TOP > レース > 【2014年】エプソムカップ&マーメイドステークス 最終追い切り動画まとめ
レース

【2014年】エプソムカップ&マーメイドステークス 最終追い切り動画まとめ

秋の大きな舞台を目指して有力馬が参戦する重賞。今週はエプソムカップとマーメイドステークスの最終追い切りの動画や記事をまとめてみた。
時計

【エプソムカップ】最終追い切り動画

1枠1番 ディサイファ

inyofu 前走都大路Sで2着のディサイファは美浦坂路でオープン馬を追走する併せ馬。1秒以上の差があったがジワッと伸びて追いつき、ラストは脚が止まりかけたが同入フィニッシュに持ち込んでいる。4F55秒6-1F13秒9(一杯)と時計は要した印象だが、水分を含んだ馬場で問題視するほどではない。2週続けてハード追いを消化できており、前走からの上積みは見込めそう。

2枠4番 ダークシャドウ

inyofu 強風と横なぐりの雨に見舞われた美浦トレセン。ダークシャドウの追い切りは、ほかの馬場に比べれば天候に左右されにくいポリトラックで行われたとはいえ、単走で力強く駆け抜けて復調をアピールした。 軽快なフットワークでピッチを上げていき、ゴール前で仕掛けられると、4ハロン50秒5、ラスト1ハロン12秒2の好時計でフィニッシュ。橋本調教助手は「まずまずの時計が出ましたね。態勢は整ったと思います」と思わず笑みを浮かべた。

3枠5番 マイネルラクリマ

inyofu 海外遠征帰りのマイネルラクリマは美浦ウッドで単走。終い重点にビッシリと追われ、渋った馬場のなかラスト1Fは12秒6 と上々の伸びを見せた。帰厩後早い時計はこれを含めて2本のみだが、牧場でもしっかり調整されていたようで動きに関しては文句なし。

4枠7番 ゴールデンナンバー

inyofu ゴールデンナンバーは大野を背に南ウッドで6ハロンから単走。余裕十分に6ハロン82・2―38・1―12・8秒をマークして好調キープをアピール。 鈴木康調教師「前走(ヴィクトリアマイル9着)の馬体増は成長分。体調は申し分なく動きもすごくいい。外差しが利く今の馬場なら競馬はしやすいはず」

5枠10番 タマモベストプレイ

inyofu タマモベストプレイは坂路で外ラチ沿いをさっそうと駆け上がった。4ハロン52・7―12・0秒の時計に、騎乗した南井助手は「ラスト2ハロンが12秒2―12秒0やろ。走るな。これでなんで競馬で走らんのかが分からん」と苦笑い。 それでも前走の目黒記念8着に関しては外国人騎手を起用した際にありがちな指示の行き違いがあったようで「伸びないけど、バテないので前で競馬をしてほしいと伝えたはずなんだが…。今度こそ前で思い切った競馬をしてもらうつもり」と積極策に活路を見いだす構えだ。

6枠11番 ペルーサ

inyofu ペルーサは南芝コースで3頭併せ。ゴールでは大外から一気に伸びてきたシェーンメーア(古馬500万下)に1馬身遅れたが、最後までしっかりとした脚取りで5ハロン64・5―36・5―11・4秒。久々ながら体に太め感はなく順調な仕上がりを見せている。 藤沢和調教師「巴賞を予定していたけど、状態が良くなってきたのでここへ。今週のひと追いで態勢は整った」 手綱を取った北村宏騎手「前向きに走っていたし、乗り込み量も十分」

7枠14番 マジェスティハーツ

inyofu 出典:前走新潟大賞典で2着だったマジェスティハーツは駆けつけた横山典騎手が手綱をとり、栗東ウッドでバリバリのオープン馬ウインバリアシオンを追走。序盤でしっかり折り合うと、余力十分のまま取り付き同入に持ち込んでいる。1週前は口向きの悪さを見せていたが、この日はスムーズな伸び。馬体にも張りがあり、目下絶好のデキだろう。

【マーメイドステークス】最終追い切り動画

3枠4番 サトノジュピター

inyofu サトノジュピターは「直前にやりすぎた福島牝馬Sは馬体が減ってしまった」(橋本助手)反省を踏まえ、美浦Wコースで軽め。単走で軽快に5F71秒5、ラスト1F12秒6をマークした。「先週しっかり追ったしまずまずの状態。馬体も今は500キロ以上あるので輸送さえクリアできれば」と改めて期待。

4枠5番 ブリッジクライム

inyofu ブリッジクライムは南ウッドでキャンター1周の後、坂路に移動。終始手綱を引っ張ったまま気合十分に4ハロン59・3―13・2秒をマークした。 鈴木康調教師「先週(4ハロン)53秒台をマークしており、輸送を挟む今週はこれで十分。体調はいいし、うまく折り合って一瞬の脚を生かしたい」

6枠9番 フーラブライド

inyofu 今年3月の中山牝馬Sを勝ったフーラブライドは栗東ウッドを単走で追い切られた。武英智助手を背に、終いに仕掛けられると鋭い反応を見せラスト1Fは12秒0と上々の伸び。GI後になるがデキ落ちは感じられず、高いレベルで好調をキープできている。

7枠11番 アイスフォーリス

inyofu オークス3着の実績があるアイスフォーリスは輸送を控えていることもあり、美浦ウッドを流す程度の最終調整。中3週だが、重苦しさはなくラスト1Fで13秒フラットをマークした。日曜追いでも軽快な動きを見せており一連の好調は維持できているだろう。

7枠12番 シャトーブランシュ

inyofu ローズSで2着の実績があり、放牧明けの前走都大路Sも4着と力の一端を示したシャトーブランシュは藤岡佑騎手を背に栗東坂路で単走の追い切り。終いだけ重点だったため全体時計は4F56秒0と平凡ながら、ラスト1Fは余力残しで12秒5と鋭く伸びた。前走時は転厩初戦で手探りの仕上げだっただけに、かなりの上積みを見込んで良さそう。

8枠13番 ディアデラマドレ

inyofu 前走半年ぶりのレースで2着したディアデラマドレは栗東ウッドでオープン馬フリートストリートらを相手に3頭併せ。最後方から追ったが脚色圧倒でアオり、3頭同入に持ち込んでいる。中間も活気のある動きを見せており久々を使われての反動はなく、大幅上昇と見ていい。

東京競馬場5週連続GIも終わり、少し落ち着いた中央競馬。しかし、まだまだ梅雨が続く状況の中でも、サラブレッド達の戦いは終わらない。夏や秋の舞台を目指して重賞を勝ち進んでもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line