TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【1月8日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」柴山雄一【1月8日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

土曜日にピックアップした内田博幸騎手は、2勝をマークする活躍をみせ、見事期待に応えてくれました!
やはり年末の東京大賞典優勝から好調の波に乗っているようで、当然日曜日の騎乗からも目が離せませんね。

さて。地方競馬出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。
新年三回目にピックアップしたいのは、通算500勝目まであと3勝に迫っている柴山雄一騎手。

昨年は後半に少し伸び悩んだ印象で、一昨年の72勝から勝ち星を減らした54勝でのフィニッシュとなりました。
また、チェッキーノの悔しい乗り替りなどもあり昨年は重賞勝利もゼロで終わってしまった(一昨年は重賞3勝)だけに、今年は勝ち星、重賞勝利数ともに、15年の成績まで戻したいところでしょうね。


それでは、さっそく日曜日の騎乗馬をジャッジしていきましょう。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■中山11R・◎コーラルプリンセス

2勝馬が3頭しかいないメンバーで、実績的には上位の存在。父クロフネという血統からもパワー寄りの中山へ舞台が替わることは好材料だ。
あとは最内枠を引いただけに、スタートを決めてスムーズな競馬が出来るかが最大のカギになるだろう。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■中山1R・▲アントレーン

近2走の成績からチャンスはありそうだが、すでに9走している馬だけに上積みは乏しい。

----
■中山2R・▲マヴィア

初戦は最後に踏ん張りきれなかったが、内容は悪くなった。
2戦目で落ち着きが増せば、前進が期待できる。

----
■中山3R・△ゲンパチマサムネ

大型馬でダート適性はありそうだが、それ以前に発馬難がネック。

----
■中山6R・△クラークキー

乗り込んで徐々に良化しているという話だが、一度使ったほうが良さそうなタイプ

----
■中山7R・△ボーントゥレイン

昇級初戦で5着だったように力は通用しそうだが、揉まれない外枠が理想の馬。
内枠を引いた今回はマイナス。

----
■中山8R・○ハートイズハート

ハイペースに巻き込まれた前走は度外視できる一戦。
気性的にも少し間隔をあけた方が良い馬で、今回は巻き返しのチャンスだ。

----
■中山9R・△セイカアヴァンサ

いい頃の動きには及ばず、立て直しにはもう少し時間が掛かりそうだ。

----
■中山10R・×ムーンエクスプレス

準OPでは2桁着順しか実績がなく、今回も厳しいだろう。

----
■中山12R・◎プライムセラー

長距離で結果を残してきたが、この距離まではギリギリ守備範囲か。
ただ、馬場が渋るとよくない馬だけに、稍重程度でおさまることが好走の条件。

----
それでは、2017年も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line