TOP > 予想/馬券 > 【カペラS】下位人気馬が激走する!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【カペラS】下位人気馬が激走する!?高配当の使者はこの馬だ!

1番人気は(0,1,0,7)と未勝利で、全く信頼できないカペラステークス。高配当を狙うには打ってつけのレースだが、果たして今年の結果は如何に!?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

距離短縮の馬に注目!

過去8年、前走が1200m以上のレースだった馬は(8,5,6,45)と3着内馬のほとんどを占めている。距離を短縮してくる馬を狙い撃ちしたい。
5ヶ月ぶりのレースとなるダノングッド。初の1200メートルのレースだが、半兄のダノンレジェンドがダート短距離界で見せた活躍を考えれば、むしろ楽しみのほうが大きい。スムーズに運べれば、馬券圏内は十分に狙える1頭だ。

後方待機の馬が活躍!

過去8年、前走の4角通過順が10番手以降だった馬は(3,3,3,34)と実に9頭も馬券になっている。JRA唯一のダート1200mの重賞ということもあり、ハイペースになりやすく、直線の短い中山でも差しが決まりやすい。後方待機の馬にも目を向ける必要がありそうだ。
この条件がベストのキタサンミカヅキ。中山ダートでは、メンバー最多の4勝を挙げている。前走の室町Sは12着と大敗したが、一度叩かれた上積みがあれば、ゴール前で外から強襲してくるシーンも考えられる。

柴田善臣騎手に注目!

柴田善臣騎手のカペラSの通算成績は(1,1,1,3)で、複勝率50%・複勝回収率200%と好成績。09年11番人気3着グランドラッチや13年6番人気1着ノーザンリバーなど、人気薄での活躍も目立っている。今年もベテランの手綱さばきに注目だ。
古豪8歳のグレープブランデー。このレースに出走するのは初めてだが、過去5年でマンハッタンカフェ産駒は単勝回収率131%と1発の魅力がある。初コンビとなる柴田善臣騎手がどのように騎乗するか注目だ。

6番人気以下の人気薄が過去8年で12頭も馬券に絡んでいる波乱必死のカペラステークス。積極的に穴馬を探し出して、高配当をゲットしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line