TOP > 競走馬 > 「ミスエルテ」動きよし!たくましい体に【NHKマイルC】
競走馬

「ミスエルテ」動きよし!たくましい体に【NHKマイルC】

デビュー戦は持ったままの快勝、続くファンタジーステークスでは大外から差し切って無傷の2連勝で重賞制覇。次走には朝日杯フューチュリティステークス挑戦。1番人気に支持されるが、結果としては4着と期待を大きく裏切る形になってしまった。前走の桜花賞では渋った馬場は得意ではなかったのか、11着と大敗してしまった。初めてのコースでどのようなパフォーマンスを見せるのか、ミスエルテについてまとめてみた。
ミスエルテ

【ファンタジーS】出遅れながらも凄まじい末脚で勝利!

前走の勝ちを評価され一番人気に。レースでは、スタートで後手を踏み、後方からの競馬を余儀なくされる。しかし、道中後方のままコーナーを回って直線へ入ると凄まじ鬼脚を披露する。一完歩ずつ前との差を確実に詰めると、逃げるショーウェイを一瞬にして差し切り、最後は2着に11/4馬身差つけてゴールした。
動画を見る
inyofu 1着 ミスエルテ(川田騎手) 「ゲートの中で横を向いた時にスタートが切られましたが、出てからも進んで行きませんでした。4コーナーでも、ここで動くんだと理解するとそこから動いて行ったりと、経験を積んでいっているところです。直線では強く踏んでいませんし、まだ全力で走っていません」

【朝日杯FS】牡馬相手には厳しかったか...

2週連続のフランケル産駒によるGI制覇を期待され1番人気に推される。今回はスタートを決めて、中団よりやや前目の位置でレースを進める。直線に入ってさあここから他馬を飲み込もうかという感じでもなく、逃げ粘るボンセルヴィーソまで捕えることが出来なかった。
動画を見る
inyofu 4着 ミスエルテ(川田将雅騎手) 「競馬の前のテンションが上がっていて、使うごとに我慢できなくなっています。競馬自体はスムーズに、我慢できていたのですが......。今日のような力のいる馬場も苦しいのかもしれません。スピードの出る、軽い芝の方がいいのかなと改めて感じました」

【桜花賞】重たい馬場が影響したか...

約4ヶ月ぶりの実戦でぶっつけ本番となった。道中は中団のインに位置取り、前の様子を窺う。4コーナーを回って、直線では良い脚を使っていたが、坂の直前で失速してしまい馬群に沈む形になった。
動画を見る
inyofu 川田騎手(ミスエルテ=11着)「テンションが上がりすぎず、競馬でも我慢してくれたんですが…。馬場のぶんですかね。伸びそうで伸びませんでした」

【NHKマイルC】追い切り シャープに伸びて先着!

inyofu ミスエルテは川田を背にウッドで併せ馬。直線、シャープに伸びて堂々の4馬身先着。前回(桜花賞=11着)より我慢のきいた走りも好印象だ。
inyofu 池江調教師「良かった。だいぶ戻ってきたね。テンションも前走よりマシになっている。あとは輸送と土曜の雨予報がどう出るか」

前走の桜花賞の結果からフランケル産駒は重馬場は得意ではないというのが見て取れた。さらに桜花賞の上位馬は外枠と、枠にも恵まれなかった。今回も当日のテンションというのがカギとなってくるが、そこは池江泰寿厩舎。現在調教師リーディング2位の勢いも備えて、復活の美酒に酔いしれたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line