TOP > 競走馬 > 「ベストリゾート」追い切るごとにたくましくなる!【京成杯】
競走馬

「ベストリゾート」追い切るごとにたくましくなる!【京成杯】

ハービンジャー産駒のベストリゾート。母ガラディナーは芝ダート問わず中距離で活躍し2勝を挙げた。新馬戦はハナ差とわずかな差で取りこぼしてしまったものの、続く未勝利戦ではきっちりと勝利を収めた。前走、素質馬が揃ったホープフルSでは良い脚を使い4着に食い込み、重賞レベルでも十分にやれることを証明した。そんなベストリゾートについてまとめてみた。
ベストリゾート

【メイクデビュー中山】ハナ差で惜しくも2着...

まずまずのスタートからダッシュよく2番手を取る。3,4コーナーの中間で先頭に立ち直線コースへ。坂上で2番手の馬を突き放しセーフティリードかと思われたが、最後差し切られてしまい2着。
動画を見る

【2歳未勝利】前走のうっぷんを晴らす勝利!

スタートで後手を踏み、後方からの競馬となった。しかし、向上面からじわっとポジションを上げて5番手で最終コーナーを回ると、抜群の手応えで坂を上り先頭に立つと後続を突き放し1着でゴールイン。
動画を見る

【ホープフルS】重賞でも力を証明!

スタートから鞍上が押していくも後方11番手辺りのポジションとなる。勝負所で外からじわっと上がっていって直線コースへ。大外から長く良い脚を使って4着まで食い込んだ。
動画を見る
inyofu 4着 ベストリゾート(北村宏騎手) 「良くも悪くもまだ柔らかすぎます。1、2コーナーを回ったあたりはリズム良く、4コーナーではオッと思いました。最後は来ていますし、いい馬です。伸びしろがあると思います」

【京成杯】直前情報 年長馬相手にしぶとさ見せる!

inyofu ホープフルS4着のベストリゾートは、美浦Wコースでディリジェンテを追走。馬なりの年長馬に手応えで見劣りしたが、追われてしぶとく併入に持ち込んだ。
inyofu 「中間は前走の状態を維持していくようなイメージで調整。前走は外を回らされたが、強い相手によく頑張った。あとは流れひとつだと思う」と木村調教師。

重賞6着以内がある馬は堅実

inyofu 過去10年の連対馬20頭中11頭は、JRAの重賞で6着以内に入った経験がある馬だった。該当馬は3着内率34.3%と好走率も高い。前記したように、グレード制導入以降はJRA重賞で優勝経験のある馬が一度も勝っていないレースではあるものの、やはり重賞で上位を争った経験がある馬はそれなりに高く評価すべきだろう。

ベルーフ、プロフェットと2年連続でハービンジャー産駒が制している舞台。ベストリゾートもこの流れに乗りたい。今回は前走ほど抜けた馬はおらず、この馬も実績上位の馬に数えられる程大いにチャンスがある。今年のクラシックへの出走権利のためにも最低限でも2着、それよりも優勝してクラシック候補として名を挙げたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line