TOP > 競走馬 > 「メリオラ」ガス抜き完了!リズムよくいい状態【京成杯】
競走馬

「メリオラ」ガス抜き完了!リズムよくいい状態【京成杯】

新馬戦で東スポ杯2歳S2着馬のスワーヴリチャードを破ったメリオラが京成杯に出走する。新馬戦では、先行押し切りで大接戦の末、素質馬を退け勝利。続くホープフルSでは大幅な相手強化もあり、6着に敗れてしまったが勝ち馬から0.6秒差と決して通用しないレベルではないことを示した。そんなメリオラについてまとめてみた。
馬キュレ

【メイクデビュー阪神】接戦で素質馬を退ける!

まずまずのスタートから好位の4番手に位置取る。クリノハリウッドが大逃げを打つも1000m通過は1.03.1とスローペース。3,4コーナーで馬群が凝縮して直線コース。残り100mで先頭に立つと、最後はスワーヴリチャードの猛追を凌ぎ切った。
動画を見る
inyofu 1着 メリオラ(M・デムーロ騎手) 「負けたと思いました。最後は(2着馬の)スピードが違いましたからね。それでも良く頑張ってくれました。良かったです。真面目な馬です」
inyofu (白倉調教助手) 「調教の時からゲートのセンスがよかったです。折り合いは問題ないので、そこそこやれるだろうと思っていました。しかし、中身が出来ていなかったので、使いつつ早いうちに勝ってくれるだろうと思っていました。嬉しい誤算です」

【ホープフルS】重賞の壁にぶつかる...

好スタートから好位の外目を追走。道中は折り合いもついて、勝負所では鞍上のアクションに応えてポジションを上げていく。一瞬先頭を窺うかと思われたが、後方から末脚を伸ばした馬には及ばず6着でゴールイン。
動画を見る
inyofu 蛯名騎手(メリオラ=6着)「行きたがったりして、まだ若さがある。最後も伸びそうで伸びない感じだった。キャリアを重ねて力をつけていってくれたら」

【京成杯】直前情報 巻き返しへ手応えアリ!

inyofu メリオラ(牡、中竹)は坂路単走で4ハロン54秒4-13秒0。
inyofu 「リズム良く走っていた。前回は気負って向正面でかんでしまったのが最後に影響した。内容は良くなかったけど力は示してくれた」と中竹師に悲観の色はない。

スワーヴリチャードを物差しにするとここでは上位に食い込める力があるのは疑いようがない。ホープフルSでのあの粘りも展開次第で上位馬も逆転できる内容であった。重賞を一回叩いて経験値もアップしたこの馬の走りに期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line