TOP > 競走馬 > 「ヤマカツライデン」マイペースで逃げればチャンスは大きい!【京都記念】
競走馬

「ヤマカツライデン」マイペースで逃げればチャンスは大きい!【京都記念】

去年の秋に上り馬として京都大賞典で重賞初挑戦を果たすも、結果は惨敗。その後は日経新春杯に向かい、重賞制覇を狙ったが、ここでも馬体が絞り切れてなかったことが影響してか5着に終わった。逃げがハマった時の走りは抜群なだけに、叩き二走目の今回のパフォーマンスには期待大だ。そんなヤマカツライデンについてまとめてみた。
ヤマカツライデン

【丹頂S】格上挑戦も問題にせず逃げ切り!

13番枠のスタートからスッと先頭を奪い、1000m通過は1.01.7のミドルペースで後続を引っ張る。2周目3コーナーで後続を引き付け、直線コースで2の脚を使って引き離すとそのまま先頭でゴールイン。
レース映像はこちらから↓
inyofu 1着 ヤマカツライデン(池添謙一騎手) 「自分のスタイルでレースを進めようと思っていました。直線で並びかけられてからも余力がありましたし、しっかり伸びてくれました。ハンデ差はありましたが、力のあるところ、十分通用するところを見せましたし、これからも頑張ってくれると思います」

【京都大賞典】豪華メンバー相手に苦戦...

宣言通り逃げの手に出てキタサンブラックを2番手に抑える。1000m通過は1.02.0とスローペース。直線では一杯になってしまい残り300mで捕まってしまいその後はズルズルと後退。8着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 8着 ヤマカツライデン(池添謙一騎手) 「自分のレースをしましたが、一線級の相手ですからレベルが高かったです。このメンバーとのレースを経験に今後へ生きてくればいいですね。これからの馬です」

【日経新春杯】スムーズに逃げれず6着に敗れる

2枠からスタートすると、内枠を活かしてすぐさま先頭に躍り出て自身がレースを引っ張る展開を作る。しかし、道中から最終コーナーにかけてアドマイヤフライトに絡まれると、スムーズな逃げの展開は作れず、直線で粘りこむを図るも後続の馬に次々と差されて6着に敗れた。
動画を見る
inyofu 6着 ヤマカツライデン(池添謙一騎手) 「逃げ馬ですし、ペースを緩めないで逃げようと思っていました。しかし、一頭ついて来る馬がいました。それでも自分のスタイルで、うまくこのメンバーでもまれていって通用していけばいいですね」

【京都記念】最終追い切り情報 前走の上積みあり!

ヤマカツライデンは8日、栗東ウッドコースで最終追い切りを行った。
inyofu 見せ場をつくるところまではいっていないが、池添騎乗のウッド単走追いでは上々の加速を見せ、動きも素軽かった(6ハロン76・3―37・5―13・1秒)。
inyofu 池添兼調教師「前回は休み明けもあったけど、勝負どころで絡まれる形になったのがきつかった。中間の動きもいいし、上積みがありそう」

【京都記念の傾向】近3走の距離に注目

ここまでの近3走は2400m2回、2600m1回と比較的中距離レースを中心に使ってきたヤマカツライデン。この経験は今回の舞台でも活きるだろう。過去5年の優勝馬5頭の過去3走の距離を調べてみると、同じ距離のレースに2回以上出走していたことが分かった。さらにそれが2000m以上であったこともポイントだ。ヤマカツライデンもこれには該当しており、逃げさえ決まればチャンスは大きいだろう。
inyofu 2012年以降の過去5年の優勝馬5頭は、過去3走以内に同じ距離のレースに2回以上出走していた。また、これらの馬は過去3走が全て芝2000m以上のレースだったことも共通点として挙げられる。

ここまで重賞を2戦戦ってきた感じでは、実力馬の壁に阻まれているヤマカツライデン。しかし、やはりそこは逃げ馬の宿命というか、スムーズな競馬ができないときは実力を発揮するのは難しいのだろう。絡まれず逃げることができれば、今回の舞台でもチャンスは巡ってくるはずで、見限るにはまだ早いように思われる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line