TOP > 予想/馬券 > 【第68回阪神ジュベナイルフィリーズ】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ
予想/馬券

【第68回阪神ジュベナイルフィリーズ】全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ

2016年12月11日(日)阪神競馬場で行われるGI【第68回阪神ジュベナイルフィリーズ】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 ディーパワンサ

inyofu 先週に続き、新コンビのシュタルケが騎乗。CWコースで6F86秒2~1F12秒0(強め)。道中5馬身前を走っていたタイセイオーキッド(2歳新馬)に2馬身先着した。  シュタルケは「凄く反応が良くて、真面目な馬。コントロールしやすかった。レースは日曜なので今日は80%の力しか出していないけど、最後もしっかり伸びてくれたよ」

1枠2番 ソウルスターリング

inyofu 美浦トレセンの坂路に、レッドルモンドに導かれて登場。ムキになって追いかけることはなく、鞍上がゴーサインを出すとスッと反応する。柔らかいフットワークで駆け抜け、単走で4ハロン55秒1、ラスト1ハロンは12秒4。時計以上に軽快な動きが目立った。「もう気持ちは入っているから、並ばせなくていい。中6週だけど、使っているから調整は楽だよね」藤沢和調教師の満足そうな表情から、状態の良さが伝わってきた。

2枠3番 エムオービーナス

inyofu Wコースでレッドシルヴィ(3歳1000万)と併せ馬。6馬身先行から馬なりのまま2馬身半先着。シャープな脚さばきが目を引いた。ビーナスから下りたばかりの初也を村松は直撃。「テンションが上がりやすい馬なので、サッと。状態は悪くないですよ」と笑顔をのぞかせた。

2枠4番 レーヌミノル

inyofu 小倉2歳S王者のレーヌミノルが抜群の最終追いで2歳女王に近づいた。栗東Cウッドでロバストミノル(古馬500万)を7馬身追走。馬なりで外からかわして頭差先着した。時計も5ハロン66秒9-37秒1-11秒7と上々で、本田師は「いい状態。素直で乗りやすく、根性もある」と目を細めた。

3枠5番 ポンポン

inyofu ▼ポンポン(嘉藤)調子は悪くない。競馬は上手だけど、今回は相手も強い。

3枠6番 ショーウェイ

inyofu CWコースで6F83秒5~1F12秒9(馬なり)。道中2馬身前を走るプリンシパルスター(3歳500万)の内に入って、余力たっぷりに1馬身先着した。 騎乗した松若は「いい仕上がり。周りの馬を気にする面があるので、勝ちに行くなら逃げた方がいいかな。そんなに力んで行く馬ではないので」と無欲の逃げを示唆。

4枠7番 ブラックオニキス

inyofu 関東馬ブラックオニキスはCWコースで6F84秒5~1F12秒6(馬なり)。単走でリズミカルに駆け抜けた。 騎乗した城戸は「いいですね。反応が良かった。落ち着いています」と加藤和師に報告。

4枠8番 サトノアリシア

inyofu サトノアリシアは坂路で4ハロン54秒0-12秒2。馬なりながら走りは軽快で「動きは良かった。順調に仕上がっている」と平田調教師は満足げだ。 前走は勝ったリスグラシューと1秒差だが、道中で引っ掛かったのが響いた形で「あれだけ折り合いを欠いても伸びてきたし、なかなかのもの」とトレーナーに悲観の色はない。

5枠9番 ジャストザマリン

inyofu ▼ジャストザマリン(牧浦師)しまいの反応を見る形で動きは良かった。新馬戦はセンスのいい内容。コースも対応できる。

5枠10番 クインズサリナ

inyofu シュミノーを背に坂路で併せ馬。タイセイマライカ(3歳500万)を相手に4F54秒6。3馬身追走からラスト2Fで馬体を併せると12秒6―12秒7と鋭い反応。力強い脚取りで僚馬を楽々と1馬身差かわした。 鞍上は開口一番「2歳じゃないみたい」と乗り味を絶賛。続けて「コントロールしやすく、追ってからも伸びるような感触があったのでマイルは大丈夫」

6枠11番 ジューヌエコール

inyofu ジューヌエコールは、栗東坂路からCウッドへ。2歳牝馬の当週の追い切りだが、しっかりとしたメニューだった。坂路で4ハロン60秒1-15秒0をマークした後、Cウッドで4ハロン54秒7-11秒7をマーク。しまいは馬なりで鋭く伸び、先行するダノンキングダム(新馬)と並んでゴール板を駆け抜けた。安田師は「予定通り。いい形で稽古も消化し、内容も良かった」と納得の表情だった。

