TOP > エンタメ・雑学 > 【初心者向け競馬用語集】「差し馬」差せ!差せ!…って何をさすの??
エンタメ・雑学

【初心者向け競馬用語集】「差し馬」差せ!差せ!…って何をさすの??

競馬場や競馬中継で、観客席から聞こえる「差せ!差せ!」という声。「なにをさすの???」ていう競馬初心者の為の用語集!今回は「差せ!」という声援を受けて走る【差し馬】について徹底解説!
競争 

【差し馬】とは差しを得意とする脚質を持つ競走馬!

inyofu 馬が得意にしているレースでの走り方を脚質といい、次の5種類あります。
馬によってはレースの進め方(戦法)が違ってくる理由には、様々な要因がありますが、馬の気性があります。
【気性】とは持って生まれた性格であり、遺伝によるところが大きく、血統的な傾向が見られる。気性(レースを戦う精神力)は、脚力とともに、競走馬の能力を構成する重要な要素でもある。具体的には、他馬より前へ出たがる闘争心、最後までとことん頑張る粘り、素直に騎手の指示に従う折り合い、位置取りを下げてリラックスして走れる抑え、馬込みを怖がらない図太さ...など。こうした精神力をどう備えているかは、脚質や距離適正には影響する。
inyofu 後ろから行く馬には、気の優しい、のんびり屋タイプがいます。
inyofu 逃げ馬、先行馬の後ろ、中団あたりで走り、最終コーナーから直線にかけて前の馬を追い抜いていくタイプ。
inyofu 【馬の気性】
位置取りを下げて行くためにには、折り合いがよく、抑えることもできる冷静で素直な気性が必要。また、道中は馬込みにもまれることが多いので、それを苦にしない図太さも不可欠。脚力は、スピードはもちろんだが、後ろから追う分、最後の瞬発力が重要。鋭い末脚を生かすためには、先行するより後ろから行ったほうがいい。
通常のレースでは、スタートから最終コーナー位までは、【逃げ馬】→【先行馬】→【差し馬】→【追い込み馬】の順に並んでレースを進めていく。最終コーナーから直線にかけて、後ろからベストポジションに上がり、先行する競争馬たちを追い越していくのが【差し馬】の特徴である。向いてる気性は、冷静で素直で図太い、という優等生的な競走馬が多い。

【差し馬】の弱点は?

inyofu 縦長の隊列は、逃げ・先行馬が有利?
たまに、 逃げ馬が大逃げをして、馬群の隊列がものすごく縦長になることがあります。俗に言う、ハイペースという状態で一般的にはハイペースは、差し・追い込み馬が有利と言われています。
しかし縦長の隊列になると、多くの場合、逃げ先行馬が粘るケースが多くなります。ハイペースなのに何故差し追い込み馬が届かないのでしょうか?
inyofu これが「なし崩しに足を使わされる」という状態です。
差し追い込みというのは、ラストスパートのトップスピードは速いのですが、スピードの持続力という点では、逃げ先行馬の方が優れているケースが多いです。
ですから前に行った馬がぐいぐい引っ張ると、後から行く差し追い込み馬は、前との距離がどんどん開いていきます。前との距離が開いていけば早めに追いかけていかなければなりません。
inyofu しかし差し追い込み馬は、早めに動いてしまうとスピードをの持続力があまりないため、途中で足が止まってしまいます。ですから最後の直線まで我慢するしかないのですが、前に行った馬があまりにも距離が離れていると、届かずに負けてしまうということになるわけです。
ですから、ハイペースだから差し馬有利とか、スローペースだから先行馬有利という発想ではなく、隊列が団子状態になるのか?それとも縦長になるのか? これを予想することが展開予想では重要になります。
一般的にはハイペースだと、【差し馬】が有利と言われているが、縦長の隊列になった場合は、例えハイペースでも【差し馬】が不利となってしまう。ならば【差し馬】が【逃げ馬】や【先行馬】に劣っているかというと、そうではない。歴代スターホースのほとんどが【差し馬】であるからだ。
最強馬と言われる競走馬の多くは【差し馬】であることが多い。時代は違えど最強と称された【ナリタブライアン】【ブエナビスタ】【テイエムオペラオー】のレースでの華麗な差しっぷりをまとめたみた。

三冠馬の差しっぷり!【ナリタブライアン】

華麗な差し!【ブエナビスタ】

獲得賞金世界一の差し!【テイエムオペラオー】


【差し馬】には華がある。最終コーナーからの華麗な差しは、競馬ファンならずとも、見入ってしまう美しさがある。前を行く先行馬に進路をふさがれてしまう危険性もあれば、他の競走馬のペースに狂わされることもある【差し】だが、それでも強いと言うのは歴代のスターホースが証明している。これからは、どんな最強【差し馬】が生まれるのか、注目である。

【初心者向け競馬用語集】「逃げ馬」についてのまとめもあります。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line