TOP > 競走馬 > 「レヴァンテライオン」調子は悪くない!軽量を生かす【函館SS】
競走馬

「レヴァンテライオン」調子は悪くない!軽量を生かす【函館SS】

昨年の函館2歳ステークス覇者のレヴァンテライオンが函館スプリントステークスに出走する。2歳時は連勝で重賞を制した後は、京王杯2歳ステークスや朝日杯フューチュリティステークスなどスプリント戦以外を使われてきたが、イマイチ結果を残すことが出来なかった。昨年輝いた舞台で復活となるのであろうか、レヴァンテライオンについてまとめてみた。
レヴァンテライオン

【新馬】素晴らしい伸びを見せ勝利!

デビュー戦で1番人気に推された本馬。道中は3番手の内で脚を溜める。直線では、行き場を失う場面があったものの、前が空いてからは鋭い末脚を発揮し、粘るエスケークラウンをゴール直前でクビ差差し切り勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 レヴァンテライオン(三浦騎手) 「決してスムースに運べた訳ではなく、途中で来られるような形でしたが、それで差し切ったのですから、強かったですね。次につながる競馬だったと思います」

【函館2歳S】断然人気馬を破りレコード勝ち!

1.8倍のモンドキャンノに続く7.2倍の2番人気に支持された本馬。終始外目からスムーズな先行策をとる。そして最後の直線で早めに抜け出すと、そのまま押し切ってモンドキャンノを半馬身差抑え、コースレコードで重賞勝ちを飾った。
動画を見る
inyofu 1着 レヴァンテライオン(三浦騎手) 「新馬戦の前から期待していた馬で、今日は勝ててホッとしています。今日はうまくゲートを出て、楽に3番手につけられました。あとはリズム良く走ってくれて手応え十分、直線では反応も良かったです。前回は追い出しを待たされましたが、今日は馬の力を信じて強気に乗りました。2歳離れした落ち着きがあって、古馬のような走りをします」

【昇竜S】初ダートも適性は無かったか...

スタートから勢いよく3番手の外につける。直線に入ってからすぐに追い出され前を追うが、なかなか差が縮まらずに後続各馬に抜かれてしまい8着という結果に終わった。
動画を見る

【函館SS】追い切り 馬なりで先着、動きも軽快!

inyofu レヴァンテライオンは芝コース4ハロンから蛯名を背に3歳未勝利と併せ馬。馬なりのまま半馬身先着、動きも軽快だ(51・5―37・9―12・3秒)。
inyofu 久保助手「近走は不振続きだけど体調はずっといい。函館は新馬、重賞を連勝した舞台なのでキッカケをつかめれば」

ここ最近は不振ではあるが、昨年の函館2歳ステークスの先行してそのまま押し切った好内容と、52kgの軽量を考慮すれば強力な古馬相手でも十分に勝負になる。昨年は3歳馬がワンツーフィニッシュを飾った舞台であり、今年も同じような事が起こっても驚くことはないであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line