6枠12番 アリンナ

inyofu 秋明菊賞(500万下)を勝ったアリンナは坂路で4ハロン54秒2-12秒2。ゴール前に仕掛けて鋭く脚を伸ばした。「全体の時計はそれほど速くないが、しまいの感じはよかった。いい体調で使えると思う」と松元茂調教師は納得の表情だ。

7枠13番 ゴールドケープ

inyofu ゴールドケープはポリトラック単走。上がり重点に馬なりのまま5F65秒4~1F11秒8と活気のある動きを見せた。  「中1週なのでこれで十分。いい状態を維持できている」と佐藤助手。

7枠14番 スズカゼ

inyofu ▼スズカゼ(伊藤正師)引き続き順調。少しずつ中身が充実して調教に耐えられるようになってきた。

7枠15番 フェルトベルク

inyofu ▼フェルトベルク(佐藤助手)前走は自分の時計も走れていない。距離はマイルまでならこなせると思っている。

8枠16番 シグルーン

inyofu ▼シグルーン(藤岡康)動きも良く走りそうな雰囲気がある。操作性が高いので、立ち回り次第でチャンスはある。

8枠17番 ヴゼットジョリー

inyofu 先週に続き和田を背にCWコースで併せ馬。ファンドレイザー(3歳500万)を相手に上がり重点に6F84秒3。直線で軽く気合をつけられると、ラスト1F11秒8とシャープに伸びた。僚馬を2馬身追走から1馬身差突き放してフィニッシュ。和田は「先週もしっかりとやって、今朝も動きは良かった。癖もなく乗りやすい」と好感触。

8枠18番 リスグラシュー

inyofu リスグラシューはマイル仕様で挑む。ハローがけ前の栗東坂路で単走、4ハロン55秒2-12秒3をマークした。1週前には同51秒8の時計を出したが、矢作師は「この距離を想定して、切れ味を出すイメージでやった」。全体時計をあえてかけ、めりはりをつけた。「予定通り。走りのリズムが、非常にいい」と納得の調整だ。

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu アリンナ 牝2 54 *田辺裕信 07日栗坂良:54.2-39.2-12.2:強め

ヴゼットジョリー 牝2 54 *和田竜二 07日栗C良:84.3-67.8-52.2-37.9-11.8:馬也

エムオービーナス 牝2 54 木幡初也 07日南w良:69.3-53.9-38.6-13.6:馬也

クインズサリナ 牝2 54 *シュミノ 07日栗坂良:54.6-39.3-12.7:馬也

ゴールドケープ 牝2 54 丸山元気 07日栗ポ良:65.4-50.5-37.6-11.8:馬也

サトノアリシア 牝2 54 池添謙一 07日栗坂良:54.0-38.7-12.2:馬也

シグルーン 牝2 54 *藤岡康太 07日栗坂良:53.7-39.5-12.5:強め

ジャストザマリン 牝2 54 *四位洋文 07日栗坂良:55.1-40.0-12.4:馬也

ジューヌエコール 牝2 54 *バルザロ 07日栗坂良:60.1-44.2-15.0:馬也

ショーウェイ 牝2 54 松若風馬 07日栗C良:83.5-67.1-52.2-38.3-12.9:馬也

スズカゼ 牝2 54 *松田大作 07日美坂良:55.3-39.6-12.3:馬也

ソウルスターリング 牝2 54 ルメール 07日美坂良:55.1-40.5-12.4:馬也

ディーパワンサ 牝2 54 *シュタル 07日栗C良:86.2-70.3-54.7-39.7-12.0:強め

Cフェルトベルク 牝2 54 川島信二 07日栗ポ良:63.6-48.2-35.8-12.1:一杯

ブラックオニキス 牝2 54 城戸義政 07日栗C良:84.5-68.2-52.9-39.0-12.6:馬也

ポンポン 牝2 54 嘉藤貴行 07日美坂良:58.0-42.4-13.9:馬也

リスグラシュー 牝2 54 *戸崎圭太 07日栗坂良:55.2-39.5-12.3:馬也

レーヌミノル 牝2 54 *蛯名正義 07日栗C良:66.9-51.3-37.1-11.7:馬也

うまキュレ班のオススメ好調教馬

◎レーヌミノル
 リスグラシュー
 ジューヌエコール
 ディーパワンサ
 ヴゼットジョリー

特にレーヌミノルは、3頭併せ馬の大外をキビキビした走り。前に2頭行かせる形をとって、ラストで一気に追い抜く瞬発力に特化した内容。過去3戦の追い切りを見ると、終い11秒台は初。しかも今回2本記録していて明らかに前走以上の仕上げで臨めるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line