TOP > 競走馬 > 「ジューヌエコール」辛抱して脚をためて最後に生かす!【桜花賞】
競走馬

「ジューヌエコール」辛抱して脚をためて最後に生かす!【桜花賞】

ききょうステークスは鮮やかな差し切り勝ち、デイリー杯2歳ステークスは好位のインから抜け出し快勝などレースセンスの高さで積み重ねた連勝は3つ。そんな期待の大きい中挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは好メンバーの中、4番人気に支持されるも11着と崩れてしまった。前走のフィリーズレビューでは不利を受けてちぐはぐな競馬になり4着と次こそは全力を出し切りたいところである。そんなジューヌエコールについてまとめてみた。
ジューヌエコール

【デイリー杯2歳S】牡馬相手に重賞初勝利!

牡牝混合の重賞だが、2番人気に支持されたジューヌエコール。今回はゲートを上手く出て、好位のインで脚を溜め最後の直線へ。ボンセルヴィーソとベルカプリの間を割って脚を伸ばし、先頭でゴール。無傷の3連勝で重賞タイトルを手にした。
動画を見る
inyofu 1着 ジューヌエコール(福永祐一騎手) 「終始手応えが良かったです。着差はわずかでしたが、かわせる自信はありました。結構ペースが速くなるだろうと思っていましたが、ゲート練習の効果があって良いスタートを切れました。逃げ馬の後ろで力んで、やはり行きたがっていました。直線では前に並んでから逃げ馬のムチを気にしていました。しかし、きっちりとかわしてくれました。マイルまでこなしてくれましたし、良い内容で勝てました」

【阪神JF】期待に応える事が出来ず...

4番人気に支持されて迎えた阪神JF。スタートから行きっぷりが良すぎて多少掛かってしまった。そこから立て直すが、直線で追い出されてからは伸びることなく後方に下がってしまった。
動画を見る
inyofu 11着 ジューヌエコール(M・バルザローナ騎手) 「だいぶひっかかりました。しかし、それなりにコントロールが利いていました。その後、内の馬に接触して、バランスを崩してしまいました。そこからハミを取り直すのは大変でした。スピードのある馬で、1200mから1400mがベストでしょうか」

【フィリーズレビュー】不利を受けての4着...

仕切り直しの1戦となったフィリーズレビュー。行き脚がついて好位のイン、3,4番手を確保する。直線に入るところで先頭に立とうかというシーンで、外から来た馬に前をカットされてしまい、必死に追い上げるも4着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 4着 ジューヌエコール(北村友一騎手) 「直線で加速するところでブレーキを掛けるような不利がありました。残念です」

【桜花賞】追い切り 馬体がしっかりして折り合いもバッチシ!

inyofu ジューヌエコールの1週前追い切りは北村友を背にウッド6ハロン81・6―39・0―11・8秒。格下馬に先行も、最後は追い比べで半馬身差まで詰め寄られた。
inyofu 安田隆調教師「ここ2走(阪神JF=11着、フィリーズR=4着)はともに敗因がはっきりしている。1度使ったことでうまくガスも抜けた。落ち着いてリラックスできている。1週前の追い切りでも楽に折り合いがついた。馬体もしっかりしてきました。名誉挽回といきたいですね」

何といっても前走の不利は痛かったように思えるが、あのハイペースであのタイミングで抜け出して勝利を得ることが出来たかというと少し疑問があるという感じではある。しかし、このレースで分かったことはこの馬のスピード能力の高さ。これを武器にすれば、鋭い切れ味を持った有力馬相手に十分に勝負が出来ることであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line