TOP > コラム > タンタン単勝メン!【12月10日版】
コラム

タンタン単勝メン!【12月10日版】

タンタン単勝メン
1号「先週は、連勝で、競馬もえらく儲かったね!」

オヤジ「私よりも、あんたの運気が凄い気がするね。今年の秋は、NYの株式市場みたいに、上昇の一途なんじゃないの?」

1号「うんまあ、そうかもね。でも、このオヤジさんとのコラムを読んで馬券買ってる人は、結構当たってると思うよ。」

先週土曜のタンタン単勝メン
先週日曜のタンタン単勝メン

オヤジ「そうだけど、あんたは、先週のチャンピオンズカップもきっちり取ったんだろ、流石だよ。私も競馬のカリスマで、あんたのコラム読んでるから。」

競馬のカリスマ

1号「そうなの?ありがとう!今年は、結構いいね!」

オヤジ「もうすぐ今年も終わるけど、何だか世界が不穏な方向に行ってる感じがしてるんだよね。」

1号「オレも感じてるよ、貧富の差問題?それとも右傾化問題?」

オヤジ「両方とも。というかどちらも大きく関連してると思うよ。世界の多くの国々で人びとの生活が苦しくなり、何か大きなマイナスのパワーが爆発し始めているよね。イギリスのEU離脱もそうだ。韓国の100万人デモが大統領を葬り去るのもそうだよ。そうしたマイナスのパワーは、大きな変革を望むんだ。アメリカの大統領選でトランプが選ばれたのも、この方程式に当てはまってるよ。」

1号「確かにその通りだね。イタリアでの極右政党の台頭もそうだし、フィリピンのドゥエルテさんが大きな支持を集めるのもそうだね。強いリーダーというか、悪い言い方をすれば、独裁者的な偶像を人々が求めているのかもしれないね。」

オヤジ「そう、だから、これからの世界は、力ち力がぶつかり合う世界となっていくんだと思うよ。戦争や、民衆による大きなテロリズムも起きないとは限らない。それは、生活苦が原因にもなっていると思う。」

1号「だよね、我が国でも、6人に1人の子供が貧困にあえいでるんだろ?オレとオヤジさんが、こんなギャンブルで遊んでるのが、何だか申し訳ない気分になるよ。」

オヤジ「それはそれだよ。何とかしたいと思えば、タイガーマスクになればいいんだろうけど、私やあんたのちっぽけな力では、この窮状を救うことなんて出来ないよ。やはり政治の力が求められているんだと思うよ。」

1号「これから世界は、どうなっていくんだろうね・・。何だか想像すると怖くなってくるね。さ、こういう話は、これくらいにして、明日の競馬だけど・・・。」

オヤジ「ああ、そうだよね。明日はね、阪神4レースの4番、ナムラマルを買いたいね、50頼むよ。」

1号「ああ、オレも、この馬狙いたいと思ってたんだ。トルネードアレイの方が人気になったら、単勝美味しいよね。」

オヤジ「そう、あ、なら、4-5の馬連もまた1点買おうか?50頼むよ。」

1号「分かった。」

ということで、オヤジさんは、ナムラマルで勝負だ!



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line