TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~中山編~【1月8日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~中山編~【1月8日版】

抱きしめて!ミスターP
皆さん、こんにちは。
覆面馬主・データの8号です。

いやー、土曜日の中山も1RからミスターPが活躍!
いきなり勝利で幕を明けw
1Rで注目していた馬はだめでしたが、同じ負けるでも勝ったのがミスターPならOKといった感じです。それに12Rのリンクスも強かったですね。アドマイヤムーン産駒のミスターPですが、最後の最後まで脚色は鈍らず、見事な逃げ切り勝ち!スタートの1Rも締め括りの12RもミスターPの勝利となった1日でした。ということで、なかなかいい流れが続いているミスターPの各馬。今の勢いで日曜日も期待でしょう!


では、日曜日の中山で気になるミスターPをご紹介します!

■サウスヴィグラス産駒
中山1R・⑨ヨッテケ
父のサウスヴィグラスはコーリンベリーやナムラタイタンなどを出しているダート血統。それから母父グラスワンダーは自身も有馬記念など小回り中山で強かったですし、産駒のアーネストリーなども中山を得意。どちらかというとパワーのある印象でしたよね。ちなみにもう一頭の代表産駒スクリーンヒーローはジャパンCを勝った印象が強いですが、3歳時に中山のダート重賞の伏竜S2着。大半の人は忘れているでしょうが、当初はダートで活躍していた馬。さらに母母父アサティスはウイングアローやスマートボーイなどのダート重賞の活躍馬を出した種牡馬。つまり、ヨッテケはバリバリのダート血統と言ってよさそうです!初戦は6着でしたが、「一回使って変わりそう」とかいう話ですし、今回は期待じゃないでしょうか!


■プリサイスエンド産駒
中山5R・⑩メイスンブルーム
レースの条件は芝2200m。プリサイスエンド産駒には、グロリアスノアとかカフジテイクとか、ダートの活躍馬が中心。ただ、この馬の場合、母父ステイゴールドの影響なのか、それとも母系に入る4代前の“シンザン”の影響なのかは分かりませんが、これまで芝の中距離で走っています。ということは母系の影響が強いのでしょう。ともかく、休み明けの前々走で4着、叩き2走目の前走で3着と着実に上昇。そして今回は叩き3走目。「さらに良さそう」といった話もあるようで、ますます期待。シンザン記念の行なわれる日に、“シンザン”の血を持つ馬が「勝つ!」という展開は十分にありそうな話ですね。ま、冗談はさておきデキ上昇なら狙えるミスターPと言えそうです!

ということで、中山は以上!


抱きしめて!ミスターP~京都編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line