TOP > 競走馬 > 「ジューヌエコール」自分のリズムでリラックスして走る【函館SS】
競走馬

「ジューヌエコール」自分のリズムでリラックスして走る【函館SS】

デビューから3連勝でデイリー杯2歳ステークスを制したジューヌエコールが函館スプリントステークスに出走する。3連勝後に挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは4番人気に支持されるも11着と崩れてしまった。今年は不利を受けたり、馬場が合わなかったりと残念な競馬が続いているが、それを何とか断ち切りたいそんなジューヌエコールについてまとめてみた。
ジューヌエコール

【阪神JF】期待に応える事が出来ず...

4番人気に支持されて迎えた阪神JF。スタートから行きっぷりが良すぎて多少掛かってしまった。そこから立て直すが、直線で追い出されてからは伸びることなく後方に下がってしまった。
動画を見る
inyofu 11着 ジューヌエコール(M・バルザローナ騎手) 「だいぶひっかかりました。しかし、それなりにコントロールが利いていました。その後、内の馬に接触して、バランスを崩してしまいました。そこからハミを取り直すのは大変でした。スピードのある馬で、1200mから1400mがベストでしょうか」

【フィリーズレビュー】不利を受けての4着...

仕切り直しの1戦となったフィリーズレビュー。行き脚がついて好位のイン、3,4番手を確保する。直線に入るところで先頭に立とうかというシーンで、外から来た馬に前をカットされてしまい、必死に追い上げるも4着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 4着 ジューヌエコール(北村友一騎手) 「直線で加速するところでブレーキを掛けるような不利がありました。残念です」

【桜花賞】1600mは少し長いのか...

道中はソウルスターリング、リスグラシューなど有力馬と同じような中団馬群に位置取る。手応えよく直線に入ったが、思ったほど伸びることは無く、9着に敗れてしまった。
動画を見る
inyofu 北村友騎手(ジューヌエコール=9着)「休み明けを使って、前走より落ち着きがありました。スタート後の一歩目で強く手綱を持った(引いた)ぶん、向こう正面で力んでしまった。ただ、1600メートルでは手応えほど反応してくれない感じです」

【函館SS】追い切り 馬なりで鋭く伸びた!

inyofu ジューヌエコールは11日にウッド単走。最後まで馬なりもラスト12・6秒(5ハロン70・6秒)と鋭伸した。今週のひと追いで態勢は整いそう。
inyofu 安田翔調教師「桜花賞(9着)はためを利かせきれなかった。中間はここを目標にして仕上げてきた。輸送減りもなく順調そのもの。斤量の50キロは魅力なので、あとはいかに自分のリズムで運べるかだけ」

重賞を制していながらも50kgという斤量で走ることが出来るのはとても大きく、昨年の覇者のソルヴェイグと似ている部分がある。陣営の期待が高かったスプリント戦への出走でどのような結果を残すことが出来るのか、非常に楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line