TOP > 予想/馬券 > 【京都金杯】大穴狙いでお年玉ゲット!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【京都金杯】大穴狙いでお年玉ゲット!買える穴馬の条件はこれだ!

過去10年、6番人気以下の馬が必ず馬券に絡んでいる京都金杯。フルゲートの今年も混戦が予想されるが、果たして結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

1400mの実績に注目!

過去5年、オープンの芝1400mで連対実績がある馬は複勝率22%・複勝率116%と好成績。短い距離で結果を残している馬を狙っていきたい。
格上挑戦の身ながら昨年8月の朱鷺Sを勝利したペイシャフェリス。以降5戦は馬券に絡めていないが、スワンSではコンマ5秒差の7着に健闘している。展開が嚙み合えば、上位進出が期待できる1頭だ。

先行馬を狙え!

過去3年、前走の4角通過が3番手以内だった馬は複勝率142%と馬券的に狙い目。先行馬が有利な1月の京都開催では、やはり前に行ける馬を狙った方がよさそうだ。
昨年の中京記念で2着の実績のあるピークトラム。前走は11着だったが、久々を叩いた上積みもありそうで今回は斤量も2キロ減。後続のマークが緩めば、粘りこみもありそうだ。

馬体重に注目!

2009年以降、馬券に絡んだ24頭中18頭は前走の馬体重が480キロ未満の馬だった。該当馬は複勝回収率が100%を超えており、押さえておきたい。
1番人気に支持されたタンザナイトSは5着に敗れたムーンクレストだが、2勝を挙げている京都芝1600mへの舞台替わりがプラスに働きそう。人気を落としそうな今回は、押さえておいた方がいい1頭だろう。

年始の京都競馬はAコースを使用するため、内枠が有利な傾向にある。人気馬が外枠を引けばその分波乱が起きる可能性は増しそうで、枠順にも注目したいレースだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line