TOP > エンタメ・雑学 > 【初心者向け競馬用語集】「逃げ馬」逃げろ!逃げろ!と何故叫ぶ?
エンタメ・雑学

【初心者向け競馬用語集】「逃げ馬」逃げろ!逃げろ!と何故叫ぶ?

競馬場や競馬中継で、観客席から聞こえる「逃げろ!逃げろ!」という声。かたや「差せ!差せ!」という声も聞こえる。「逃げろ」とか「差せ」とか一体何?っていう競馬初心者の為の用語集!今回は「逃げろ!」という声援を受けて走る【逃げ馬】について徹底解説!
逃げ 

【逃げ馬】とは逃げを得意とする脚質を持つ競走馬!

inyofu 馬が得意にしているレースでの走り方を脚質といい、次の5種類あります。
馬によってはレースの進め方(戦法)が違ってくる理由には、様々な要因がありますが、馬の気性があります。
【気性】とは持って生まれた性格であり、遺伝によるところが大きく、血統的な傾向が見られる。気性(レースを戦う精神力)は、脚力とともに、競走馬の能力を構成する重要な要素でもある。
inyofu 具体的には、他馬より前へ出たがる闘争心、最後までとことん頑張る粘り、素直に騎手の指示に従う折り合い、位置取りを下げてリラックスして走れる抑え、馬込みを怖がらない図太さ...など。こうした精神力をどう備えているかは、脚質や距離適正には影響する。
逃げ馬には、他馬を恐がる馬、常に他馬よりも先行したいと思う気性の激しいタイプがいます。
inyofu スタートとから常に先頭に立ってレースを進め、そのままゴールになだれにむイケイケタイプ
inyofu 【馬の気性】
闘争心が強く、抑えのきかない気性の馬が多い。無理に抑えると引っ掛かったり、或いは走る気をそいだりして、本来の能力を発揮できない。または逆に、気が弱くて図太さに欠け、馬込みを怖がる馬も逃げることになる。気性的な弱さをもつ逃げ馬は、ゴール前で後続馬に追いつかれると、一気に走る気をなくすことが多い。が、強い逃げ馬は、追いつかれると、二の脚を使ってとことん粘るので大崩はしない場合がある。最後まで闘争心を継続する粘りがあるかどうかが、逃げ馬の能力の分かれ目である。なお、逃げるには他馬に先じる脚力がいる。発走直後の瞬発力やスピードは不可欠。
【逃げ馬】はスタートダッシュから先頭に立ち、ひたすら逃げる競争馬である。気性でいうと、闘争心が強く気性の荒いタイプか、馬込みを怖がる気の弱いタイプが向いている。向いてるタイプが2種類あり、それが正反対の気性というのが面白い。

【逃げ馬】って強いの?

inyofu 競馬をやっている人なら誰でも知っていること、それは「逃げ馬強し」という競馬の鉄則。
では、なぜに逃げ馬は強いのか。
逃げ馬の強みは「自分でペースを作れる」、「ロスなく走れる」、「他馬の影響を受けにくい」などがあると思います。
また馬場やコースの影響もプラスに作用することが多く「開幕週で前がとまらない」、「小回りは逃げ馬の天下」なんて言葉もよく聞きます。
inyofu 逃げ馬の強さが際立ったレースといえば、昨年の有馬記念、外枠からすんなり先頭に立ったダイワスカーレットはそのまま陰も踏ませず逃げ切りました。
ダイワスカーレットの刻んだラップは並大抵のものではなく、先行馬総崩れの流れを作りました。
それで最後は脚色鈍らずですから、恐れ入ったものです。
このように自分のペースで走ることが出来れば相当強い競馬をする馬は他にもたくさんいると思います。
ただし、条件馬になると、逆にもろさもあるわけで。他馬にからまれて惨敗、なんてことはよくあります。
inyofu 脚質別に見た単勝率では逃げ馬の回収率は100%を超えています。
つまり逃げる馬の単勝を買っておくと競馬は勝てるということですね。
ただし、どの馬が逃げるかは走ってみないと分かりませんが(笑)
しかし、明らかに自分のペースで走れる逃げ馬を見つけたら間違いなく買いといえるでしょう。
競馬を知っている人から見れば、当たり前のことを書いている訳ですが、実際、馬券を買う際に考慮しているか、と言われれば結構忘れていることもあると思います。
逃げ馬強し!という競馬の鉄則がある通り、脚質の中で最も単勝率が高いのが【逃げ馬】である。つまり、一番多くレースに勝っているのが【逃げ馬】だ。

【逃げ馬】として有名な競走馬は数多い。そこで、歴代最強【逃げ馬】と称される【サイレンススズカ】【カブラヤオー】【セイウンスカイ】のレースでの大逃げぶりをまとめたみた。

完成された逃げ!【サイレンススズカ】

狂気の逃げ馬!【カブラヤオー】

二冠達成の逃げ!【セイウンスカイ】


逃げ馬強し!という競馬の鉄則がある通り、脚質の中で最も多くレースに勝っている【逃げ馬】。【逃げ馬】が有利な点は、馬群に揉まれることがないので余分な体力のロスがない、自分のペースで走る為、他馬の影響を受けにくい等の理由がある。ただし、一番多く勝っている=最強とは限らない。なぜなら、クラシック三冠馬や歴代最強馬と称される競走馬のほとんどが【逃げ馬】ではないからである。

【初心者向け競馬用語集】「差し馬」についてのまとめもあります。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line