TOP > 競走馬 > 「マルターズアポジー」疲れない!トップハンデも跳ねのける【京成杯AH】
競走馬

「マルターズアポジー」疲れない!トップハンデも跳ねのける【京成杯AH】

現役馬で逃げ馬の代名詞になりつつあるマルターズアポジーが京成杯オータムハンデに出走する。デビューから一度もレースの主導権を譲ったことがない快速馬は、武士沢友治騎手とのコンビで福島記念と小倉大賞典、関屋記念を制覇。2度のGⅠの舞台でも堂々とした逃げっぷりでレースを盛り上げた。前走は久しぶりのマイルも遺憾なくそのスピードを見せつけて重賞制覇し、勢いに乗っているマルターズアポジーについてまとめてみた。
マルターズアポジー

【大阪杯】軽快に逃げるも直線で力尽きる・・・

11番枠からまずまずのスタートを切ると、すんなりとレースの主導権を握る。道中は2番手に5~6馬身差をつける単騎逃げに持ち込み、前半1000m59秒6と軽快に飛ばす。最後の直線に入ったところでも2馬身のリードがあったが、キタサンブラックに一気にかわされて失速し12着に敗れた。
動画を見る
inyofu 12着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手) 「ハナを切っていいペースに持ち込むことが出来ました。小回りコースでのレースなどこの馬向きのレースもありますし、まだまだこれから期待しています」

【七夕賞】競りかけられてオーバーペースで潰れてしまう...

好スタートからいつものようにハナと思われたが、内からフェイマスエンドに競られてしまい、前半の1000m通過は58.0というオーバーペース。3コーナー過ぎでマイネルフロストに捕まるとその後はズルズルと後退し、直線でもスタミナ切れで11着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 11着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手) 「見ての通りです。あれだけ競られては仕方がありません。あれも競馬です」

【関屋記念】久しぶりのマイルで重賞制覇!

ポンと1頭抜け出したスタートから自然と先頭に立ち、レースを引っ張っていく。前半の800m通過は46.6とそこまで早くはないペースで直線を向くと、鞍上の右ムチに応えて懸命に粘る。後続各馬も差を詰めてくるが、2着馬に1馬身1/4の差をつけて逃げ切った。
動画を見る
inyofu 1着 マルターズアポジー(武士沢騎手) 「前走の負けを引きずっていないか心配していましたが、その不安を払拭してくれました。本当に真面目すぎるほど真面目な馬です。これから先、相手が強くなっても今日の競馬をしてほしいです」

【京成杯AH】追い切り 僚馬を並ぶ間もなく突き放す!

inyofu 関屋記念覇者マルターズアポジー(写真左)は南ウッドで同厩2頭を大きく追走。3、4角で馬場の大外から一気に差を詰めると、直線では並ぶ間もなく後続を突き放し、6ハロン80・8―38・3―12・4秒の好時計でフィニッシュした。陣営は重賞連勝へ期待を膨らませた。
inyofu 鈴木助手「これまでは1週前にびっしりやって当週は単走でサラッとでしたが、今回はレース間隔が詰まるのでパターンを変えました」
inyofu 堀井調教師「前走(関屋記念=1着)は自分のリズムで運べたし、距離も合っていたね。中山マイルも合っていると思うし、再度自分の形で運べれば」

重賞ウイナーは高く評価したい

inyofu 通算出走数が「12戦以上」だった馬のうち、JRAの重賞で優勝経験がなかった馬は3着内率8.6%と苦戦している。キャリアが豊富な馬同士を比較する際は、重賞ウイナーを高く評価したいところだ。

今回はハンデ戦で58kgの斤量を背負わされることになるが、実績が評価されたとプラスに捕えるべきである。中山のマイルは2戦して1勝、4着が1回という好相性でコースは全く苦にはしないが、逃げ馬という事で出来るだけ距離ロスの少ない内枠が欲しいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line