TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2016年12/19(月)~12/25(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2016年12/19(月)~12/25(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2016年12/19(月)~12/25(日)版。
先週はこちらの8ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、水沢(月、日)、浦和(月〜木)、金沢(火、金)、名古屋(月〜木)、園田(火〜木)、高知(火水、日)、佐賀(土日)
馬キュレ

2016年12/19(月)~12/25(日)の3連単最高払戻金額は?

先週は帯広競馬場での1,247,830円が最高配当であった。
2016年12月24日(土)、帯広競馬場で行われた「第106回楽天競馬ばんえい応援賞A1-1 」で、1~3着が5、10、9番人気馬で決着し、3連単の払戻金が124万7830円となった。

ベテランコンビで勝利!

inyofu 8歳馬と54歳のジョッキーのいぶし銀ベテランコンビが、年末に大仕事を成し遂げた。中団での追走から3コーナー手前で追い上げ態勢に入ったトキノエクセレントが、逃げ込みを図るレアヴェントゥーレを直線半ばで捕らえると、そのまま先頭でゴールへ駆け抜けた。

 「今日は馬の具合が本当に良かった。この走りっぷりなら完全復活ですね」と見沢譲もニッコリ。自身も14年1月のデイリー杯ニューイヤーカップ(ファイヤープリンス)以来となる重賞制覇。勝負どころでの右ムチの連打に呼応したパートナーとの勝利を喜んだ。
8歳にして重賞初制覇を成し遂げたトキノエクセレント。見沢騎手も久々の重賞勝利ということでベテランコンビで大仕事を成し遂げた。

圧倒的人気から勝利 キングプライド

inyofu 24日、佐賀競馬場で行われた第3回宝満山賞(3歳上・ダ2000m・1着賞金100万円)は、先手を取った鮫島克也騎手騎乗の1番人気キングプライド(牡4、佐賀・土井道隆厩舎)が、そのまま直線に入って後続を突き放し、2着の2番人気ヒショウ(セ8、佐賀・井樋明正厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒5(不良)。
骨折明けから1戦目で圧倒的人気を得たキングプライドはその人気にしっかり応えて勝利!今後も怪我に気をつけながら王道を進んでいってほしい。

ばんえい3歳王者はマルミゴウカイ

inyofu 25日、帯広競馬場で行われた第45回ばんえいダービー(3歳・200m・1着賞金150万円)は、第2障害を最初にクリアした藤本匠騎手騎乗の2番人気マルミゴウカイ(牡3、ばんえい・槻舘重人厩舎、積載重量730kg)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の1番人気ホクショウディープ(牡3、ばんえい・松井浩文厩舎、積載重量730kg)に7.4秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒9(馬場水分2.3%)。
2番人気マルミゴウカイが逃げ切りでばんえい3歳王者に輝いてばんえいダービーは幕を下ろした。2着は1番人気ホクショウディープ、3着は3番人気ツルイテンリュウとほぼ人気通りに決着した。

今週の地方競馬は帯広で124万馬券が飛び出した。また、遅咲きの重賞制覇を成し遂げたトキノエクセレントや、骨折から復帰でも大人気でその人気に応えて優勝したキングプライド、ばんえいダービーを制したマルミゴウカイなどが話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line