタートで痛恨の出遅れをしてしまい、後方からの競馬を余儀なくされる。4コーナーから外に持ち出して追い出されると前を行く馬を次々に交わしていき、最後はソウルスターリングを追い詰めるところまでの2着まで。
動画を見る
inyofu 2着 リスグラシュー(戸崎圭太騎手) 「ゲートの中で待たされてしまい、出遅れてしまいました。しかし、厳しい競馬でも伸びてるので、走る馬の競馬はしてくれました。ゲートが残念でした」

【チューリップ賞】まさかの3着...

2強対決ムードが濃かったチューリップ賞。スタートで少し押していって中団後方というポジション。3,4コーナーの中間地点で外に出して直線コース。ソウルスターリングを追っていくかと思われたが、外からミスパンテールに差されてしまい2着。
動画を見る
inyofu 3着 リスグラシュー(武豊騎手) 「ラストはもう少し伸びるかなと思いましたが、本来の脚を使えていません。3コーナーで外から引っ掛かった馬がいたので、余計なところで脚を使わされました。次ですね」
inyofu (矢作芳人調教師) 「少なくとも2着はとらなければいけませんでした。申し訳ありません。ただ、本番は次ですから、次でしっかりと負かせられるように頑張ります」

【桜花賞】追い切り フットワークは伸びやかで鋭い反応!

inyofu 栗東坂路でノルナゲストを相手に前半は馬任せでゆったり進み、3F目からペースアップ。ラスト1Fでわずかに仕掛けられると脚力の違いを見せ、あっさり4馬身突き放した。430キロ台と小柄なほうだが、フットワークは伸びやかで反応も鋭かった。
inyofu 「前走は休み明けという感じがした。この中間はしっかり負荷をかけ、メリハリのある調整をしているので、今回は違うと思う」と、矢作調教師は上昇を確信している。
inyofu けさは坂井騎手が跨ったが、先週の坂路は武豊騎手が騎乗し4F50秒8の好時計。「1週前は非常に動きが良かったし、タイムも上々。体は小さいけど、いい脚力を持っている。ここ2戦はソウルスターリングには完敗しているので、逆転は大変。でもチャンスはあると思っている」。

単勝1番人気で敗れた経験が重要?

inyofu 過去10年の桜花賞では、「単勝1番人気で2着以下に敗れた」という経験を持っている馬が2着以内に入るケースが多い。ちなみに例外となっている2011年は、3着馬トレンドハンターが4走前の新馬戦で1番人気に支持され2着に敗れていた。2013年以降は、新馬・未勝利戦以外でこの条件に該当していた馬が連対している。そのあたりを考えつつ、出走馬の過去の成績をチェックする手はあるかもしれない。

ソウルスターリングと共に「2強」という雰囲気があったため前走は残念であるが、いつまでも悲観は出来ない。別路線からも有力馬が参戦するのもあり、今回は2番手評価とまではならなさそうである。この馬自身の末脚をフルに使うことが出来れば、逆転の可能性もある。打倒ソウルスターリング、これをやってのけるのはこの馬以外見当たらない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line