TOP > 競走馬 > 「ダンビュライト」癖がなく、折り合いも大丈夫。距離もこなせる!【日本ダービー】
競走馬

「ダンビュライト」癖がなく、折り合いも大丈夫。距離もこなせる!【日本ダービー】

母は現役時代に2003年の秋華賞に出走したタンザナイトで、兄弟も活躍馬が多いダンビュライトが日本ダービーに出走する。今年は勝利こそは無いものの、きさらぎ賞では好位から良く伸びて3着。弥生賞でもじわじわと伸びて3着。前走の皐月賞でも1番人気のファンディーナに真っ向勝負を仕掛ける強気の競馬で3着。力は確実に付けているダンビュライトについてまとめてみた。
ダンビュライト

【きさらぎ賞】好位から良く伸びて3着!

スタートから中団で先行集団を前に見る形でリラックスした走り。4コーナーの下り坂で一気に加速して直線コースへ。サトノアーサーと伸びてきたが、2着争いに敗れてしまい本賞金加算とはいかなかった。
動画を見る
inyofu 3着 ダンビュライト(ルメール騎手) 「いい感じ、いいペースで流れに乗って長くいい脚を使ってくれました。まだまだ若い馬、もっと良くなります」

【弥生賞】優先出走権は確保!

クラシック出走に黄色信号が灯った中での出走。道中は超のつくスローペースを好位のインで待機する。4コーナーからじわっと上がっていき、直線ではスルスルっとインを突いて最後は3着を確保した。
動画を見る
inyofu 3着 ダンビュライト(C・ルメール騎手) 「スローペースで瞬発力がない馬ですが、良く伸びています」

【皐月賞】強気の競馬で3着、ダービーの出走権を確保!

道中は1番人気のファンディーナを右前に見る形で先行。勝負所に入ってファンディーナが動いたところに外から上がっていき、直線コースへ。一瞬先頭に立つ勢いであったが2頭に突き放される。しかし、最後はまた差を詰めて3着。
動画を見る
inyofu 3着 ダンビュライト(武豊騎手) 「いつも通りのレースができて、良さを生かせました。タイムがもう少しかかってほしかったですが、反応はしてくれていました」

【日本ダービー】追い切り 余力を残して併入!

inyofu ダンビュライト(写真手前)は武豊を背に坂路でアメリカズカップと併せ馬。重苦しさもなくスムーズに併走すると、最後も余力残しで併入。追えばどこまでも伸びていきそうな雰囲気だった(4ハロン52・6―13・0秒)。
inyofu 武豊騎手「馬なりでいい動きでした。落ち着いていたし、いい状態ですね。馬場入りなどはうるさいが、レースはしやすい馬。癖もないし、距離もこなせそうです」

主な勝ち鞍は新馬戦と「最強の1勝馬」の呼び名高いが、確かにそうである。これまで賞金不足によりクラシック参戦が何度も危ぶまれたが、弥生賞、皐月賞と確実に優先出走権を手にしてきた。ここまで来たら狙うは頂点ただ1つのみで、ダービー5勝の心強い鞍上の武豊騎手と共にこのレースを盛り上げてくれるであろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line