TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~京都編~【1月5日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~京都編~【1月5日版】

抱きしめて!ミスターP
引き続き、覆面馬主・データの8号です。

中山の所でも書きましたが、今の日本でミスターPを代表する種牡馬はキングカメハメハ。

2016年もディープインパクトに次いでリーディング2位。これで5年連続2位。また10年-11年は1位でしたから、7年連続の2位以内。ミスターPの括りのみならず、日本を代表する種牡馬の一頭です。

そして、後継種牡馬となるルーラーシップの産駒が2016年にデビュー。

同種牡馬は2016年の2歳リーディングは5位にランクイン。キングカメハメハが8位でしたので、父を上回りました。そして、ミスターP系の種牡馬では、2歳リーディング最上位。順調なスタートを切ったと言えるでしょう。

ちなみに、今週から関西は京都開催ですが、ルーラーシップ産駒は2016年に計20勝。最多7勝は阪神ですが、次いで多いのは4勝を上げている京都です。そして、3着以内の頭数なら阪神の12頭を上回る13頭。全場の中で最も多い馬券対象を出しています。京都は得意な条件と言えるでしょう!

今週も期待できそうですね!

ということで、2017年の京都初日で気になるミスターPをご紹介します!


■ルーラーシップ産駒
京都5R・⑦コスモトゥイーク
デビュー戦の前走は5着。勝ったダノンキングダムとは0.8秒離れていますが、これは勝った馬が強かったとして、他の上位勢とはそれほど離れていません。それに、初戦を一度使って今回は状態がさらに良くなっているとか。上積みを見込める状態です。また乗り方ひとつでもう少し上位もあったかもしれない前走ですし、今回は前走の三津谷くんから幸くんに乗り替わり。経験豊かな乗り役に替わって前進を期待できそうです。

■ルーラーシップ産駒
京都6R・④ファイナンス
ここはディープインパクト産駒のアドマイヤロブソンが評判もよく人気も集めそう。ただ、狙うルーラーシップ産駒のファイナンスも十分に勝負になると見込んでいます。馬っぷりも良く、動きも日を追う毎に良くなっているとか。デビューからの好走に期待です!

ということで、京都は以上!


抱きしめて!ミスターP~中山編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line